「秋の有田陶磁器まつり」 紅葉を愛で、有田気まま歩きを楽しむ (1)

投稿日:2021年11月30日 更新日:

秋の有田陶磁器まつり フクロウの焼き物

大公孫樹の近くに飾られていたフクロウの焼き物

 カミさんが「秋の有田陶磁器まつり」とやらに出かけたいと言う。春に開催される「有田陶器市」の秋バージョンのようだ。
 平尾台を歩いた翌日のドライブだったが、疲れたそぶりも見せず、「いいねぇ、行ってみようか」と笑顔で(?)応じる。

 ※ 本記事は、2021年11月21日(日)の記録を11月30日にアップしたものです。

目次

「秋の有田陶磁器まつり」とは

秋の有田陶磁器まつり

 佐賀県観光協会のウェブサイトでは、「秋の有田陶磁器まつり」は次のように紹介されている。

「食と器でおもてなし」をテーマに、見ごろとなった紅葉と共に、秋の有田をのんびり、ゆっくりと有田の町を散策できます。
 町内のお食事処では、有田の郷土料理や地元の食材を盛り込んだ期間限定メニューが提供されます。有田焼の器とともにお楽しみください。 

 どうやらキーワードは、「食」「器」「紅葉」「のんびり、ゆっくり」のようだ。

 毎年GWの期間に開催される「有田陶器市」は、8日間で約100万人が訪れるというビッグイベント。
 我が家でも毎年春に有田を訪れ、陶器市で器を選ぶのが恒例となっていた。

 しかしコロナ禍により、昨年も今年も陶器市は中止。
 器選びが好きなカミさんが、紅葉観賞もかねて有田へ行きたがる気持ちもよく分かる。

 というわけで、2021年11月21日(日)午前6時に北九州を出発。高速道路を乗り継ぎ、午前8時20分には有田に到着したという次第。

 今回は春の陶器市とは趣向を変え、有田町近郊の窯元や販売施設を巡り、器を選ぶことにしてみた。

 具体的には「源右衛門窯」、「アリタセラ(22以上もの有田焼専門店が軒を連ねるショッピングモール)」、「チャイナ・オン・ザ・パーク(深川製磁の工場と販売施設等)」などだ。

 カミさんは湯飲み、小生はスープ皿がお目当てで、それなりの収穫もあったが、この話題はまたいずれ‥‥。

秋の有田陶磁器まつり

源右衛門窯のアウトレットコーナー、「50%オフ」の赤札にカミさんの目が輝く。

 

有田気まま歩きは「ろくろ座」からスタート

駐車場は「体験工房 ろくろ座」を選択

 春の陶器市ではいつも有田中学校に駐車(有料)するのだが、今回は「体験工房 ろくろ座」の駐車場を利用させてもらった。

 約200台の駐車スペースが確保され、しかも無料。
 「泉山磁石場」や「有田の大公孫樹」にも近く、シャトルバス(無料)の乗降場所が設置されているからだ。

秋の有田陶磁器まつり 「体験工房 ろくろ座」の駐車場

広々とした「体験工房 ろくろ座」の駐車場

大公孫樹からトンバイ塀の裏通りを歩く

 春の陶器市では器選びに忙しく、有田の町をゆっくりと巡る余裕などなかった。
 今回は有田の観光スポットも巡ってみようと考え、まずは有田大公孫樹(おおいちょう)を訪ねてみることにする。
 ろくろ座から歩き始めると、すぐに巨大な姿が目に入ってくる。

秋の有田陶磁器まつり 大公孫樹

 なるほどでかい! おそらく日本一のイチョウだろうと評される巨木が、圧倒的な存在感で迎えてくれる。
 樹齢は約千年。高さ40m、根回り11.6m、枝張り東西31mと聞いてもピンとこないが、近寄ってみるとその大きさは圧巻と言うしかない。

秋の有田陶磁器まつり 大公孫樹

 まだ十分に色づいていないようだが、ピーク時は辺り一面が黄色の絨毯で埋め尽くされるのだとか。

ピーク時の大公孫樹(出典:kaji ブログサイト

 大公孫樹がある泉山弁財天神社境内のフクロウの置物(有田焼きか?)。愛嬌のある立ち姿が妙に可愛くてパチリ。

秋の有田陶磁器まつり

 大公孫樹から先のトンバイ塀のある裏通りを、ぶらぶら散策してみることにした。

 トンバイ塀とは、登り窯を築くために用いた耐火レンガ(トンバイ)の廃材や、使い捨ての窯道具を赤土で塗り固め作った塀のことだそうだ。
 登り窯の耐用年数は10数年。使い終わると窯を壊し、その廃材を再利用したものらしい。 

秋の有田陶磁器まつり

 大公孫樹の葉がここまで飛ばされ、舞い落ちてくる。

秋の有田陶磁器まつり

 レトロな風情が漂う裏通りのぶらぶら歩き、カミさんも嫌いではないようだ。

秋の有田陶磁器まつり

 足を止めて、町角の紅葉に見入ってみたり、

秋の有田陶磁器まつり

 トンバイ塀から赤レンガ塀に変わっても続く、石畳の道。

秋の有田陶磁器まつり

 裏通りからメインストリートに出てみると、このとおり。
 テントの出店なし、一般店舗を借りての臨時店舗もなし。日曜日の午前11時頃だというのに、客を呼び込む声も聞こえず寂しい限り。

秋の有田陶磁器まつり

 春の陶器市のすさまじい人出と、これほどのギャップがあるとは‥‥。とても同じ通りとは思えない。

春の「有田陶器市」の人出(出典:有田観光協会ウェブサイト

 まぁジジババ二人で「のんびり、ゆっくり」散策するのには、もってこいではあったのだが‥‥。

秋の有田陶磁器まつり

※ 本記事の続きはこちら >「秋の有田陶磁器まつり」 紅葉を愛で、有田気まま歩きを楽しむ (2)

※ これまでの「旅」関連記事はこちら 

-
-, , , , ,

執筆者:


関連記事

法隆寺大講堂前の燈籠

奈良見聞録(2) 高速道路を乗り継ぎ、法隆寺へ

 9月24日(火)午前5時起床。車外に出てみると車中泊とおぼしき車が約20台ほど。残りは長距離の大型トラックばかり。洗面と着替え、荷物の整理を終え、6時走行開始。7時30分頃に竜野西SAで朝食。引き続き約90分の運転ごとに休憩を入れ、順調に距離を稼いでいく。

奈良&京都見聞録(7) 唐招提寺、「落ち着いたたたずまいと凜とした風格」

 薬師寺と唐招提寺がこんなに近いとは知らなかった。距離にして数百メートル。案内図を見ると、ほぼ隣接と言ってもよいくらいの距離である。お天気よし、風もなし、通りの人影もまばらである。軽いウォーキングがてら、歩いて唐招提寺まで向かうことにした。

法隆寺

奈良見聞録(3) 法隆寺、時は止まったまま息づく

 法隆寺には3度訪れたが、いつも駆け足の参拝だった。「いつかはたっぷり時間をとり、時を忘れて心ゆくまで散策したい」と思い続け、やっとそれが実現できる日が来た

出雲見聞録(3) 古代高層神殿に思いを馳せ、映画『RAILWAYS』の車両に再会 

「これ何? ミッキーマウスみたい‥‥」という若いお嬢さんの声。なるほどミッキーか、そう見えなくもないなぁ。

奈良&京都見聞録(6) 薬師寺金堂復興、ゼロからの挑戦

 今回は薬師寺元管長 高田好胤(たかだ・こういん)師が、金堂再興を決意され、前例のない方法で建設費10億円(1970年当時)を集めたエピソードを紹介しようと思う。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

もっと詳しいことが知りたい方は、こちらをどうぞ。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 323567総閲覧数:
  • 5571月別閲覧数:
  • 222874総訪問者数:
  • 1871月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930