山行記録

足立山、梅雨晴れ間の早朝に鉄塔広場まで

投稿日:2020年7月9日 更新日:

紫陽花

「遊びの広場」で出迎えてくれた紫陽花

※ 本稿は2020年7月8日の山歩きの様子を、7月9日にアップしたものです。

 記録的な豪雨で、九州各地は大きな被害を受けてしまった。被災された方々には、衷心よりお見舞いを申し上げます。

 昨日の天気予報では、今日は晴れとのこと。梅雨の晴れ間をぬって、近場の山で軽い足慣らしをしておこうと思った。

 暑さと日差しを避けたいので、朝の早い時間に歩くことにしよう。

 

「森林浴の森百選」に選ばれた足立山ろく

足立山

雨上がりの朝とあって、山麓には一面に霧が立ちこめている。

 小生が住む北九州市小倉北区の「おらが山」は足立山(598m)である。わが家から登山口まで車で15分足らずという近さが、何より魅力。市街地の至近に位置するが、自然林が多く森林浴、ハイキング、戸ノ上山までの縦走と、色々な楽しみ方が可能な低山である。

 足立山の魅力は、次のような点だろうか。

  • 「日本森林浴の森百選」(林野庁、緑の文明学会制定による)に選ばれた豊かな森が山ろくに広がり、遊歩道も整備され、散策にもってこい。
  • 「赤松林駐車場」(約30台・無料)が利用でき、すぐそばにトイレもある。
  • 前衛峰の小文字山(366m)からの展望の高度感が圧巻。関門海峡から北九州市中心部へ広がる都市展望は、一見の価値あり。
  • 所要時間、体力、体調に応じてさまざまな山歩きが楽しめること。
    例えば、山ろくで森林浴を楽しむぶらぶら歩き、小文字山までのミニ登山(山頂まで約40分)、足立山頂までのピークハント(山頂まで2時間弱)、戸ノ上山(門司区、518m)までの企救山系縦走‥‥など。

 ※ 過去の足立山~戸ノ上山縦走の記事は、こちら

 反面、大部分が常緑樹に覆われた登山道を歩くため、薄暗く、梅雨・夏季は蒸し暑いことがデメリットだろう。

足立山

案内標識。山ろくに幾つもの散策路が設けられていることが分かる。

 

マイナーだが、お気に入りの登山道

 今回は小生が勝手に「のんびりコース」と名付けたコースを歩くことにしよう。小文字山まで山ろくの散策路を「のんびり」とたどっていくこのコース、ガイドブックには載っていないが、ゆるやかな登山道を静かに歩ける所がお気に入りなのだ。

赤松林駐車場

赤松林駐車場。早朝とあってガラガラに空いていた。

 いつも利用する「赤松林駐車場」着が午前6時40分。先着の車1台というガラガラの駐車場で身支度を調える。防虫対策としてハッカ油スプレーを噴霧し、森林香に点火して出発。
 今日は通称「鉄塔広場」までの足慣らしなので、ザックも軽い。

足立山のトイレ

駐車場の向かい側にあるトイレ

足立山 赤松林

右側に美しい赤松林を眺めながら、緩やかな坂を上っていく。

 駐車場から舗装道路を100mほど上ったT字路を左に進む。

足立山

駐車場から100mほど上ったT字路を左に進む。【T字路1回目】

 左折すると、すぐ「こんちゅう観察の森」という標識が表れ、その背後にちょっとした広場がある。ここが「のんびりコース」の入口である。

足立山

「こんちゅう観察の森」の標識が設置された「遊びの広場」が取り付きとなる。

 辺りに登山口を示す標識などない。しかし、広場の右端をよく見ると登山者の踏み跡が山に向かって伸びている。これをそのままたどって行けばよい。

足立山

広場の右端に踏み跡がついているので、これを登っていく。

 5、6分踏み跡を登っていくと、よく整備された散策路に突き当たる。本日2回目のT字路だ。ちなみに、駐車場から小文字山頂までにT字路に4回突き当たるが、全て左に進めばよい。

足立山

よく整備された散策路に突き当たるので、ここを左折。【T字路2回目】

 幅の広い散策路は、ウォーキングに絶好である。遭遇した女性は、砂防ダムの水が増水していることをわざわざ報告(?)してくださった。

足立山

明け方まで降り続いた雨で、かなりの水量だ。

足立山

まだ散策路は続く。

 やがて散策路の右側法面(のりめん)に「小文字方面」という標識が現れると、その数メートル先から小文字山へ至る山道が始まる。

足立山

足立山

小文字山への取り付き。注意していないと通り過ぎことがあるので注意!

 ここからは、次の写真のような登山道がつづら折りで続いている。鳥の鳴き声以外、何も聞こえない。周囲の樹木に覆われているため、展望が利かないのが難点だ。

足立山

こんな感じの道がつづら折りになっている。

 まもなく3回目のT字路に突き当たるが、ここも左折。

足立山

3回目のT字路。片手撮りをしたため、ピンぼけの画像となった。

 駐車場を出発して40分足らずの所に、樹木の切れ目から展望が望める場所がある。それまで薄暗い樹林帯を歩いてきただけに、ホッと一息つける場所だ。今朝は、山ろくから立ち昇る水蒸気が一面の霧となって立ちこめている。

足立山

 駐車場から約45分で、小文字山山頂に到着。一気に展望が広がり、眼前に小倉北区の市街地が広がるさまは圧巻である。心地よい涼風が火照った体を冷ましてくれる。のどを潤し一息つきながら、広がる展望を味わうことにする。

小文字山

 今日は福智山系の長い稜線は雲に隠れて見えない。小文字山

 

通称「鉄塔広場」まで足を伸ばしてみる

 展望を堪能した後は、足立山に至る稜線をたどり、通称「鉄塔広場」まで足を伸ばすことにする。

足立山 途中で見つけたネムノキの花。

ネムノキの花

ネムノキの花。淡紅色で繊細な花が可憐である。

 紫陽花もそこここで咲いている。

紫陽花

 朝日が木々の間から差し込んでくる。

足立山 木洩れ日

 約20分で「鉄塔広場」に到着。倒れた鉄塔がそのまま放置されていることから、こう呼ばれているらしい。ここらで標高440mぐらいだ。

足立山

 ベンチに腰を下ろすと、ウツボ草が出迎えてくれた。

ウツボ草

 汗をぬぐい前方を見上げると、足立山に至る稜線が続いている。むし暑いので、今日は山頂まで行く気は起こらない。

足立山

 誰もいない鉄塔広場で、ぼんやり周囲の山なみを眺め、ぼーっとすること20分。何もしない贅沢な時間‥‥。

  洗はれし 山の静かな 梅雨晴れ間 (荻野千枝)

 今日はここまでで下山としよう。

 

「山行記録」の関連記事はこちら カテゴリー「山行記録」関連記事へのリンク

-山行記録
-, , ,

執筆者:

関連記事

大崩山の大岩峰に立つ (1) 天を突くわく塚の絶景

 九州最後の秘境と言われる大崩山系、その大岩峰と紅葉を楽しもうと宮崎までやってきた。台風の影響で紅葉は期待を裏切られたが、わく塚の大展望を満喫した山行だった。

由布岳の紅葉を静かに味わう

 グループ山行が続くと、ぶらぶら一人歩きがしたくなる。由布岳の山ろくあたりはまだ紅葉が残っているはずだ。紅葉シーズンさなかの賑わいの中、静かな山行を楽しむための作戦を立てることにした。

福智山

福智山で初山行の思い出がよみがえる

 本日(10月12日)は、トレーニングがてら福智山(ふくちさん・901m)を一人歩きすることにした。明後日に英彦山を歩く予定なので、足慣らしも兼ねてのぶらぶら歩きである。福智山頂直下の「福智平」で、山歩きを始めたばかりの50歳の時(15年前)の記憶がよみがえってきた。

仰烏帽子山、春を告げる福寿草に会う (1)

 春を告げる花、福寿草(ふくじゅそう)。いつかはその可憐な姿をこの目で見たいと思っていたが、やっと念願がかなった。

リンドウ

秋を告げる可憐な花、リンドウを見にくじゅうへ

   9月も半ばを過ぎ、朝夕めっきり涼しくなった。くじゅうに秋を告げるリンドウ(竜胆)が開花している頃である。3連休の喧噪を避け、本日(9月18日)白口岳(1,720m)山頂のリンドウに会い …


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 62848総閲覧数:
  • 829月別閲覧数:
  • 44130総訪問者数:
  • 587月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31