山行記録

晩秋の平尾台、空蒼く銀すすき揺れる

投稿日:2021年11月22日 更新日:

四方台から望む周防台 平尾台

四方台から望む周防台

 ここ数日、小春日和のような好天が続いている。空は抜けるように蒼い。こんな日は平尾台で稜線歩きを楽しむに限る。
 山友数名にお誘いのメールを出すと、たまたまN氏のスケジュールが空いていた。

 さっそく二人で晩秋の平尾台をそぞろ歩くことにした。

※ 本稿は2021年11月20日の山行記録を、11月22日にアップしたものです。

コースと活動概要

◆コース及び活動概要
※ 山行軌跡図はYAMAPによるもの(クリックすると拡大されます)。山行軌跡図  平尾台

0808 平尾台自然観察センター ~ 0835 不動山 ~ 0846 堂金山 ~ 0855 貝殻山 ~ 0915-0941 天狗岩 ~ 1006 桶ヶ辻 ~ 1023 周防台 ~ 1053 広谷湿原 ~ 1122-1150 鬼の唐手岩 ~ 1157 広谷台 ~ 1250 貫山(711.6m) ~ 1310 四方台 ~ 1409 自然観察センター

※ 参加メンバー:2名(N氏、がしん)

活動時間(含む休憩時間) 6時間1分
活動距離 12.4km
累積標高上り/下り 837m/836m
カロリー 3,078kcal

※ のんびり展望を楽しみ、写真を撮影したため、活動時間は参考になりません。

 

写真中心の山行メモ

 平尾台自然観察センターを午前8時8分に出発。センター前の駐車場は、いちょうの黄葉が最後の輝きを見せている。

平尾台

 不動山、堂金山から貝殻山を経由する遊歩道のような道、のんびり話を交わしながら歩を進めていく。誰もいない。

平尾台

 雲ひとつない秋晴れ、空が高く蒼い。何て気持ちのよい朝なんだろう。

平尾台

 貝殻山の横から天狗岩方面にトラバースする道。朝の光を受け銀色に輝くすすきが美しい。

平尾台

 あたり一面に広がるすすきの群生。少し風が吹くと、いっせいに穂を揺らす。

平尾台

 出発から約1時間、天狗岩が見えてきた。

平尾台

 天狗岩のあたりで1本立てる(=休憩する)としようか。空が抜けるように蒼い。N氏と何度も「いい天気やねぇ」と繰り返してしまう。

天狗岩 平尾台 遠くには福智山のゆったりした山容が。

平尾台から望む福智山

 「パラグライダーの聖地」桶ヶ辻(おけがつじ)の山頂では、吹き流しが風に揺れているのみ。パラグライダーの姿はまだ見えない。

平尾台
 山頂に着いてみると、林道方面から大きなザックを背負った一団が続々と登ってくる。空を舞うのは、これからのようだ。尋ねてみると、ザックの重さは約20kgだとか。

平尾台

 次のピーク周防台(すおうだい)へと続く稜線の道。どこまでも歩いて行きたくなるようなご機嫌なルートだ。

平尾台

 周防台から次のピーク貫山を望む。広々とした防火帯を歩いてくる男性が豆粒のよう。

平尾台

 広谷湿原に一度下り、見上げる鬼の唐手岩。今日はあそこでランチとしよう。さぞかしいい眺めが楽しめることだろう。

平尾台

 岩稜の上部でおにぎりとカップラーメンを食すN氏。3時間以上歩き続けたので、腹ぺこなのだ。
 小生はおにぎり(自分で握った)、イカの煮つけ(昨晩の残り物)とたくわん、豚汁(フリーズドライ)のあり合わせメニューである。

平尾台

 向こうの空を見上げると、カラフルなパラグライダーが優雅に旋回中。指折り数えてみると、12機も大空を舞っていた。

平尾台

 広々とした草原台地だが、周囲の音はほとんど聞こえない。時折、鳥の鳴き声がかすかにするだけ。
 食後のコーヒーを飲みながら、晩秋の草台地と青空を飽かず眺め続ける。幸せである。

平尾台

 さあ、貫山に向かってもう一歩きするか。

平尾台

 貫山頂への最後の長い登り、足を一歩踏み出すごとに青空が近づいてくる。

平尾台

 12時50分、貫山頂へ到着。

貫山 平尾台

 帰路は、四方台から急坂を下り、自然観察センターへと巡る。

平尾台

 風に銀色の穂をいっせいになびかせ、輝くすすきの原。深まりゆく秋をしみじみと味わえる、美しい下山道だった。

平尾台

限りなく 空高くして 銀すすき  白桂

 今日も楽しい山歩きができた。有り難い、有り難い。

 

 よろしければ他の山行記事もどうぞ。50歳から山歩きを始めたシニアの山歩きレポートです。お役に立つ情報があれば幸いです。

◆ 過去の平尾台の山行レポートは、こちら >
 貫山、秋の平尾台をぶらり一人歩き
 平尾台、外来種駆除ボランティアに取り組む
 春爛漫の平尾台をぶらりと散策
 貫山、高校生に元気をもらい羊群原をそぞろ歩く 
 花の平尾台、春爛漫のそぞろ歩き

◆ 過去の山行レポートは、こちら 
  >カテゴリー「山行記録」関連記事へのリンク

-山行記録
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

くじゅうの冬、霧氷と凍結した御池を味わう

 厳冬期くじゅう山行の二日目は、雪と霧氷、凍結した御池の氷渡りを楽しもうと、牧ノ戸峠~御池(往復)という定番コースを歩くことにした。

福智山

福智山で初山行の思い出がよみがえる

 本日(10月12日)は、トレーニングがてら福智山(ふくちさん・901m)を一人歩きすることにした。明後日に英彦山を歩く予定なので、足慣らしも兼ねてのぶらぶら歩きである。福智山頂直下の「福智平」で、山歩きを始めたばかりの50歳の時(15年前)の記憶がよみがえってきた。

英彦山 四王寺の滝

英彦山、四王寺の氷瀑から厳寒の南岳へ

 今季最強の寒波が日本列島を覆い尽くした1月の3連休(9日~11日)。B氏から「英彦山の四王寺の滝を見にいきませんか」とのお誘いの声がかかった。

四国遠征レポート(5) 霊峰石鎚山、西日本最高地点に立つ

 四国遠征4日目、絶好の晴天に恵まれ石鎚山の天狗岳をめざす。西日本最高地点に立った達成感は、なかなかのものだった。

大崩山の大岩峰に立つ (1) 天を突くわく塚の絶景

 九州最後の秘境と言われる大崩山系、その大岩峰と紅葉を楽しもうと宮崎までやってきた。台風の影響で紅葉は期待を裏切られたが、わく塚の大展望を満喫した山行だった。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

もっと詳しいことが知りたい方は、こちらをどうぞ。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 140632総閲覧数:
  • 926月別閲覧数:
  • 92508総訪問者数:
  • 626月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031