山歩き

英彦山登山制限の最新情報、神宮公式サイトから発表される。

投稿日:

英彦山神宮上津宮(出典:Wikipedia 英彦山

 「英彦山神宮のウェブサイトに、登山制限のお知らせが発表されていますよ。」
 先ほど山友のN氏よりメールで連絡があった。

 さっそく同サイトをのぞいてみると、「英彦山神宮からのお知らせ」という欄に、「8月1日より英彦山中岳通行止」(7月4日付)という記事がアップされていた。

出典:英彦山神宮ウェブサイト(画像をクリックすると拡大します)

 本ブログでは、本年4月14日に「英彦山、上宮修復工事に伴う登山制限をまもなく実施か?」という記事をアップし、上宮修復工事の期間、登山制限の素案を紹介させていただいた。
 反響は大きく、本日現在でこの記事の閲覧数は3,800を越えている。英彦山登山制限への関心がいかに大きいかを実感した。

 今回は修復工事の施主である英彦山神宮の発表ということで、これが工事に伴う登山制限の公式発表と判断してよさそうだ。

 修復工事のお知らせを一読し、疑問に思ったことが2つ。

  1. 「中岳ルート・奉弊殿から産霊神社まで登れます」について
    「産霊神社」は何と読むのか? 中岳ルートのどこに位置するのか?
  2. 「令和4年8月1日から‥‥(略)‥‥立ち入りはできません」について
    7月31日までは、登山制限は行われないのか?

 疑問が生じると、気になって仕方がない。損な性分である。さっそく英彦山神宮に電話で問い合わせてみた。
 回答は以下の通り。

  1. 「産霊神社」は「むすびじんじゃ」と読みます。上宮の少し下に位置するお宮です。
    「前が広場で、湧き水のあるお社(やしろ)のことですか?」と尋ねると、「そうです」との答。
  2. 「7月31日までは、(北西尾根も含め)従来通りの登山が可能です」とのこと。

 最後に「登山される方にはご迷惑をおかけしますが、ご協力をお願いします」との丁重なお言葉をいただいた。
 こちらも「大変な大工事、お疲れ様です。陰ながら応援させていただきます」と返し、電話を切った次第。

 朗報である。6月19日に歩き納めを済ませ、7月以降の英彦山登山は諦めていた(その時の記事はこちら )だけに、7月末までは山行可能とお聞きし、また英彦山の澄んだ空気を吸いたくなった。

英彦山産霊神社(出典:Wikipedia 英彦山

※ 英彦山上宮修復工事及び登山制限の詳細は、英彦山神宮にお問い合わせください。

◆ 参考情報
 英彦山神宮公式サイト
 英彦山、上宮修復工事に伴う登山制限をまもなく実施か?

-山歩き
-, ,

執筆者:


  1. […]  >英彦山登山制限の最新情報、神宮公式サイトから発表される。 […]

  2. […] ◆ 過去の英彦山の山行レポートはこちら >  初詣でを兼ねて英彦山へ  初冠雪の英彦山、今季初の霧氷に出合う  英彦山、新緑のシャワーを浴び、ケルンの谷から山頂へ  英彦山、北西尾根の紅葉を撮り歩く  英彦山、四王寺の氷瀑から厳寒の南岳へ  英彦山、ドクロ岩を訪ね白岳経由で周回  英彦山、新緑を求めて北西尾根へ  英彦山、新緑にシャクナゲが映える深い森  英彦山、三峰縦走路と北西尾根の歩き納め  英彦山登山制限の最新情報、神宮公式サイトから発表される。 […]

関連記事

『尾畠春夫 魂の生き方』(1)  始まりは由布岳への恩返しから

 平尾台でセイタカアワダチソウの駆除ボランティアをしたこともあり、通称「スーパーボランティア」の尾畠春夫さんのことが知りたくなった。

野口健氏、15歳の娘とキリマンジャロ登頂!

 昨日(2019年8月8日)朝食後に新聞を読んでいると、「15歳の娘、キリマンジャロから新たな挑戦」という文字が目に飛び込んできた。

『福智山系 徹底踏査!』、福智山マイスターからの招待状

 書店のアウトドアコーナーで平積みされていた大型本が目にとまった。書名は『福智山系徹底踏査!』、手にとって著者名を見ると挟間照生(はざま・てるお)と記されている。あの挟間さんだ!

尾畠春夫さん

『尾畠春夫 魂の生き方』(2) 存分に人生を謳歌する80歳

 昨年3月でリタイヤした小生が本書(『尾畠春夫 魂の生き方』)で最も興味を引かれたのが、尾畠さんのセカンドライフ。「やりたいことをやろう」と、65歳の誕生日に魚屋を閉店した尾畠さん。いきなりボランティア活動に専念というわけではなかったようだ。

英彦山、上宮修復工事に伴う登山制限をまもなく実施か?

 以前お世話になった登山ガイドさんからメール・マガジンをいただいた。その中に、英彦山上宮修復工事に伴う登山制限(案)の記事があった。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

もっと詳しいことが知りたい方は、こちらをどうぞ。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 323559総閲覧数:
  • 5563月別閲覧数:
  • 222870総訪問者数:
  • 1867月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930