映画&ビデオ

◆お知らせ:『人生フルーツ』、北九州市で上映! 11月8日(木)、定員50名

投稿日:2018年10月4日 更新日:

人生フルーツ

 嬉しいお知らせである。

 映画『人生フルーツ』の自主上映会が、北九州市八幡西区のコムシティで開催されるとのこと。本作は既に一般公開も終了し、作品DVDも発売されていないため、作品を鑑賞できる貴重な機会となりそうだ。

 ご覧になっていない方はもちろん、既に鑑賞された方もぜひぜひ‥‥。

 詳細は、次のとおり。


 

■イベント名: 北九州ひとみらいプレイス 気ままにセミナー13
 「映画を見て暮らし方を考えよう 人生フルーツ ~家は暮らしの宝石箱~」

■主催: 北九州ひとみらいプレイス

■日時: 平成30年11月8日(木) 18:30~20:30

■場所: 八幡西生涯学習総合センター 大会議室(JR黒崎駅横コムシティ3F)

■講師: 旅するシネマ&カフェ代表 服部 祐充子 氏

■定員: 50名(先着順)

■参加費: 300円(資料・コーヒー代)

 ※詳細はこちらのチラシを >チラシ「人生フルーツ」

※ YouTubeにアップされた予告編(約2分間)

 

「映画&ビデオ」の関連記事はこちら カテゴリー「映画&ビデオ」関連記事へのリンク

-映画&ビデオ

執筆者:

関連記事

映画『グリーンブック』をもう一度見直してみた(1)

 映画「グリーンブック」を観てきた。3月11日に既に鑑賞済みなので、2度目となる。同じ映画を劇場で2度観ることは、ほとんどない。今回は疑問点や確認しておきたいことがいくつかあったため、ウォーキングがてら映画館に出かけたという次第。

映画『グリーンブック』をもう一度見直してみた(2)

「勇気は人の心を変えられる」という信念のもと、黒人差別が根強く残る南部へのツアーに踏み切ったシャーリー。果たして彼は南部白人たちの心を変えることができたのだろうか?

映画『人生フルーツ』、歳を重ねるほど人生は美しくなる (3)

 前回では、映画『人生フルーツ』の魅力として次の3点が指摘できそうだ、と述べた。1 見事で美しい「老」と「死」の実例が確かに在る。 2 「ときをためる」生き方が「老」を輝かせる。 3 夫婦円満の鍵は、「同じ方向」を向き「すき間」をつくること。
 今回は、その続きとなる。

映画『フリーソロ』、上映終了となる前に急いで劇場へ(お知らせ)

 本日は、あるドキュメンタリー映画のお知らせである。作品名は「フリーソロ」。2019年9月6日(金)に封切られたばかりの作品だ。

映画『砂の器』(3) 伝説の名子役とまれにみる名優の共演

 前回は、橋本忍と山田洋次両氏の脚本の見事さについてふれてみた。今回は秀夫役の春田和秀、千代吉役の加藤嘉の二人について、個人的な感想を述べてみたい。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 40953総閲覧数:
  • 3116月別閲覧数:
  • 29018総訪問者数:
  • 2630月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031