バトンパス 映画&ビデオ

映画『砂の器』(1) 涙腺がゆるみっぱなしだった出合い

投稿日:2018年11月27日 更新日:

映画『砂の器』との出合い

父と子のあてのない流浪の旅 ©1974・2005 松竹株式会社/橋本プロダクション

 映画「砂の器」を初めて観たのは今から30年以上前、小生が30代前半の頃だと思う。カミさんと二人で映画館に足を運んだことを覚えている。作品封切りが1974年なので、その10年後ぐらいのリバイバル上映ではなかったろうか?

 全編143分という長尺だが、ラスト40分あたりで父と子の巡礼の旅が始まり、「宿命」のメロディが流れ始めるともういけない。秀夫(ひでお)役の子役が息子と重なってきて、涙腺がゆるみ始める。そのうち嗚咽が止まらなくなり、滂沱(ぼうだ)と流れる涙を隠しきれなくなってしまう。

 隣のカミさんもハンカチを目に当てている。周囲のそこかしこから鼻をすする音が聞こえ、ほぼ館内総泣き状態であった。

 本年6月に主人公和賀 英良(わが・えいりょう)を演じた加藤剛氏が逝去された折に、改めてビデオを観たのだが、今度は孫と子役がオーバーラップしてしまい、またも目頭が熱くなる。

若き天才音楽家、和賀英良役の加藤剛氏 ©1974・2005 松竹株式会社/橋本プロダクション

 これまでにビデオやBS放送等で本作品を何度観たことだろう。そのたびに「パブロフの犬」のごとく泣けてしまう。これほど涙腺がゆるんだ映画は他にはない。

 『砂の器』は「日本映画不朽の名作」と絶賛され、どなたも「涙なくして見られなかった」とおっしゃる。 本作品は日本人の琴線に触れる傑作として、わが子や孫にぜひ観てもらいたい作品である。

 本年(2018年)は、脚本を担当した橋本忍氏、主役を演じた加藤剛氏のお二人が逝去された年。お二人のご冥福を謹んでお祈りし、追悼の意も込めて作品を紹介したい。

 

「砂の器」のストーリーと概要

 あまりにも有名な作品で何度も映像化されているので、多くの方がストーリーをご存じだろう。

ストーリー 
東京・蒲田にある国鉄の操車場内で殺人事件が発生。しかし被害者の身許が不明で捜査は難航。迷宮入りかと思われた矢先、被害者が殺される直前に或る男と会っていたことが判明した。
ふたりの会話のなかで交わされていた「カメダ」という言葉。地名か?人の名か?
事件解明のために奔走する刑事、今西(丹波哲郎)と吉村(森田健作)は偶然、新進気鋭の天才音楽家、和賀英良(加藤剛)と遭遇する。
そして、やがて事件は思わぬ展開を見せ始めるのだった…。

(出典:ビデオ『砂の器』の内容紹介文)

刑事役の丹波哲郎(右)と森田健作(左) ©1974・2005 松竹株式会社/橋本プロダクション

 原作は松本清張の同名小説。名作と称される理由をいくつか箇条書きすると‥‥。

  • 原作者の松本清張氏の賞賛
    「橋本さん……僕の作品で映画になったのは数多いけど、中でも一番いいのは『砂の器』これは飛び抜けてるよね」
    (「生誕100年松本清張「砂の器」を旅する」、プレジデントフィフティプラス 2009年4月16日号、 プレジデントオンライン
  • 豪華な俳優陣
    加藤剛、加藤嘉、丹波哲郎、森田健作、緒形拳、佐分利信、渥美清、殿山泰司、笠智衆、穂積隆信、
    女性陣も、島田陽子、山口果林、野村昭子、春川ますみ、夏純子、‥‥
  • そうそうたる制作スタッフの顔ぶれ
    監督:野村芳太郎、脚本:橋本忍、山田洋次、撮影:川又昂、音楽監督:芥川也寸志、作曲・ピアノ演奏:菅野光亮、演奏:東京交響管弦楽団
  • リメイクされること5回(テレビドラマ)
    ちなみに、小生はこれらのリメイク版は全く見ていない。本作を超える作品があるとは思えないからだ。

◆これは、『砂の器』シネマ・コンサートの予告映像。親子の放浪の旅と「宿命」のメロディの一部を視聴できる。

次回は、『砂の器』の魅力についてふれてみたい。

◆本シリーズの続きはこちら >映画『砂の器』(2) 「原作を超えた」見事なシナリオ 

「映画&ビデオ」の関連記事はこちら カテゴリー「映画&ビデオ」関連記事へのリンク

-バトンパス, 映画&ビデオ
-, ,

執筆者:


  1. […] ◆前回の記事はこちら >映画『砂の器』(1) 涙腺がゆるみっぱなしだった出合い […]

  2. […] ※ 映画『砂の器』に関する過去記事はこちら > 映画『砂の器』(1) 涙腺がゆるみっぱなしだった出合い 映画『砂の器』(2) 「原作を超えた」見事なシナリオ 映画『砂の器』(3) 伝 […]

関連記事

伊集院静の「贈る言葉」 ~若者へ贈られた23のメッセージ~

 10日ほど前に知人からメールをいただいた。ご長女が4月から某中学校の新任教諭として勤務されるとのこと。しかも勤務先はご自分の母校ということである。文面にはご息女が社会人の仲間入りをされる喜びがうかがえ、何だかこちらまで嬉しくなった。

映画『人生フルーツ』、歳を重ねるほど人生は美しくなる (3)

 前回では、映画『人生フルーツ』の魅力として次の3点が指摘できそうだ、と述べた。1 見事で美しい「老」と「死」の実例が確かに在る。 2 「ときをためる」生き方が「老」を輝かせる。 3 夫婦円満の鍵は、「同じ方向」を向き「すき間」をつくること。
 今回は、その続きとなる。

佐々淳行

ミスター危機管理、佐々淳行氏のご冥福を祈る

 佐々淳行氏が10月10日に逝去された。娘のメールで訃報を知り、「また一人敬愛する先達が逝去されたか‥‥」とため息をついてしまった。小生なりに思い入れのある方だったので、弔意を表す記事をなかなか書けなかった。

『砂の器』の名子役・春田和秀氏のインタビュー記事を発見!

 東京に向かう新幹線車内で、映画『砂の器』の秀夫を演じた春田和秀氏(52歳)の近影を発見した。春田氏は、昨年(2017年)40年以上の沈黙を破り、『砂の器』撮影当時のエピソードを語り始めたそうである。

映画『砂の器』(2) 「原作を超えた」見事なシナリオ

 映画『砂の器』の原作は松本清張の同名小説。文庫本で2冊、合わせて800ページを超える長編である。30代前半に映画で大きな感動を受けた小生は、さっそく原作を手にとってみた。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫2人

  • 15104総閲覧数:
  • 1453月別閲覧数:
  • 9642総訪問者数:
  • 964月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031