映画&ビデオ

「陽はまた昇る」、保山耕一さんからのメッセージ

投稿日:2020年7月29日 更新日:

日の出

 先日本ブログで紹介した保山耕一さんの Youtube チャンネルから、通知が入った(好きなチャンネルを登録しておくと、新しい作品がアップされる度に知らせてくれる)。

 ※ 先日紹介した保山さんの記事はこちら >あとからくる君たちへ(38) 「奈良、時の雫」、命の輝きを撮り続ける

 さっそくPCでのぞいてみる。作品名は「陽はまた昇る」(2020年7月24日)、いつもは3~5分程度の長さなのに、今回は9分超の長尺だ。

 不思議に思って添えられたメッセージを見ると、「コロナ禍での皆様への私からのメッセージです。」とある。なるほど‥‥。

「陽はまた昇る」を視聴する

 「陽はまた昇る」の前半は、奈良の平城宮跡に昇る見事な日輪の映像。光輝く旭日が大地を照らし、生きとし生けるものに惜しみなく光と熱を注いでいる。

 BGMは “Pray for the World”(世界のために祈る)、東日本大震災発生から10日間、岩手県釜石市の遺体安置所での現状を描いた映画、『遺体 明日への十日間』で使われた曲だ。

 作品の後半は、吉野山(多分)に爛漫と咲き誇る山桜の映像で、朝日に照り映える桜花の美に言葉を失ってしまう。

 BGMは “You Raise Me up” で、英語の歌詞で歌われていた。

 PCの画面を見ているうちに自然に目がうるんでくる。なぜだろう。隆盛と希望のシンボルである朝日、日本人の心のふるさと奈良、美しい山桜、そしてバックに流れる “You Raise Me up” の歌声‥‥。これらが相まって心が揺さぶられ、目頭が熱くなってきたようだ。

 前置きが長くなった。少し長いが、映像詩「陽はまた昇る」(保山耕一作、9分1秒)をご覧いただきたい。お時間のない方は、後半(5分01秒から開始)だけでもどうぞ。

 

“You Raise Me Up”と「朝日ににほふ山桜花」

 ”You Raise Me Up” は、2002年 アイルランドとノルウェーの二人組、シークレット・ガーデンが発表した楽曲。発表以来、多くのミュージシャンによってカバーされ続けている名曲とのこと。

 確か “raise” は、「持ち上げる、高める」という意味だったと記憶する。直訳すると「君は私を立ち上がらせて(勇気づけて)くれる」という意味ではないか。こんな予想をしながら、日本語の訳詞がついた動画を探してみると‥‥、あった! 

You raise me up, so I can stand on mountains
You raise me up, to walk on stormy seas
I am strong, when I am on your shoulders
You raise me up…to more than I can be.

あなたの力で私は頂に立てる
あなたの力で嵐の海も進んでいける
貴方が支えてくれる時私は強くいられる
あなたの力で私は自分を超えて行ける

(出典:Kei’s Echo) 

 何度も繰り返される「サビ」の部分、コロナと戦う人々への激励のメッセージだと納得。長く苦しいガンとの戦いに耐え、再起を果たした保山さんだからこそ、苦しみ立ち上がろうとする方々の思いが理解できるのだろう。

 この映像が小生の涙腺をゆるませたもう一つの理由は、吉野山の桜。江戸時代の国学者、本居宣長(もとおり・のりなが)の次の歌を思い出してしまったから。

 敷島(しきしま)の やまとごころを 人問(ひとと)はば 朝日ににほふ 山桜花

大和心とは何かと人が尋ねるなら、
朝日に照って輝く山桜の花(であると答えよう。)

日本人である私の心とは
朝日に照り輝く山桜の花の美しさを知る
その麗しさに感動する そのような心です。

(本居宣長記念館HPより)

 ”You Raise Me Up” を聞きながら吉野山の桜を見ていると、”You” とは山桜に象徴される日本の自然と、この国を愛し守り続けた先人の魂かもしれない。そんな気がしてきたのだ。

-映画&ビデオ
-, , , ,

執筆者:

関連記事

津端ご夫妻

お知らせ:『人生フルーツ』、北九州市で上映! 1月26日(土)より

 昨日、小倉昭和館のウエブサイトをのぞいてみると、『人生フルーツ』が期間限定(1週間)で上映予定であることを発見! 「樹木希林、名女優の軌跡をたどる特集」という企画で、『日日是好日』、『あん』と併せての上映のようである。

世界の果ての通学路

あとからくる君たちへ(8) 映画『世界の果ての通学路』

「通学時間はどれくらい?」
「往復4時間、歩いて通っているよ。」
こんな会話が当たり前の世界に住む子どもたちの映画を紹介します。

映画『人生フルーツ』、歳を重ねるほど人生は美しくなる (3)

 前回では、映画『人生フルーツ』の魅力として次の3点が指摘できそうだ、と述べた。1 見事で美しい「老」と「死」の実例が確かに在る。 2 「ときをためる」生き方が「老」を輝かせる。 3 夫婦円満の鍵は、「同じ方向」を向き「すき間」をつくること。
 今回は、その続きとなる。

映画『砂の器』(2) 「原作を超えた」見事なシナリオ

 映画『砂の器』の原作は松本清張の同名小説。文庫本で2冊、合わせて800ページを超える長編である。30代前半に映画で大きな感動を受けた小生は、さっそく原作を手にとってみた。

『昭和の子役』、『砂の器』の名子役が回想する撮影現場の熱気

 以前、本ブログで触れたことのある『昭和の子役 もうひとつの日本映画史』(樋口尚文、国書刊行会)を拾い読みしてみた。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 70223総閲覧数:
  • 3553月別閲覧数:
  • 49392総訪問者数:
  • 2693月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031