山行記録

三郡山、梅雨明け後の初山行へ

投稿日:2020年8月3日 更新日:

三郡山頂の航空自衛隊レーダードーム

三郡山頂の航空監視レーダードーム

※ 本稿は2020年8月1日の山行記録を、8月3日にアップしたものです。

 2020年7月30日、福岡管区気象台から梅雨明け宣言が出された。長い長い梅雨がやっと明けたのだ。

 さっそく、8月1日(土)に三郡山(935.9m)へ出かけることにした。

コースと活動概要 

◆コース及び活動概要
※ 山行軌跡図はYAMAPによるもの。山行軌跡図(三郡山)

08:02 昭和の森・猫石側キャンプ場駐車場 ~ (河原谷コース)~09:23-9:36 難所ヶ滝 ~ 10:06 三郡縦走路出合~ 10:21-10:30 頭巾山 ~ 10:51-11:30 三郡山 ~ 12:31 内ヶ畑コース分岐 ~ (内ヶ畑コース)~ 13:25 内ヶ畑コース登山口 ~ 13:45 猫石側キャンプ場駐車場

参加メンバー:3人(B氏、N氏、がしん)

活動時間(含む休憩時間) 5時間46分(行動時間4時間44分、休憩時間1時間2分)
活動距離 9.2km
累積標高上り/下り 841m/839m
カロリー 2,633kcal

 

活動レポート

 福岡県宇美町の昭和の森一本松公園着が午前7時40分頃。猫石側キャンプ場の駐車場(15台程度駐車可)で準備を整え、8時過ぎには出発。

 久しぶりの山行なので、テンションは高めである。同行のB氏、N氏の足取りも心なしか軽い。

三郡山

 舗装道を約100m下ると、河原谷(ごうらだに)コースへの分岐標識に出合う。右の「難所ヶ滝」を選び、林道を進んでいく。

三郡山

 両側の杉林を眺めながら緩やかな坂道をしばらく登っていくと、やがて両側の景観は自然林に変わり、道も登山道らしくなってくる。

三郡山

 出発して約50分、苔むした岩が目立ち始め、傾斜も険しさを増し始める。長い梅雨の間、ろくに山に出かけていないため、体が重いといったらない。

 おまけに蒸し暑さもあり、汗がとめどなく流れ落ちてくる(この日の福岡地区の予想最高気温は33度だった)。

三郡山

 「暑い! きつい!」を繰り返していると、水場を発見。顔を洗い、水に浸したタオルを首に当てるとひんやりと心地よい。視線を上げると強い日差しに照らされた緑が、夏の濃い色彩に変わっている。

三郡山

 長雨とコロナによる巣ごもりで気づかなかったが、季節はとうに盛夏を迎えているようだ。

三郡山

 「小つらら前」を過ぎ、ゴロ石の急登をあえぎながら登ると、難所ヶ滝へ到着。出発して1時間20分だ。滝と言っても、普段は高く大きな岩壁に水が伝っているだけで、滝のような流れがあるわけではない。

三郡山 難所ヶ滝

 これが厳冬期になると岩を伝う水が氷結し、まことに見事な氷瀑に変わる。その美しさがテレビや新聞で紹介され、「一目見よう」と登山者が殺到する名所になるから面白い。
三郡山 難所ヶ滝河原谷の大つらら(通称:難所ヶ滝、出典:福岡市公式シティガイド「よかなび」

 難所ヶ滝を左に回り込み、三郡縦走路をめざして登り続ける。30分ほどの登りで再び汗が噴き出し、タオルがびっしょり濡れるほどだ。

 10時6分、縦走路出合着。出発してから2時間の登りだった。樹間を吹き抜ける風が涼しくて実に心地よい。木陰で一息つき、喉を潤す。

三郡山

 さあ、ここから先は、大好きな三郡縦走路だ。高度計をのぞくと標高850m、下界との温度差は約5度、気温は26~27度ぐらいか。縦走路の両側を覆う樹木の陰と稜線を吹く風が実に心地よい。

 「この縦走路、夏に歩くのにもってこいですね」とN氏。意外な穴場を発見した気分だ。

 福岡の岳人の足で踏み固められた縦走路。どこまでも歩いていけそうな気持ちのよい道。気のおけない者どうしの会話も弾み、いつとはなしに声も大きくなる。

三郡山

 前方からトレラン中の若者が3人現れるや否や、挨拶をしてさっと走り抜けていく。先ほど我々を追い抜いていった3人だ。
 「若いなぁ」と思わず羨望の声が出てしまう。この日は、他にも数名のランナーに遭遇した。

三郡山

 全く若くない我々は、重いザックを背負い、頭巾山(とっきんやま)に寄り道し、そのまま三郡山頂へ。

 三郡山頂の航空自衛隊監視レーダー。初めて登頂した時は「何て興ざめな施設なんだ」と違和感を感じたが、今では三郡山のシンボルのように見えてくる。

三郡山 航空監視レーダー

 我々に続いて到着した若者、今年の5月から山歩きを始めたそうで、三郡山は今日が初めてとのこと。
 「登りたい山がたくさんあって、迷っています」とおっしゃる。
 しっかり楽しんでください。「人生、楽しんだ者勝ち」です。

三郡山

福智山系、英彦山系をカメラにおさめる若者

 山頂の直射日光を避け、縦走路脇の木陰で涼みながらランチとしゃれこむ。

 昼食後は、若杉山に向かう縦走路をのんびり歩き、適当な分岐から下山するだけだ。今日は内ヶ畑コースで下山することにする。

 12時30分に内ヶ畑分岐着。ここから左に折れ下山する。

三郡山

 分岐から先は、西へ伸びるゆるやかな傾斜の尾根道を下っていくだけである。

 分岐から1時間弱、内ヶ畑コース登山口に着くと賑やかな声が聞こえてきた。見るとテント、バーベキューの煙、川遊びに興じる子どもたちの水着姿‥‥、こんな光景が広がっていた。

昭和の森公園

昭和の森公園

 どうやら、この昭和の森公園は川遊びとバーベキューの定番スポットのようだ。多くの子ども連れが押し寄せ、公園中にあふれている。

 重いザックを背負い、汗まみれで疲労感ただよう小生らは、正直「浮いて」いた。居心地の悪さを感じつつ、駐車場へそそくさと足を速めるしかない。

 下山後の温泉は、「レトロな情緒」が味わえる都久志の湯。暑くて、きつくて、汗まみれの一日だったが、一汗流した後の爽快感は格別である。

都久志の湯

 今晩はソロでテント泊を楽しむというB氏を猫石側キャンプ場まで送り、帰路につく。

 「ここで冬キャンプをして鍋で一杯やり、翌朝人の少ない時間帯に難所ヶ滝の大つらら観賞しては」とふと思いつく。悪くないプランだ。

 問題は、厳冬期2月に一緒につき合ってくれる御仁がいるかどうかである。

「山行記録」の関連記事はこちら カテゴリー「山行記録」関連記事へのリンク

-山行記録
-, , , ,

執筆者:

関連記事

平治岳、ミヤマキリシマの開花偵察に出かけてきた。

 くじゅう連山の平治岳(1,643m)に急遽出かけてきた。もちろんん、ミヤマキリシマの開花状況を偵察するためである。

右田ヶ岳、花崗岩をまとった低山を歩く

 新年度がスタートして早や2週間余り。人事異動に伴う新しい職場環境や、年度当初の業務立ち上げ等でお疲れのことだろうと、お察しする次第。こんな時は外に出かけて汗をかき、展望のよい場所でまったりするに限る。久しぶりに山口県防府市の右田ヶ岳(426m)で気分転換とストレス解消に出かけることにした。

錦繍のくじゅう連山を歩く(1) 燃える三俣山

 くじゅう連山の定番紅葉スポットは、三俣山お鉢巡りと大船山御池(みいけ)。この2座を1泊2日で歩くことにした。絶好の秋晴れに恵まれ、息をのむ錦繍(きんしゅう)の彩りを堪能することができた。

仰烏帽子山、春を告げる福寿草に会う (2)

 山行最後の締めは福寿草である。群生地に続く岩場を下っていくと、人だかりが見える。どうも福寿草を撮影している登山者たちのようだ。目をこらしてよく見ると、あちらにもこちらにも黄金色の福寿草がそろい咲きである。

経塚山、大分県で最も早く咲くというミヤマキリシマを下見に

 大分県で最も早くミヤマキリシマが開花する、速見郡日出町の経塚山。所属するアタック山の会の5月例会山行(5/12)の下見に出かけてきた。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 65722総閲覧数:
  • 1425月別閲覧数:
  • 45992総訪問者数:
  • 936月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930