山行記録

岩石山、春うらら「山べにゆかむ桜見に」

投稿日:

岩石山 花見登山

岩石山の紅しだれ桜

いざ子ども 山べにゆかむ 桜見に 明日ともいはば 散りもこそせめ 

 この歌、良寛(りょうかん)和尚の作だとか。
「さあ子どもたちよ、山のあたりに桜を見に行こう。明日(出かける)なんて言っていたら、(すぐに)散ってしまうよ」との意。

 3月29日のお天気は晴れ。「花見に行きたい」というカミさんの声で「山べにゆかむ」の歌を思い出したのだ。

 さて、どこに行こうか。カミさんの要望に応えつつ、山歩きも温泉も楽しめるところはないか。
 そうだ、こんな時は添田町の岩石山(がんじゃくさん・454m)に限る。

 カミさんの友人も誘い、桜、山歩き、温泉と三拍子揃った花見に出かけることにした。

※ 本稿は202年3月29日の山行記録を、4月5日にアップしたものです。

コースと活動概要

 花見がてらののんびり歩きなので、山行軌跡図も山行データもなし。備忘のため、歩いたコースだけ記載しておく。

0951 添田公園 ~ 1048 奥の院 ~ 1102 岩石山 ~ 1115 八畳岩 ~ 1130-1158 岩石山 ~ 1204 鷲越分岐 ~ 1217 鷲越登山口 ~ 舗装道出合 ~(舗装道)~ 1322 添田公園

 

写真中心の山行メモ

 カミさんの友人と小倉南区で待ち合わせし、途中の道の駅で弁当を購入。添田公園に着いたのは、午前9時45分。

岩石山 花見登山

 駐車場には満開の桜がそこここに咲き誇っている。

岩石山 花見登山

 山門を通り抜けると、

岩石山 花見登山

 朝日を浴びた桜の木々がまばゆいほどだ。平日とあって、花見客はほとんどいない。

岩石山 花見登山

 そえだジョイ横の登山口でカミさんらと分かれ、

岩石山 花見登山 そのまま誰もいない登山道をゆっくりと登っていく。

岩石山 花見登山

 見晴らしのきく展望地点で添田公園の桜を見下ろす。

岩石山 花見登山

 両側の自然林を楽しみながら進むと、

岩石山 花見登山

 舗装道と接する地点に出る。カミさんらは、公園からこの舗装道を登ってくるそうだ。
 小生は、左の登山道を進む。

岩石山 花見登山

 設置された階段を登り、

岩石山 花見登山

 鳥居をくぐると奥の院。

岩石山 花見登山

 白山宮の祠にお参りし、展望が開けた広場で一休みするとしよう。

岩石山 花見登山

 水分補給をしながら、添田町の展望を味わい

岩石山 花見登山

 休憩用のテント内をのぞいてみる。

岩石山 花見登山

 平成28年に2万回登山を達成した川崎エミ子さんを筆頭に、登山回数順にずらりと木札が並んでいる。
 2年前に訪れた時よりも満願達成者(恐らく1万回登山)が3人増えている!

岩石山 花見登山

 奥の院から10分弱で山頂、もう一頑張りだ。

岩石山 花見登山 11時2分、山頂着。

岩石山 花見登山

 展望台から英彦山は見えるかな?

岩石山 花見登山

 かすんではいるが、特徴ある英彦山の山容が確認できる。

岩石山 花見登山 ついでに、山頂下部の巨石群も見てこよう。
 獅子の横顔のような獅子岩、

岩石山 花見登山

 国見岩、梵字岩と巡り、最後は上部が畳八畳分あるとされる「八畳岩」まで足を伸ばす。

岩石山 花見登山

 腹も減ったことだし、山頂に登り返して昼食とするか。

 ランチは道の駅香春で買った幕の内弁当と豚汁(フリーズドライ)。ザック内で揺られ、おかず散乱状態だが、味も量も大満足だった。

岩石山 花見登山

 帰路は奥の院手前の分岐から左をとり、メインルートを外れて「鷲越」登山口に下る。

岩石山 花見登山

 こんな感じの下山道をしばらく進むと‥‥、

岩石山 花見登山

 鷲越登山口に突き当たる。

岩石山 花見登山

 右奥の私標からさらに下り、

岩石山 花見登山

 舗装道に出合ったら、後は道なりに下っていくだけだ。登山者の少ないこのルートを復路に選んだのは、ご覧の通り。

岩石山 花見登山

 見事に色づいた桜の乱舞を楽しみたいからだ。
 ソメイヨシノの清楚な色合いも好きだが、紅しだれ桜や山桜の濃いピンクは、華やかで春の訪れを実感させてくれる。

岩石山 花見登山

 たまらんなぁ!

岩石山 花見登山

 この辺りは全国から様々な桜を植樹した「桜の園」と呼ばれるエリア。

岩石山 花見登山

 ほとんど人影のない下山道、両側の桜を愛でながら、ぶらぶら歩きを楽しむ。何ともぜいたくな花見である。

岩石山 花見登山

 右の斜面を見上げると、ひときわ濃いピンクの桜花。何と言う種類の桜なんだろうか。

岩石山 花見登山

 花にひきつけられるように近づき、飽かず眺めシャッターを押す。独り占め状態だ。

岩石山 花見登山

 ソメイヨシノとの組合せも悪くない。

岩石山 花見登山 いいねぇ。

岩石山 花見登山

 せっかくだから、新緑も味わうことにしよう。

岩石山 花見登山

岩石山 花見登山

 不動池に立ち寄ると、

岩石山 花見登山

 紅しだれ桜を楽しむ花見客が増えてくる。

岩石山 花見登山

 足の不自由なお年寄り、実に嬉しそうに桜を眺めていらっしゃる。「人生、楽しんだ者勝ち」ですねぇ。

岩石山 花見登山

 添田公園も桜花爛漫(おうからんまん)。

岩石山 花見登山

 花を愛でる多くの人々、静かに楽しむ花見も悪くない。

岩石山 花見登山

 カミさんらと駐車場で待ち合わせ、

岩石山 花見登山

 帰りは源じいの森温泉で汗を流し、

岩石山 花見登山

 道の駅で野菜を物色して帰宅。山と桜と温泉を満喫した一日だった。

 よろしければ他の山行記事もどうぞ。50歳から山歩きを始めたシニアの山歩きレポートです。お役に立つ情報があれば幸いです。

◆ 過去の岩石山のレポートは、こちら
  >岩石山、巨岩からの展望と満開の桜

◆ 過去の山行レポートは、こちら 
  >カテゴリー「山行記録」関連記事へのリンク

-山行記録
-, , ,

執筆者:

関連記事

貫山、高校生に元気をもらい羊群原をそぞろ歩く

 明日は天気が崩れるとの予報である。何とか晴れ間が残る今日中にどこかに登っておきたい。近くで15時までに下山でき、楽しく歩ける場所はないかと考え、平尾台をぶらつくことにした。

冠ヶ岳、「阿蘇南外輪山縦走ルート」の一部をミニ縦走

 11月2日からの3連休にどこに出かけるか。紅葉の名所はどの山も混雑するだろう。山歩き、温泉、飲み会の全てが楽しめそうな場所を思案していると、「南阿蘇の展望が雄大で良かったですよ」とのB氏の言葉を思い出した。

三俣山南峰直下降ルートの容赦のなさ

三俣山、南峰直登ルートの容赦のなさ

 くじゅう連山三俣山のリンドウの花を見たくなった。ついでに、南峰から坊がつるへと至る直登ルートを下ってみることにした。結果は‥‥、へろへろ状態である。

涌蓋山頂からの展望

涌蓋山、草原歩きと360度の大展望を楽しむ

本日(9月23日)は、所属している「アタック山の会」例会山行日である。歩くのは、大分県の涌蓋山(わいたさん・1,500m)。

 くじゅう山群の西端に位置する独立峰で、日本三百名山。くじゅう連山の各ピークに登頂すると、その北西方向に円錐形の美しい姿を見せてくれるのが涌蓋山である。

石松野草園、山野草を愛する人の「秘密の花園」

 猟師岳を下山した我々は、九重森林公園スキー場から車で10分弱の石松野草園に移動した。ここは知る人ぞ知る「秘密の花園」。「自然観察に重点をおいた登山」を目標とするアタック山の会メンバーに、ぜひ紹介したいと考えたからだ。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

もっと詳しいことが知りたい方は、こちらをどうぞ。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 328378総閲覧数:
  • 3184月別閲覧数:
  • 226342総訪問者数:
  • 2409月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031