読書

『うんこ』の詩で大笑いしよう!

投稿日:2021年4月12日 更新日:

 

日本講演新聞

『日本講演新聞』2021年4月12日号(A4判で印刷したもの)

 『日本講演新聞 WEB 版』を購読し始めて3ヶ月になる。

 日本講演新聞とは、各種講演会を取材して、面白かった話、感動した話、心温まった話、ためになった話を講師の許可を得て掲載している新聞のこと。毎週月曜日発行なので、月曜日を心待ちにしている。

 今日は、同紙のバックナンバーから「絵本の読み聞かせ 生身の人間の温かさや感動を伝えて」(2009年5月18日号、25日号)という記事が再掲載されていた。

 その記事で紹介されていた子どもの詩を読み終えたとたん、吹き出してしまった。『うんこ』(なるおたかすみ作、鹿島和夫著『続一年一組せんせいあのね』所収)という詩である。

 孫引きで恐縮だが、紹介させていただこう。

がっこうからはしってかえって
うんこをしました

パンツをぬいだら
いきなり、にゅっとでました

ながいなあと見ていたら
べんじょのさきまでありました

大ごえでおかあさんをよんだら
ヒャーといってびっくりしていました

ぼくがしたうんこで
これが一ばん大きかった

おとうさんのちんちんより
すごくながいです

ぼくはよるまでながさなかった
おねえちゃんもびっくりして、
ものさしではかってくれたら
30センチもありました

 なんてすごい「うんこ」なんだろう! そしてなんて温かい家族なんだろう! 子どもの純な驚きや感動をまるごと受け止め、「すごいねぇ」とみんなで大騒ぎできる家族。
 大笑いした後、心がほのぼのと温かくなってきた。

 そういえば、わが家でもこんな大笑いのエピソードがあった。
 幼稚園児だったわが娘、テレビを観ながら「いいなぁ!」とうらやましそうな声。「何が?」と尋ねてみると、「あの人たち、お食事券をもらってるんよ」とテレビを指さす。

 画面に目をやると、某政治家の「汚職事件」のニュースだった‥‥。カミさんと一緒に爆笑したことを今でも覚えている。

一年一組せんせいあのね

 『けっこん』(せきぐちひでひこ作)という詩も紹介されていた。

おとうさんとおかあさんは
れんあいけっこんしたそうや

おとうさんはまじめで
いままでげっきゅうぶくろを
いっかいもふうをあけずに
もってかえってくれるねんて

おかあさんがおとうさんをすきになったのは
おとうさんから
『ぼくはあなたがじんせいこうろのとうだいや』
というてがみがきました

それでけっこんしたそうな

だからぼくはとうだいのこどもです

 子どもの発想の柔軟さと自由な表現には、脱帽するしかない。

 小生の孫たちは、7歳(男)、3歳(男)、1歳(女)。こんな「あのね」が、毎日繰り返されていることだろう。

 子どもの「あのね」という無邪気な語りに耳を傾け、いつまでも感動を共有できる家族でいてほしい。「まん防(まん延防止等重点措置)」が解除され、コロナ禍が一段落ついたら孫たちに会いに行こう。

 『うんこ』の詩を孫たちに読んでやったら、どんな顔をするだろう。みんなで大笑いして「うんこ」談義に花を咲かせたいと思った。

◆日本講演新聞の「日本一心を揺るがす」コラムを集めた本の紹介記事はこちら 
◆『日本講演新聞』の公式サイトはこちら 
◆『心揺るがす日本講演新聞』のYouTubeサイトは、こちら 

-読書
-, , ,

執筆者:

関連記事

あとからくる君たちへ(11) 『オール1の落ちこぼれ、教師になる』

 ……23年前のある夜のことです。仕事を終えた一人の若者が、小学3年生の算数ドリルを1ページ、1ページめくりながら問題を解き始めました。昼間は建設会社で働き、疲れ切って帰宅してからの学習です。

プロジェクトXあれこれ(3) 43分の番組に3ヶ月かける贅沢さ

 今回はあれほどの高レベルの番組がどのようにして作られていたのか、制作現場の様子が知りたくなった。

『尾畠春夫 魂の生き方』(1)  始まりは由布岳への恩返しから

 平尾台でセイタカアワダチソウの駆除ボランティアをしたこともあり、通称「スーパーボランティア」の尾畠春夫さんのことが知りたくなった。

『バッグをザックに持ち替えて』、女性直木賞作家の山歩き奮闘記

 たまたま新聞の書評欄で紹介されていた1冊、『バッグをザックに持ち替えて』。唯川恵(ゆいかわ・けい)という著者名に覚えがあったので、ネットで検索してみると『淳子のてっぺん』の著者だった。

『働く君に贈る25の言葉』、社会人生活3年超の若者に薦めるこの一冊

 つい数日前、社会人生活4年目を迎える若者からメールが届いた。内容は、4月25日付の人事異動で本庁に配属となる(彼は地方公務員である)というもの。そんな彼に薦めたのが『働く君に贈る25の言葉』という本。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

もっと詳しいことが知りたい方は、こちらをどうぞ。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 108577総閲覧数:
  • 2251月別閲覧数:
  • 70187総訪問者数:
  • 1627月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31