山道具

レインウェアの手入れ、手軽に安くできないか (1)

投稿日:2019年8月29日 更新日:

レインウェアの洗濯&撥水処理に取り組む

ゴアテックスのレインウェア出典:Facebook/GORE-TEX® Products

 久しぶりにレインウェアを洗剤で洗い、撥水処理までやってみた。1年ぶりぐらいの本格的なメインテナンスとなる。普段はバケツの水で泥や汚れを洗い流して、干すだけなのだ。

 きっかけは先日の黒岳山行で雨に打たれた際、手入れ不足で撥水性が低下し、体から出た水蒸気が内にこもり結露したため。日頃のメインテナンスを怠った報いである。

 小生のレインウェアは、モンベルのストームクルーザーという商品で、雨具の定番と言われている。モンベルのありがたい点は「上下別売」方式なので、用途に応じて色やサイズ、製品モデルまでも自由に組み合わせられること。小生は破れたり古くなったら、その都度パーツごとに購入するようにしている。

洗濯を終えた登山用レインウェア

手入れを終えたレインウェア。

 今回は自身の備忘禄も兼ね、ゴアテックス雨具の洗濯と撥水処理のやり方を記事にしてみた。あくまで小生の「我流」であることを予めおことわりしておく。レインウェアの手入れについて、後述するような疑問をお持ちの方には、お役に立てるかもしれない。

 メーカー推奨の手入れ方法をご覧になりたい方は、次のような関連サイトを参考にされることをお勧めする。

 ※ モンベル社の「レインウェアのお手入れ方法」はこちら 
 ※ ゴアテックス社(公式サイト)の「お手入れ&サポート」のページはこちら 

 

ゴアテックスのウェア、手入れについての3つの疑問

疑問点

 ゴアテックスの雨具を初めて買った時は嬉しかった。同時に値段の高さにも驚かされた記憶がある。たとえば、今所持しているストームクルーザーは、2019年8月現在でジャケットが20,800円、パンツが13,500円、合計で34,300円である。とても気軽に買える値段ではない。初めてゴアのレインウェアを購入した時も、上下で3万円を超えていたと思う。

 高額商品であるから、手入れをしっかりやって長持ちさせ、特長である「透湿防水性」を維持したいと思うのは人情。

 山歩きを始めた頃に、雨具のメインテナンスで疑問に思っていたことが3つあった。

  1. ゴアテックスのウェアは、「専用洗剤」で洗わなければいけないのか?
    登山用品店で売っている「専用洗剤」は高額で、気軽に洗濯できない。
  2. 洗濯機と手洗い、どちらで洗うべきか?
    洗濯機洗いは、生地が傷みそうだ。
  3. 撥水性回復のため、熱処理はやらないといけないのか?
    乾燥機は自宅にないし、アイロンかけはめんどう。熱処理はできればやりたくない。

 この件に関しては、山道具好きの方があちこちのサイトで持論を述べて下さっている。「ゴアテックス レインウェア 洗濯」で Google 検索をかければ、多くの情報を閲覧できるだろう。

 現時点の小生なりの結論は、以下のようになる(素人の独断のため、責任はもてない)。

 

ゴアテックスのウェアは、「専用洗剤」で洗わなければいけないのか?

市販されているゴアテックス用洗剤

市販されているゴア用洗剤、いずれも高額である。

 登山用品店で販売されているゴアテックス用の洗剤は高額だ。何か特殊な成分が含まれているのかと成分表をよく見ると、合成洗剤「中性」とか「弱アルカリ性」の表示が記載されている。

 ゴアテックスの公式サイトで「お手入れ&サポート」のページを見ると、洗濯方法は次のように紹介されている。

 洗濯機に入れ、40ºC 以下のぬるま湯で、少量の液体洗剤で洗ってください。すすぎは 2 回、脱水時間は短めにします。粉末洗剤、柔軟剤、染み抜き剤、漂白剤の使用は避けてください。汚れがひどい他の衣類と一緒に洗濯しないでください。

 この記述から考えられることは、

  • ゴアテックス社が指定する「専用洗剤」なる物は、特にない。
  • 「少量の液体洗剤」であれば使用に問題はない。ただし「柔軟剤、染み抜き剤、漂白剤」(蛍光剤も)が入っていない、「無添加」の液体洗剤に限る。

 ならば、市販の安価な洗剤でこれらの条件を満たすものを探せばよい。

 小生は、添加物の少ない洗剤が撥水性の保持に有利だと考えているため、「無添加」であることを重視して探してみた。

 どうやら次の2製品がよく使われているようだ。

  • サラヤ arau、アラウ洗濯用石けん 1.2リットル
    弱アルカリ性、純石けん分(脂肪酸カリウム30%)、価格600円程度
  • ミヨシ石けん 無添加 衣類の石けん 1200ml
    弱アルカリ性、純石けん分(脂肪酸カリウム30%)、価格600円程度

 

市販されている無添加液体石けん

左が「arau アラウ洗濯用石けん」、右が「無添加 衣類の石けん」

 どちらも同じ成分、同じ容量、同程度の価格である。価格も「専用洗剤」よりは圧倒的に安い。

 小生は7年前に「無添加 衣類の石けん」(ミヨシ石けん社)を購入し、現在までゴアの洗濯に使ってきたが、これまでに問題は発生していない(あくまで個人的な経験と感想である)。洗剤はまだ0.2リットルほど残っているのであと1~2年は使えそうだ。

 

洗濯機と手洗い、どちらで洗うべきか?

 洗濯機

 初めてゴアテックスのレインウェアを購入した頃は、洗濯機で洗っていた記憶がある。

 しかし、「あなたは、3万円出して買った衣類を洗濯機で洗いますか?」という山友の一言で「手洗い派」に転向した。たとえネットに入れて洗ったとしても、洗濯機は確実に生地を傷めるからだ。

 ぬるま湯で押し洗いがベスト。手間がかかるすすぎはバスタブ(浴槽)でやるという方法をネットで見つけ、以来それを真似して現在に至っている。

 濡れたウェアは浴槽に吊し干しをしておけば、特に脱水の必要もない。時間がたてば乾いてくれる。
 

撥水性回復のため、熱処理はやらないといけないのか?

レインウェアの水玉

 自宅に乾燥機はないし、アイロンかけはめんどうだ。熱処理をやらずに済ませられるのなら、これに越したことはない。調べてみると、生地表面の「撥水基」と呼ばれる突起を、熱で立ち上げてやる必要があるらしい。

 メカニズムは次のようなものだとか。

  • 撥水生地が水を弾くことができるのは、表面に「撥水基」と呼ばれる無数の微細な突起がついているから。
  • この『撥水基』が水の分子よりも目が細かいため、水は生地内部に侵入することができない。
  • 撥水性を回復させるためには、汚れや摩擦によって倒れているこの「撥水基」をもう一度起こしてやることが必要となる。
  • そのためには、熱を与えて処理をする工程が必要である。

 つまり、撥水性を回復するには熱処理は必須であるということ。やるしかあるまい。

 ゴアテックスの公式サイトが推奨するのは、乾燥機で20分間の乾燥のようだ。

 ウェアは吊干しまたは乾燥機で乾かしてください。完全に乾いた後に、乾燥機を用いて 20 分間温風乾燥することで、表生地の耐久撥水(DWR)加工を回復させることができます。
 (略)
 撥水回復の際、乾燥機を使用できない場合は、乾燥したウェアの上に当て布をして、低温、スチームなしの設定でアイロンをあててください。

 乾燥機がないわが家では、手間はかかるがいつもアイロンで対応してきた。先日近くのコインランドリーをのぞいて見ると、一番小さな乾燥機(13kg用)の使用料は10分100円、20分で200円だった。一度試してみる価値はありそうだ。

 次回は、8月27日~28日に実際にレインウェアの手入れをしたレポートを紹介させていただこう。

※ 本稿の続きはこちら >レインウェアの手入れ、手軽に安くできないか (2)

   ゴアテックスのレインウェア出典:Facebook/GORE-TEX® Products

-山道具
-, , , , , , , ,

執筆者:


  1. […] ※ 前回の記事はこちら >レインウェアの手入れ、手軽に安くできないか (1) […]

関連記事

レインウェアの手入れ、手軽に安くできないか (2)

 前回は、レインウェアを洗濯&撥水処理するにあたり、疑問に思うことを述べてきた。今回は、実際に市販洗剤でレインウェアを洗ったレポートである。

パワー森林香

「パワー森林香」、最強(?)虫除け線香を試してみる

(出典:株式会社 児玉兄弟商会公式サイト)  夏に低山を歩いていると、ヤブ蚊の「ブ~ン」という羽音が耳に入るだけで、イライラしてくる。さらにブヨが1~2匹まとわりついてくると、もういけない。恥ずかしい …


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 30560総閲覧数:
  • 2840月別閲覧数:
  • 20739総訪問者数:
  • 2278月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930