シニアライフ

生存報告です

投稿日:2020年4月28日 更新日:

菜の花を眺める老人

RitaEによるPixabayからの画像

 とうとう4月はブログ更新ができませんでした。病気でも事故でもなく、理事長を務めているパールマンション(仮称)の管理運営業務に、一日のエネルギーの大半を奪われているからです。

 カミさんは「完璧にやろうとするから、疲れるのよ」とのたまう。そんな気持ちはサラサラないのだが、これから3年間にわたって実施する大規模修繕工事の計画立案、管理費の長期滞納者を提訴した裁判(生まれて初めて原告となった)への対応、管理費や修繕積立金の値上げの準備、コロナウイルスによる通常総会延期の検討とその後処理に係る事務手続き‥‥等々。

 「ブログを書こうか」という気力と心のゆとりがなかなか湧き上がってこないのです(マンション管理に伴う知見やエピソードなら、書くネタはずいぶんとできました)。

平尾台 周防台

桶ヶ辻から周防台へと続く稜線(2020年4月17日)

 時々は近くの山にも出かけていますが、ストレス発散と体力維持のために登る山は、それなりの息抜きにはなるものの、ワクワクするような楽しさが希薄です。

 「できるものから、小さく、 コツコツ。ときをためて、ゆっくり」、人生フルーツの津端修一氏の言葉をつぶやきながら、日々を過ごしています。コロナウイルス騒動が収束し、管理組合の総会で新役員が選任されるまでは、こんな日々が続くのでしょう。

 ブログを止めることは考えていないので、ゆとりができた時は記事をアップしていくつもりです。

 とりあえず生存報告をさせていただきます。

平尾台 鬼の唐手岩

鬼の唐手岩でコーヒータイム、向こうに見えるのは周防台。(2020年4月17日)

 

-シニアライフ
-,

執筆者:

関連記事

11日ぶりのブログ更新、とかくに人の世は住みにくい。

 11日ぶりのブログ更新である。書きたいことは色々とあったのだが、書く時間と心理的余裕がなかったのだ。理由は、これを作成していたから。

掛け軸を収納する桐箱を作ってみた

 昨年10月から木工教室に通い始めた。月に2回のペースなので、進歩は遅々としたものだ。今回は掛け軸を収納する桐箱が完成したので、お披露目させていただこう。

佐々木常夫氏講演会(北九州)、「仕事も家庭もあきらめなかった」男の存在感

 2019年11月9日(土)、今日は以前本ブログでも紹介した『ビッグ・ツリー ~自閉症の子、うつ病の妻を守り抜いて~』の著者、佐々木常夫氏の講演会の日である。

「秋のバラフェア」に出かけてきた

 10月24日(水)、「錦繍のくじゅう連山を歩く」をアップし終えたので、午後から外出することにした。絶好の秋晴れに恵まれ、屋外で気持ちよく過ごせる場所を思案するうちに、グリーンパークで「秋のバラフェア」が開催中だったことを思い出す。

バターナイフ

木工体験教室に参加、バターナイフを作ってみた。

 このバターナイフ、小生が生まれて初めて作った木工作品である。  板材はブラック・ウォールナット。長方形の板材からおおまかな形を切り出し、ナイフと紙やすりで形を整え、最後にアマニ油を塗り込んだもの。 …


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 69574総閲覧数:
  • 2904月別閲覧数:
  • 48924総訪問者数:
  • 2225月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031