山歩き

英彦山、上宮修復工事に伴う登山制限をまもなく実施か?

投稿日:2022年4月14日 更新日:

英彦山上宮の修復崩壊寸前の英彦山上宮(出典:英彦山神宮公式サイト 

 以前お世話になった登山ガイドさんからメール・マガジンをいただいた。その中に、英彦山上宮修復工事(本年7月着工予定?)に伴う登山制限(案)の記事があった。

工事中の登山制限案とは

英彦山上宮の修復立入禁止となった上宮社殿(出典:英彦山神宮公式サイト

 紹介記事には、日本山岳協会北九州支部の会 支部報97号(2022年1月発行)掲載記事からの抜粋とある。
 さっそく、同協会北九州支部報のサイトで探してみると、確かにp.20に当該情報が紹介されている。情報源は「英彦山上宮社殿修復整備工事に関する協議会」とのこと。まだ検討中の事案でもあるため、決定を待って正式発表されるそうだ。

 ※ 公益社団法人 日本山岳協会 北九州支部 支部報アーカイブ

 発行者の了解は得ていないが、ウェブサイトで広く公開されていることもあり、本ブログでもその概要を紹介させていただくことにした。

 上宮修復工事に係る登山制限等(検討案)は次のとおり。

  • 英彦山上宮の社殿修復工事が、令和4年7月より令和8年7月まで実施予定
  • 工事に伴い、中岳山頂休憩所/社殿周囲の平地が全て資材置き場となり、中岳休憩所(バイオトイレ)を含む一帯が工事関係者以外進入禁止となる模様
  • 資材搬入用モノレールが、英彦山野営場から北西尾根ルートに沿い中岳山頂まで設置される。安全確保のため、北西尾根ルート・バードラインも進入禁止の予定
  • 中岳上部が閉鎖されるため、北岳から南岳までの往来不可。
  • 中岳・北岳・南岳それぞれの登山ルートで、工事現場への進入禁止ゲートを設置する予定。

(出典:公益社団法人 日本山岳会 北九州支部 『JAC北九だより No.97(令和 4 年 第 1 号)』) 

 もしこの案どおりの規制が行われれば、今後4年間、中岳への登頂及び「北岳~中岳~南岳」の通行はできなくなる。さらに、中岳山頂を経由する複数の周回ルートの利用も断念せねばなるまい。

 修復工事がまもなく開始されることは、ニュースや新聞記事で知ってはいたが、ここまで大規模な工事とは予想もしていなかった。資材はヘリコプターで空輸し、上宮周辺は立入禁止となるが、工事現場を迂回する登山道が設置されるだろう、と安易に考えていたのだ。

英彦山上宮の修復西日本新聞記事(出典:不明)

崩壊寸前の上宮社殿

 朝日新聞(2021年6月23日)によれば、今の上宮社殿は1840年代に佐賀藩主の鍋島斉正が建てたとされる。

 だが、「1991年の台風19号で防風林が倒れ、台風や豪雨のたびに壁や屋根が傷んだ。板やシートで応急処置はしたが、昨秋(2020年)の台風で風雨が中を吹き抜け、柱まで傾いた。倒壊の恐れがあるとして、(2021年)3月末に立ち入り禁止になった」そうである。

 英彦山神宮のウェブサイトでは、損壊著しい上宮の様子がドローン撮影による動画で紹介されている。

◆ 英彦山神宮上宮の動画(3分14秒)

 動画でお分かりのように壁ははがれ、柱は傾き、屋根の銅板は飛ばされ大きな穴が空いている。見るも無惨なありさまで、訪れるたびに悲しくなってくる。

英彦山上宮の修復壁板がはがれ落ちた社殿(出典:英彦山神宮公式サイト

 数ヶ月前に修復工事のニュースを聞き、ホッと安堵していたところだ。総工費7億円と聞いたが、よく集まったものである。

 英彦山は、福岡県民にとってはなじみの深い山。高校入学直後に行われる「規律と友情の体験学習」(2泊3日)では、高校生としての自覚を深め友情を育む伝統行事として、英彦山青年の家で合宿が行われてきた。そして、どの高校でも2日目の英彦山登山が定番行事だったと思う。

 入学直後でまだ顔も名前も定かでない1年生同士が、互いに励まし合って登頂を果たし、山頂広場で仲良く弁当を平らげた思い出の山。英彦山は、次世代の育成のためにも長く保護しておきたい大切な山でもある。

 4年間の工期は長いが、立派に修復された社殿が蘇ると思えば、我慢のしがいもあるというもの。

 これから新緑が美しい季節となる。工事が始まる前に英彦山に出かけ、しばしの別れを惜しむとしよう。

英彦山上宮の修復花見ヶ岩公園から望む英彦山(出典:福岡県立英彦山青年の家

-山歩き
-, , ,

執筆者:

関連記事

『福智山系 徹底踏査!』、福智山マイスターからの招待状

 書店のアウトドアコーナーで平積みされていた大型本が目にとまった。書名は『福智山系徹底踏査!』、手にとって著者名を見ると挟間照生(はざま・てるお)と記されている。あの挟間さんだ!

『尾畠春夫 魂の生き方』(1)  始まりは由布岳への恩返しから

 平尾台でセイタカアワダチソウの駆除ボランティアをしたこともあり、通称「スーパーボランティア」の尾畠春夫さんのことが知りたくなった。

季刊誌『のぼろ』で、がしんのアンケート回答が紹介されました。

 九州の登山愛好者向け季刊誌『のぼろ』(vol.26 2019年秋号、西日本新聞社発行)に、小生のアンケート回答がほんの少しだけ紹介されている。

大崩山系で滑落、重傷のまま55時間を生き抜いた記録

「大崩(おおくえ)山系で遭難した(方の)体験談、ネットにのってましたけど、読みました?」。「大崩山 滑落」で検索し、さっそく当該ブログを拝見。その壮絶な体験に息をのむような思いをした。

野口健氏、15歳の娘とキリマンジャロ登頂!

 昨日(2019年8月8日)朝食後に新聞を読んでいると、「15歳の娘、キリマンジャロから新たな挑戦」という文字が目に飛び込んできた。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

もっと詳しいことが知りたい方は、こちらをどうぞ。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 169581総閲覧数:
  • 3576月別閲覧数:
  • 114817総訪問者数:
  • 2825月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031