このサイトについて

初めてお越しくださった方へ

投稿日:2018年6月11日 更新日:

 このブログは、65歳でリタイヤした平凡な老人が立ち上げたブログです。

 きっかけは、遠く離れて暮らすわが子とその孫たちに、父(じぃじ)が「楽しく元気に」暮らしている様子を知らせたい、という単純な思いからでした。当初はシニア生活の一部を切り取りながら、心にとまる様々な日常風景を綴ろうと考えていました。

 その後、自分の余生に想像をめぐらすうちに、『自分の経験や父母たちが残してくれた「財産」を、子や孫に伝える場にもしたい』との願いも募ってきました。

 ブログのサブタイトル「楽しく元気にバトンパス」には、そんな二つの思いが込められています。

 ところで、みなさんは相田みつを氏の「自分の番 いのちのバトン」(「いのちのバトン ―初めて出会う相田みつをのことば 」、角川文庫)という詩(書?)をご存じでしょうか?
 かつて不登校の子どもたちを支援する施設に勤務していた頃、施設だよりでこの詩を紹介した後に、次のような拙文をしたためたことがあります。

いのちのバトン

 一世代前は2人、二代前は4人。十代前は1,024人、二十代前は104万8576人。三十代前にさかのぼると……、実に10億737万1824人が一人の「いのち」に関わっていることになります。それより前は……、とてつもない数の命のリレーですね。
 この中のたった一つの「いのち」でも失われていたら、今の自分は存在しないのです。あなたがこの世に誕生したことがどんなに奇跡的なことか、よくわかると思います。
 いのちは、先祖から祖父母、父母へと引き継がれ、あなたが受け継いだかけがえのないもの。このバトンを落としたら、これらの膨大ないのちのつながりは、そこで途絶えてしまいます。
 あなたの後につながる何億ものいのちのためにも、このバトンを大事につないでいかないといけませんね。

 命のバトンをパスしてくれたご先祖様、無念にもバトンパスを諦めざるを得なかった先人の方々、そして「命」を引き継いでくれる次世代の人びとに、心からの感謝と祈りを捧げたいものです。

と難しいことを長々と書きましたが、要するにこのブログは、人生のラストステージを楽しく暮らし、大事にバトンをつなごうとする試行錯誤の記録です。

 ごくごく個人的なブログですが、お気に召したら、お暇な時にお立ち寄りください。

 では、では……。

-このサイトについて

執筆者:

関連記事

おかげさまで、記事を100本公開できました!

 昨年(2018年)6月、蛮勇をふるって開設した拙ブログ「シニアを生きる」。当初から目標にしていたのは、「記事を100本公開するまでは続ける」ということでした。

ネット広告(Google Adsense)の掲載にあたって

 2週間ほど前から、本ブログ画面に突然広告が表示され始め、驚かれた方も多いのではないでしょうか。実は、Google AdSense(グーグル・アドセンス)広告の使用申請をしたところ、承認され、Google社から広告が配信され始めたというわけです。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫2人

  • 9831総閲覧数:
  • 1986月別閲覧数:
  • 6216総訪問者数:
  • 1213月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031