バトンパス 映画&ビデオ

映画『砂の器』(1) 涙腺がゆるみっぱなしだった出合い

投稿日:2018年11月27日 更新日:

映画『砂の器』との出合い

父と子のあてのない流浪の旅 ©1974・2005 松竹株式会社/橋本プロダクション

 映画「砂の器」を初めて観たのは今から30年以上前、小生が30代前半の頃だと思う。カミさんと二人で映画館に足を運んだことを覚えている。作品封切りが1974年なので、その10年後ぐらいのリバイバル上映ではなかったろうか?

 全編143分という長尺だが、ラスト40分あたりで父と子の巡礼の旅が始まり、「宿命」のメロディが流れ始めるともういけない。秀夫(ひでお)役の子役が息子と重なってきて、涙腺がゆるみ始める。そのうち嗚咽が止まらなくなり、滂沱(ぼうだ)と流れる涙を隠しきれなくなってしまう。

 隣のカミさんもハンカチを目に当てている。周囲のそこかしこから鼻をすする音が聞こえ、ほぼ館内総泣き状態であった。

 本年6月に主人公和賀 英良(わが・えいりょう)を演じた加藤剛氏が逝去された折に、改めてビデオを観たのだが、今度は孫と子役がオーバーラップしてしまい、またも目頭が熱くなる。

若き天才音楽家、和賀英良役の加藤剛氏 ©1974・2005 松竹株式会社/橋本プロダクション

 これまでにビデオやBS放送等で本作品を何度観たことだろう。そのたびに「パブロフの犬」のごとく泣けてしまう。これほど涙腺がゆるんだ映画は他にはない。

 『砂の器』は「日本映画不朽の名作」と絶賛され、どなたも「涙なくして見られなかった」とおっしゃる。 本作品は日本人の琴線に触れる傑作として、わが子や孫にぜひ観てもらいたい作品である。

 本年(2018年)は、脚本を担当した橋本忍氏、主役を演じた加藤剛氏のお二人が逝去された年。お二人のご冥福を謹んでお祈りし、追悼の意も込めて作品を紹介したい。

 

「砂の器」のストーリーと概要

 あまりにも有名な作品で何度も映像化されているので、多くの方がストーリーをご存じだろう。

ストーリー 
東京・蒲田にある国鉄の操車場内で殺人事件が発生。しかし被害者の身許が不明で捜査は難航。迷宮入りかと思われた矢先、被害者が殺される直前に或る男と会っていたことが判明した。
ふたりの会話のなかで交わされていた「カメダ」という言葉。地名か?人の名か?
事件解明のために奔走する刑事、今西(丹波哲郎)と吉村(森田健作)は偶然、新進気鋭の天才音楽家、和賀英良(加藤剛)と遭遇する。
そして、やがて事件は思わぬ展開を見せ始めるのだった…。

(出典:ビデオ『砂の器』の内容紹介文)

刑事役の丹波哲郎(右)と森田健作(左) ©1974・2005 松竹株式会社/橋本プロダクション

 原作は松本清張の同名小説。名作と称される理由をいくつか箇条書きすると‥‥。

  • 原作者の松本清張氏の賞賛
    「橋本さん……僕の作品で映画になったのは数多いけど、中でも一番いいのは『砂の器』これは飛び抜けてるよね」
    (「生誕100年松本清張「砂の器」を旅する」、プレジデントフィフティプラス 2009年4月16日号、 プレジデントオンライン
  • 豪華な俳優陣
    加藤剛、加藤嘉、丹波哲郎、森田健作、緒形拳、佐分利信、渥美清、殿山泰司、笠智衆、穂積隆信、
    女性陣も、島田陽子、山口果林、野村昭子、春川ますみ、夏純子、‥‥
  • そうそうたる制作スタッフの顔ぶれ
    監督:野村芳太郎、脚本:橋本忍、山田洋次、撮影:川又昂、音楽監督:芥川也寸志、作曲・ピアノ演奏:菅野光亮、演奏:東京交響管弦楽団
  • リメイクされること5回(テレビドラマ)
    ちなみに、小生はこれらのリメイク版は全く見ていない。本作を超える作品があるとは思えないからだ。

◆これは、『砂の器』シネマ・コンサートの予告映像。親子の放浪の旅と「宿命」のメロディの一部を視聴できる。

次回は、『砂の器』の魅力についてふれてみたい。

◆本シリーズの続きはこちら >映画『砂の器』(2) 「原作を超えた」見事なシナリオ 

「映画&ビデオ」の関連記事はこちら カテゴリー「映画&ビデオ」関連記事へのリンク

-バトンパス, 映画&ビデオ
-, ,

執筆者:


  1. […] ◆前回の記事はこちら >映画『砂の器』(1) 涙腺がゆるみっぱなしだった出合い […]

  2. […] ※ 映画『砂の器』に関する過去記事はこちら > 映画『砂の器』(1) 涙腺がゆるみっぱなしだった出合い 映画『砂の器』(2) 「原作を超えた」見事なシナリオ 映画『砂の器』(3) 伝 […]

関連記事

プロジェクトXあれこれ(3) 43分の番組に3ヶ月かける贅沢さ

 今回はあれほどの高レベルの番組がどのようにして作られていたのか、制作現場の様子が知りたくなった。

映画「MERE/メルー」

お知らせ:映画『MERU/メルー』が Amazon で無料に!(プライム会員のみ)

 今朝、何気なくAmazonのビデオサイトをのぞいていたら、映画『MERU/メルー(字幕版)』が無料視聴できるようになっていた。もちろん Amazon プライム会員のみの特典である。

津端ご夫妻

お知らせ:『人生フルーツ』、北九州市で上映! 1月26日(土)より

 昨日、小倉昭和館のウエブサイトをのぞいてみると、『人生フルーツ』が期間限定(1週間)で上映予定であることを発見! 「樹木希林、名女優の軌跡をたどる特集」という企画で、『日日是好日』、『あん』と併せての上映のようである。

『昭和の子役』、『砂の器』の名子役が回想する撮影現場の熱気

 以前、本ブログで触れたことのある『昭和の子役 もうひとつの日本映画史』(樋口尚文、国書刊行会)を拾い読みしてみた。

あとからくる君たちへ(27) ”Pay it forward.” 、「恩返し」より「恩送り」を

「もし君が世界を変えたいと思ったら、何をやりますか?」 社会科の授業で先生からこんな課題を与えられたら、あなたはどうしますか? 


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 65655総閲覧数:
  • 1358月別閲覧数:
  • 45951総訪問者数:
  • 895月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930