映画&ビデオ

映画『人生フルーツ』、歳を重ねるほど人生は美しくなる (3)

投稿日:2018年10月5日 更新日:

人生フルーツ

(出典:映画『人生フルーツ』パンフレット)

◆前回の記事はこちら >映画『人生フルーツ』、歳を重ねるほど人生は美しくなる (2)

 前回では、映画『人生フルーツ』の魅力として次の3点が指摘できそうだ、と述べた。

  1. 見事で美しい「老」と「死」の実例が確かに在る。
  2. 「ときをためる」生き方が「老」を輝かせる。
  3. 夫婦円満の鍵は、「同じ方向」を向き「すき間」をつくること。

 今回は、その続きとなる。

 

魅力2:「ときをためる」生き方が「老」を輝かせる。

ときをためる暮らし

出典:『ふたりからひとり』(つばた英子・つばたしゅういち、自然食通信社)

 「できるものから、小さく、 コツコツ。ときをためて、ゆっくり。」、これが修一氏の口ぐせ。「ときをためる」、耳慣れないこの言葉に妙に魅力を感じた。「目から鱗が落ちた」のかもしれない。

 映画『人生フルーツ』を観る前の小生にとって、時間とは未来から過去へ直線的に流れ去るものであった。その中で限られた時間を有効活用し、価値を生産することが「生きる」ことだった。流れ去る時間を追いかけることに精一杯で、時間をゆっくり「ため」て味方につけることなど考えも及ばなかったのだ。

 時間を少しずつゆっくり「ためる」という発想に立てば、歳を重ねるごとに人生は豊かになっていく。知識も、経験も、暮らしも、仕事も、思い出も‥‥、歳を重ねるごとにストックが増え、洗練され、成熟を重ね、やがて豊かな実りがもたらされる。

 むかし、ある建築家が言った。
 長く生きるほど、
 人生はより美しくなる。

 「そうか、日々の暮らしをいとおしみながら、ていねいに生きていけばいいんだ」。肩の力が抜け、気が楽になった。まもなく始まるシニア・ライフの指針が見つかったように思えたのである。

出典:『あしたも、こはるびより。』(つばた英子・つばたしゅういち、主婦と生活社)

 風が吹けば、枯葉が落ちる。
 枯葉が落ちれば、土が肥える。
 土が肥えれば、果実が実る。

 こつこつ、ゆっくり。
 人生、フルーツ。

 作品で何度か繰り返されるこのフレーズ。「ときをためる」生き方が、やがて豊潤な実りをもたらすことが暗示されている。今は亡き樹木希林さんの絶妙のナレーションと相まって、心に長く余韻を残す。

 

魅力3:夫婦円満の鍵は、「同じ方向」を向き「すき間」をつくること。

人生フルーツ

(出典:前掲『ふたりから』)

 「彼女は、僕にとって生涯で最高のガールフレンド」、本作では修一氏がこう語るシーンがある。唐突な告白(?)にドキリとし、顔が赤らむ思いだった。小生は90歳でカミさんのことをそう紹介できるだろうか。

 65年間を共に暮らしたお二人は、お互いに「です、ます」という丁寧語で話す。呼びかけるときは「お父さん」、「お母さん」、あるいは下の名前をさんづけで呼ぶ。絶妙の距離感と言ってよい。。

 英子さんは修一氏のことをたまに「しゅうたん」と呼ぶときがある。87歳の女性が夫を「~たん」と呼べるとは‥‥。

 静かに淡々といたわり合いながら暮らす老夫婦、修一氏は仲の良さの秘訣を次のように語る。

  • 「夫婦仲良しの秘訣は、ほどよいすき間があることだと思っていますから。」(出典:前掲『ふたりから』)
  • 「伝言板はね、夫婦の間にすきまをおくための工夫なんですよ。夫婦はすきまがないとダメなんですね」(出典:前掲『あしたも』)
  • 「あとね、会話をしていてすぐに返事を求めるんじゃなくて、ゆとりがあったほうが、うまくいくんですよ。長年連れ添った夫婦といえども、二人の間にちょっとの隙間ができるくらいの距離をあけてね。‥‥いい関係でいるには、やはり、気づかいは必要なことだと思いますよ。」(出典:『ききがたり ときをためる暮らし』、自然食通信社)

 一方、英子さんは夫婦のコミュニケーションについて、次のように語る。

  • 「よく、二人一緒の写真を撮ってもらっていますけど、あれは「やってください」と言われるからですよ。普段は、畑の仕事も別々。私は私の好きなことを、彼は彼の好きなことをやって、顔を合わせるのは、食事とお茶の時間くらいですよ。それで、互いに干渉しない。」(出典:前掲『ききがたり』) 

 それぞれが好きなことに取り組みながら、互いに干渉し合わないこと。ほどよいすき間をおいて「つかず、離れず、さりげなく」。親しき仲にも「気配り」あり。聞けば当たり前のことだが、これを60年以上実践してきたことがすごいと思う。

津端ご夫妻

出典:映画『人生フルーツ』パンフレット

 修一氏は英子さんとの結婚生活を回顧するにあたり、フランスの作家の言葉を引用する(前掲『ききがたり』)。

「愛とは、お互いに向き合うことではなく、共に同じ方向を見つめることである」(サン・テグジュペリ)

 どんなに仲のよい夫婦でも、互いに向き合ったままでは、些細なことでいさかいが起きる。二人で同じ方向を見つめ、同じ夢を見ることで、夫婦は「同志」にも「戦友」にもなる。サン・テグジュペリの言葉を引いた真意は、こんなところかと勘ぐってみた。

 津端ご夫妻が共に見つめる「同じ方向」とは、どんな「方向」だろうか。これは、英子さんの言葉から察することができそうだ。

  • 「ときをためるって、つないでいくということですものね。自分たちの世代より、次の世代が豊かな暮らしができるよう、つないでいかないと。」(出典:前掲『ふたりからひとり』)
  • 「‥‥次の世代がつなぎたい、守りたいと思う豊かなものを残したいなって。お金じゃなくて、時がつくり上げた、かけがえのない大切なものですから」(出典:『きのう、きょう、あした』、主婦と生活社)
  • 「残された時間、修一さんはこれからも、自分流に種を蒔いて、世の中にいろんなことを発信していくでしょう。私も畑にもっと落ち葉を入れて、豊かな土になるよう、次世代のために生きていきたいと思っています‥‥」(出典:前掲『ききがたり』)

 次の世代にかけがえのない「財産」を引き継ぐことが、老夫婦が共に見つめた「方向」と推察する。

私たちは
過去の人間から受けとったものに
私たちの精神と労働を加味して
未来の人間に渡すのです  (武者小路実篤)

 お二人の著作『高蔵寺ニュータウン夫婦物語』(ミネルヴァ書房、1997年刊)には、この一節が引用されているそうだ。

 ずっと、ぶれていないのである。

 


 

 『人生フルーツ』と津端ご夫妻について、3回にわたりあれこれと書き連ねてきた。自分でもこれほど長くなるとは、思ってもみなかった。お二人の暮らしと生き方をたどることが、自身のシニア・ライフを考えるきっかけとなったからかもしれない。

 映画『人生フルーツ』とお二人の著作は、我々が忘れかけた「本当の豊かさ」を発見する旅へいざなってくれる。

 シニアの方々、これからシニア・ライフを迎えようとされる方々に、ぜひご覧いただきたいと願う次第である。

 

「映画&ビデオ」の関連記事はこちら カテゴリー「映画&ビデオ」関連記事へのリンク

-映画&ビデオ

執筆者:


  1. […] ◆本記事の続きはこちら >映画『人生フルーツ』、歳を重ねるほど人生は美しくなる (3) […]

  2. […] 過去記事 >映画『人生フルーツ』、歳を重ねるほど人生は美しくなる (1)、(2)、(3) […]

関連記事

津端ご夫妻

お知らせ:『人生フルーツ』、北九州市で上映! 1月26日(土)より

 昨日、小倉昭和館のウエブサイトをのぞいてみると、『人生フルーツ』が期間限定(1週間)で上映予定であることを発見! 「樹木希林、名女優の軌跡をたどる特集」という企画で、『日日是好日』、『あん』と併せての上映のようである。

人生フルーツ

◆お知らせ:『人生フルーツ』、北九州市で上映! 11月8日(木)、定員50名

 嬉しいお知らせである。映画『人生フルーツ』の自主上映会が、北九州市八幡西区のコムシティで開催されるとのこと。本作は既に一般公開も終了し、作品DVDも発売されていないため、作品を鑑賞できる貴重な機会となりそうだ。
 ご覧になっていない方はもちろん、既に鑑賞された方もぜひぜひ‥‥。

映画『グリーンブック』をもう一度見直してみた(2)

「勇気は人の心を変えられる」という信念のもと、黒人差別が根強く残る南部へのツアーに踏み切ったシャーリー。果たして彼は南部白人たちの心を変えることができたのだろうか?

津端ご夫妻

映画『人生フルーツ』、歳を重ねるほど人生は美しくなる (1)

(出典:映画「人生フルーツ」パンフレット)  何とほほえましく、魅力的なご夫婦であろうか。歳を重ねた品格と内面の豊かさとが、自然ににじみ出ているような笑顔である。  このお二人は、津端修一(つばた・し …

映画『砂の器』(3) 伝説の名子役とまれにみる名優の共演

 前回は、橋本忍と山田洋次両氏の脚本の見事さについてふれてみた。今回は秀夫役の春田和秀、千代吉役の加藤嘉の二人について、個人的な感想を述べてみたい。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫2人

  • 13175総閲覧数:
  • 2218月別閲覧数:
  • 8388総訪問者数:
  • 1443月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930