映画&ビデオ

映画『人生フルーツ』、歳を重ねるほど人生は美しくなる (1)

投稿日:2018年8月23日 更新日:

津端ご夫妻

(出典:映画「人生フルーツ」パンフレット)

 何とほほえましく、魅力的なご夫婦であろうか。歳を重ねた品格と内面の豊かさとが、自然ににじみ出ているような笑顔である。

 このお二人は、津端修一(つばた・しゅういち)さん(建築家、90歳)と妻の英子(ひでこ)さん(87)歳。昨今はスローライフの先達として、若い世代を中心に多くの支持を集めていると聞く。撮影当時のお二人の年齢を合わせると、177歳である。

 今回は、雑木林の中、赤い屋根の小さな家で暮らすお二人の日常を追った映画、『人生フルーツ』(2017年1月公開)を紹介させていただこう。

 ※ 修一さんは、2015年6月2日に逝去された。

 

「人生はだんだん美しくなる」、映画『人生フルーツ』を観て

津端ご夫妻

(出典:映画「人生フルーツ」パンフレット)

 津端ご夫妻の暮らしと生き方を広く世に知らしめたのが、『人生フルーツ』。この作品、実に素晴らしいできばえで、小生はすっかり参ってしまった。

 すっかり参った理由の一つは、なんと言っても津端ご夫妻の生き方の豊かさと見事さ。自然を慈しみ、日々を丁寧に生きるご夫妻の姿は、理屈抜きに美しい。「こんなふうに歳をとりたいものだ」と、自然に納得してしまう暮らしがそこにある。

 もう一つの理由は、制作スタッフの丁寧で誠実な仕事ぶり。お二人との信頼関係をじっくり築きながら、2年間かけ撮影された膨大な録画。丁寧に積み重ねられた記録から厳選されたであろうシーンの一つ一つが、いぶし銀のように渋い光沢を放つ。

 作品パンフレット掲載の「監督日誌」によれば、「テレビの取材はお断りです」が修一さんの第一声。伏原健之(ふしはら・けんし)監督の対応がすばらしい。

 「恋も仕事もフラれてからが勝負」と、万年筆で長文の「ラブレター」(?)を送り続けた。「あなたの生き方を伝えたい」、「私が探していたのはあなた」、「あなたしかいない」と書き続け、4通目を送ったところで、ご夫妻の笑顔のイラストと小さな字で「よろしく」と書かれたハガキが届いた。片思いが成就したのである。

伏原健之監督

伏原健之監督(出典:「人生フルーツ」パンフレット)

『人生フルーツ』の概要

 YouTubeにアップされた予告編(約2分間)を見ていただくと、作品の雰囲気が短時間でつかめると思う。まずは、ご覧あれ。

 

 本作品は、映画『人生フルーツ』公式サイトでは、次のように紹介されている。

 愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンの一隅。雑木林に囲まれた一軒の平屋。それは建築家の津端修一さんが、師であるアントニン・レーモンドの自邸に倣って建てた家。四季折々、キッチンガーデンを彩る70種の野菜と50種の果実が、妻・英子さんの手で美味しいごちそうに変わります。刺繍や編み物から機織りまで、何でもこなす英子さん。ふたりは、たがいの名を「さん付け」で呼び合います。長年連れ添った夫婦の暮らしは、細やかな気遣いと工夫に満ちていました。そう、「家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない」とは、モダニズムの巨匠ル・コルビュジエの言葉です。

(出典:前掲サイト)

つばた家の室内

津端家の室内(出典:映画「人生フルーツ」パンフレット)

 かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきました。1960年代、風の通り道となる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウンを計画。けれど、経済優先の時代はそれを許さず、完成したのは理想とはほど遠い無機質な大規模団地。修一さんは、それまでの仕事から距離を置き、自ら手がけたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育てはじめましたーー。あれから50年、ふたりはコツコツ、ゆっくりと時をためてきました。そして、90歳になった修一さんに新たな仕事の依頼がやってきます。

(出典:前掲サイト)

 2017年1月の作品公開時には、東京で立ち見が出るほどの人気だったと聞く。その後、全国各地で公開(福岡県では3館)されていたようだが、現在はほとんど上映終了となっている。

 残念なのはDVDが発売されていないことで、せめてネットによるオンデマンド配信(有料)はできないものか、と強く要望したい。

 

『人生フルーツ』とわたし

 さて、偉そうに(?)『人生フルーツ』を紹介している小生だが、実は、昨年(2017年)まで津端ご夫妻のことは全く存じ上げなかったのである(爆)。昨秋、たまたま本作を観る機会があり、それから大ファンとなった次第。

 観る前は、まず『人生フルーツ』という奇妙なタイトルが不思議でならなかった。老夫婦の暮らしを追ったドキュメンタリー作品、少数だが熱烈なファンがいる、ナレーションが樹木希林、ぐらいが当初ネットで得た情報の全て。

 さらにYouTubeの予告編を観て、「これはカミさんと一緒に観る価値があるかも‥‥」と声をかけ、一緒に鑑賞(?)ということになった。

 今思い返せば、翌年3月のリタイヤを前に、「人生の最終ステージをどう生きようか」とあれこれ思案していたからであろう。楽しく豊かに生きるシニアの実例を探していたのかもしれない。

 終映後、「いい映画だったな。こんな生き方もあるんだ‥‥。」という会話をカミさんと交わした記憶がある。どこが良いのかうまく言い表せないのが、実にもどかしかった。

 それから、お二人のことが心のどこかに妙にひっかかっていた。図書館で著書をリクエストし、次の4冊を読んでみた。

  • 『ききがたり ときをためる暮らし』(つばた英子、つばたしゅういち、自然食通信社)
  • 『ふたりからひとり ときをためる暮らし それから』( 同上 )
  • 『あしたも、こはるびより。』(つばた英子、つばたしゅういち、主婦と生活社)
  • 『きのう、きょう、あした。』( 同上 )

あしたも、こはるびより

 読んでみると、映画では描き尽くせていない新たな発見がいくつもあった。津端ご夫妻の生き方をしっかり裏付ける信念と美学が、明確に語られていた。そうか、映画のあの言動にはこんな思いや背景があったのか‥‥。

 機会があればそのことにも触れてみたいのだが、さていつになることやら‥‥。
 ではでは、今回はこれで‥‥。

 

◆本記事の続きはこちら >映画『人生フルーツ』、歳を重ねるほど人生は美しくなる (2) 

「映画&ビデオ」の関連記事はこちら カテゴリー「映画&ビデオ」関連記事へのリンク

-映画&ビデオ

執筆者:


  1. […] ◆前回の記事はこちら >映画『人生フルーツ』、歳を重ねるほど人生は美しくなる (1) […]

  2. […] 過去記事 >映画『人生フルーツ』、歳を重ねるほど人生は美しくなる (1)、(2)、(3) […]

  3. […]  おかげさまで、本年3月5日に「映画『人生フルーツ』、歳を重ねるほど人生は楽しくなる(1)」が1,000ビューを越え、3月11日には100本目の記事「あとからくる君たちへ(16) 最後まで避難 […]

関連記事

映画『人生フルーツ』、歳を重ねるほど人生は美しくなる (3)

 前回では、映画『人生フルーツ』の魅力として次の3点が指摘できそうだ、と述べた。1 見事で美しい「老」と「死」の実例が確かに在る。 2 「ときをためる」生き方が「老」を輝かせる。 3 夫婦円満の鍵は、「同じ方向」を向き「すき間」をつくること。
 今回は、その続きとなる。

津端ご夫妻

お知らせ:『人生フルーツ』、北九州市で上映! 1月26日(土)より

 昨日、小倉昭和館のウエブサイトをのぞいてみると、『人生フルーツ』が期間限定(1週間)で上映予定であることを発見! 「樹木希林、名女優の軌跡をたどる特集」という企画で、『日日是好日』、『あん』と併せての上映のようである。

映画『砂の器』(3) 伝説の名子役とまれにみる名優の共演

 前回は、橋本忍と山田洋次両氏の脚本の見事さについてふれてみた。今回は秀夫役の春田和秀、千代吉役の加藤嘉の二人について、個人的な感想を述べてみたい。

『昭和の子役』、『砂の器』の名子役が回想する撮影現場の熱気

 以前、本ブログで触れたことのある『昭和の子役 もうひとつの日本映画史』(樋口尚文、国書刊行会)を拾い読みしてみた。

世界の果ての通学路

あとからくる君たちへ(8) 映画『世界の果ての通学路』

「通学時間はどれくらい?」
「往復4時間、歩いて通っているよ。」
こんな会話が当たり前の世界に住む子どもたちの映画を紹介します。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫2人

  • 3748総閲覧数:
  • 1791月別閲覧数:
  • 2260総訪問者数:
  • 983月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031