映画&ビデオ

映画『人生フルーツ』、歳を重ねるほど人生は美しくなる (2)

投稿日:2018年10月4日 更新日:

つばた英子さん 人生フルーツ

(出典:映画『人生フルーツ』パンフレット)

◆前回の記事はこちら >映画『人生フルーツ』、歳を重ねるほど人生は美しくなる (1)

 前回では、映画『人生フルーツ』が実に素晴らしいできばえで、小生はすっかり参ってしまったと書いた。

 「すっかり参った」理由は、「豊かに生きたものこそ、豊かな死を迎えることができる」という事実が、まぎれもなく映像化されていたからである。ワンカットで30秒ほど撮られた、津端修一さんの「最期の顔」は、その実り多い人生を象徴するかのように安らかで満ち足りていた。

 『人生フルーツ』の魅力について改めて考えてみようと、前回の続きをアップすることにした。

 

『人生フルーツ』の3つの魅力とは

人生フルーツ

(出典:前掲パンフレット)

 「こういう晩年を過ごすために、自分はいま何をすべきか。本作を観てからずっとそのことを考えている。」(山崎 亮)

 小生も同感である。「こういう晩年」を過ごせたら幸せだろうなとつくづく思う。『人生フルーツ』のどこが我々の心を揺さぶるのか。1時間31分の作品だけでは、明確なイメージはなかなか浮かんでこない。

 お二人の著作にも目を通し勝手に整理してみると、次の3点が作品の魅力として指摘できそうだ。

  1. 見事で美しい「老」と「死」の実例が確かに在る。
  2. 「ときをためる」生き方が「老」を輝かせる。
  3. 夫婦円満の鍵は、「同じ方向」を向き「すき間」をつくること。

 

魅力1: 見事で美しい「老」と「死」の実例

津端修一 人生フルーツ

自作の燻製炉でベーコンをいぶす(出典:『ききがたり ときをためる暮らし』)

 私たちが必ず迎える「老」と「死」、マイナス・イメージで語られることの多いテーマである。しかし『人生フルーツ』を観終えると、老いることへの希望がじんわり湧いてくる。このようなご夫婦が確かに実在すると確認できただけで、嬉しくなってくる。「老いることへの希望」、これが観客の心をとらえた本作最大の魅力なのだと思う。

 本作のパンフレット表紙には、タイトルのすぐ下に “Life is Fruity.” と印字されている。直訳すれば「人生はフルーツのようだ」となる。「人生は、フルーツのように(甘美である。みずみずしい。豊潤である)」という意であろうと、勝手に解釈している。

 仄聞するところによると、初めてこの作品タイトルを耳にした英子さんは、「修一さんにぴったり」と言って喜んだと聞く。「美しく老いる、だんだん美しくなる人生」は修一氏の口ぐせだった。

 伏原健之監督は、本作制作の動機を次のように語っている。

 私は普段、テレビ局で報道の仕事をしている。ニュースでは、年をとることをネガティブに伝えている。超高齢化社会、老老介護、貧困老人、孤独死などとあおる。こうした状況に違和感があった。そんな悲しい人生ばかりではないはず。できれば、カッコいいおじいさんになりたい。どこかにお手本になるような、人生の師はいないものかと探していたところ、地元紙で修一さんのことを知った。「人生は、だんだん美しくなる」と言っていた。‥‥(略)‥‥この世界には、夢のような現実もあるはずだと信じていた。私は、柔らかくて、ゆるりとした、ファンタジーのような物語を作りたかった。

(「監督日誌」、伏原健之、映画『人生フルーツ』公式パンフレット)

 まさに「わが意を得たり」である。そうなのだ、小生も「できれば、カッコいいおじいさんになりたい。どこかにお手本になるような、人生の師はいないものかと探していた」のである。修一氏を拝見した時、「こんなふうに年をとりたい」と思わせるような、良きロールモデルを発見した思いであった。

 女性の方々は、英子さんにシニアライフの「お手本」を見いだされたのでは、と推察する。

人生フルーツ

自宅屋根にて眺望を楽しむ(出典:『ふたりからひとり』)

 修一氏の「カッコいいおじいさん」ぶりを幾つか紹介してみると、

  • 他人に頼らない。できることは何でもやる。「本当の豊かさというのは、自分の手足を動かす暮らしにある」が信条。船、丸太小屋、ベビーベッド、ドールハウス、燻製炉‥‥。自分で工夫して作り、とことん活用する。90歳にして、「やりたいことは、まだ、たくさん企画してあるんですよ」とおっしゃる。
  • 66歳と68歳の時に、タヒチにヨットクルージングに出かけた。88歳(!)になってもタヒチに一人でヨットクルージングに出かけ、「米寿の青春」を満喫されたとか。ヨットで過去6回もの遭難に遭いながら、全て生還したタフガイ。
  • 建築と都市計画に対する揺るぎない哲学と信念を持つ。第一線から身を引いて50年、90歳にしてなお現役として活躍可能なスキルを保持している。自然との共生をめざす医療福祉施設「山のサナーレクリニック」(佐賀県伊万里市)から相談を受けたその場で、設計草案をすらすらと書き上げる。
人生フルーツ

作業場にて(出典:『ききがたり ときをためる暮らし』)

 英子さんのカッコいいおばあさんぶりも、枚挙にいとまがない。男性である小生でもわかるカッコよさを挙げると‥‥

  • 「食は命」が信条。自宅キッチンガーデンで自ら育てた70種の野菜と50種の果実を、美味しいごちそうやお菓子に変える。
  • 刺繍・編み物・機織りまで、何でもこなす魔法の手を持つ。自作のマフラー、靴下など手作りの品をプレゼントするのも楽しみ。
  • 「動けば動くほど、動けるようになる」、「人のためにやっていることは、自分のためなの」が口ぐせ。
人生フルーツ

(出典:前掲『ふたりから』)

 映画『人生フルーツ』は、どうしたら豊かな老いを生きることができるのか、その日々の実践を具体的にわれわれに見せてくれる。歳を重ねることが楽しみに思えてくる作品と言えよう。

人生フルーツ

「コックピット」と名付けた仕事場で(出典:前掲『ふたりから』)

 

◆本記事の続きはこちら >映画『人生フルーツ』、歳を重ねるほど人生は美しくなる (3)

「映画&ビデオ」の関連記事はこちら カテゴリー「映画&ビデオ」関連記事へのリンク

-映画&ビデオ
-, , ,

執筆者:


  1. […] ◆本記事の続きはこちら >映画『人生フルーツ』、歳を重ねるほど人生は美しくなる (2)  […]

  2. […] ◆前回の記事はこちら >映画『人生フルーツ』、歳を重ねるほど人生は美しくなる (2) […]

  3. […] 過去記事 >映画『人生フルーツ』、歳を重ねるほど人生は美しくなる (1)、(2)、(3) […]

関連記事

あとからくる君たちへ(27) ”Pay it forward.” 、「恩返し」より「恩送り」を

「もし君が世界を変えたいと思ったら、何をやりますか?」 社会科の授業で先生からこんな課題を与えられたら、あなたはどうしますか? 

世界の果ての通学路

あとからくる君たちへ(8) 映画『世界の果ての通学路』

「通学時間はどれくらい?」
「往復4時間、歩いて通っているよ。」
こんな会話が当たり前の世界に住む子どもたちの映画を紹介します。

映画『砂の器』(2) 「原作を超えた」見事なシナリオ

 映画『砂の器』の原作は松本清張の同名小説。文庫本で2冊、合わせて800ページを超える長編である。30代前半に映画で大きな感動を受けた小生は、さっそく原作を手にとってみた。

映画『人生フルーツ』、歳を重ねるほど人生は美しくなる (3)

 前回では、映画『人生フルーツ』の魅力として次の3点が指摘できそうだ、と述べた。1 見事で美しい「老」と「死」の実例が確かに在る。 2 「ときをためる」生き方が「老」を輝かせる。 3 夫婦円満の鍵は、「同じ方向」を向き「すき間」をつくること。
 今回は、その続きとなる。

映画『フリーソロ』、上映終了となる前に急いで劇場へ(お知らせ)

 本日は、あるドキュメンタリー映画のお知らせである。作品名は「フリーソロ」。2019年9月6日(金)に封切られたばかりの作品だ。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 49382総閲覧数:
  • 4508月別閲覧数:
  • 36153総訪問者数:
  • 3881月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2020年3月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031