奈良見聞録(1) 気ままなマイカー旅行のスタート

投稿日:

※ 本稿は2019年9月23日の記録を、10月1日にアップしたものです。

今回の旅のお題はリフレッシュ

春日大社の釣り燈籠

春日大社の釣り燈籠

 9月23日(月)午後1時、愛車マークXジオで北九州を出発、マイカーによる夫婦二人旅がスタートした。いつもなら早朝から走り始めるのだが、今日は11時過ぎにお彼岸法要があったため、午後からの出発となった。

 3連休最終日の午後出発となったのは、高速道路の休日割引(3割引き)を活用しようという苦肉の策でもある。今夜は適当なSAで車中泊する予定。

 定年後から始めたマイカーふたり旅も、これで10回目となる。今回は昨年12月に訪れた奈良を再訪する旅である(昨年の旅の記録はこちら)。

 今回の旅のお題は、次のとおり。

  1. 何よりもリフレッシュして、また頑張れる元気を充電する。
  2. マイカーで奈良まで往復1200km超を運転し、無事に帰宅する。
  3. 昨年12月に参拝できなかった古寺・名社をゆっくり訪れる。
    法隆寺、室生寺、長谷寺、橿原神宮等
  4. 整備が進んだ平城宮跡と「ならまち」を散策する。

 本稿より数回に分けて、奈良の旅の様子をお伝えするとしよう。

 

福山SAで車中泊

 ともかく日暮れまでに走れるところまで走ってみるかと、山陽自動車道をゆっくり上って行く。車中泊の場所は福山SAか小谷SAあたりと見当をつけておく。

 マイカー旅行の場合は、登山用のダウンシュラフ(寝袋)とマットを携行しているので、SAや道の駅等安全に寝られる場所があれば、よく利用する。ホテルの予約がなくても一晩過ごせる場所があると思えば、旅の自由度がぐんと増すというもの。

福山SA(上り)

バラの花のネオンサインが鮮やかな福山SA

 福山SA(広島県)あたりで日が暮れ始めたので、ここで車中泊することにした。北九州から約300km、休憩時間を入れて4時間30分というのんびりドライブだ。祝日の夕食時とあって、駐車場はほぼ満杯。

 まずはクーラーボックスから冷えたビールを取り出し、カミさんと乾杯。高速道路でのアルコールは禁断の味。もう運転はしないのでコソコソする必要はないのだが、何となく周囲の視線が気になる。

 

車中泊のセッティング実例

 一息ついたところで、車中泊の準備にとりかかる。愛車の「マークXジオ」は2列目と3列目のシートを倒すと、次の写真のようにほぼフラットな状態となる。これにマットを敷くと、大人二人が何とか寝られる空間が確保できる。

シートを倒した車内

 トヨタの営業マンにこの車を紹介された時は、運転席など見向きもせず、まずは2、3列目のシートを倒して寝転んでみた。夫婦二人で楽に寝れると分かり、直ちに購入した記憶がある。「マークX」という車名は聞いたことはあったが、「ジオ」なんてまるで知らなかったのだ。

 小生の車中泊の準備は次のとおり。

  • 全てのウインドを数センチずつ空け、通気性を確保する。
    密閉しておくと、呼気に含まれた水蒸気で窓ガラスに水滴が付着する。
  • 荷物を助手席と運転席に移動する。
  • 2列目と3列目のシートを倒してフラットにし、マットを敷き、シュラフを広げる。
  • 外から車内をのぞかれないように、目隠しをウインドにセットする。
    フロントウインドは市販の日よけシート、その他は手製の目隠し(銀マットを窓の大きさに切ったもの)をセットする。
  • タオルや衣類を丸めた即席枕を作り、耳栓を装着して就寝。
    SAでは大型トラックのエンジン音が意外に響くので、耳栓は必携。

 

「大阪王将」で餃子を食べ、ネットで情報検索

餃子の王将 福山SA

 今回福山SAでの車中泊を選択したのは、「大阪王将」が出店していたのも理由の一つ。餃子が食べたかったのである。焼そばと餃子を注文し、完食。どちらかと言えば、「餃子の王将」の方が好みの味だ。

 食べ終わると、カミさんは早々と車に向かう。昨晩あまり眠れていなかったとか。小生は、食事客で混雑するフードコートの一角でモバイルPCを開き、メールチェックとブログ草稿を入力。ついでに明日訪れる法隆寺のネット情報をチェックする。

 21時頃車にもどると、カミさんは爆睡状態。周囲を見回すと、車中泊とおぼしき普通車は10台程度か? 明日から3連休明けの仕事が始まるので、こんなものだろう。

 耳栓を付け、目を閉じたとたんに眠りに落ちていた‥‥。

 


※ シリーズ「奈良&京都見聞録」関連記事はこちら  >

-
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

東京見聞録(4) 上野の森でフェルメールを鑑賞する

 12月11日(火)、今日のお目当ては上野の森美術館で開催されているフェルメール展。混雑を避けるため「日時指定入場制」をとっていると聞き、予めネットで13:00~14:30の時間帯で入場券を購入しておいた。上京中のお楽しみの一つである。

ちょいと旅に出かけてきます

 マンション管理組合の仕事(?)で煮詰まってきたので、気分転換に1週間ほどのミニ旅行に出かけてきます。

奈良&京都見聞録(9) 京都迎賓館、匠たちの一流の技に酔う

 今回の京都の旅で楽しみにしていことの一つが、京都迎賓館の参観。館内に足を踏み入れると、そこは匠たちの最高峰の技が輝く「未来の国宝」館と言ってもよい施設。その素晴らしさはまさに「眼福(がんぷく)」の一言であった。

奈良&京都見聞録(2) 春日大社、千三百年を共に生きた神と人

 12月16日(日)、午前8時前にホテルを出発する。日曜日の朝とあって、まだ街は目覚めていない。人通りがまばらな三条通りをまっすぐ東へ向かう。春日大社まで約3kmの道のりである。

定年後から始めたふたり旅

 60歳で定年を迎え、以後65歳まで嘱託職員として勤務した。収入は大幅減となったが、定時に帰宅できるし有給休暇もきちんととれる。夫婦二人で旅をする機会が増えてきた。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 26039総閲覧数:
  • 2076月別閲覧数:
  • 17236総訪問者数:
  • 1359月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031