あとからくる君たちへ

あとからくる君たちへ(9) 三つの幸せと「くれない」族

投稿日:2018年10月18日 更新日:

人生には「三つの幸せ」がある

 人生には「三つの幸せ」がある。これはイエローハットの創業者・鍵山秀三郎さんが、熊本県の中学校で講演された時のお話です。

 まず、一つは「してもらう」幸せ。赤ちゃんがお母さんからお乳を飲ませてもらう。病気で寝込んでいる時に、家族に看病してもらう。誕生日にプレゼントをいただく。人は赤ん坊の時から、何かを「してもらう」と嬉しい。

 次は「できるようになる」幸せ。箸で食べられるようになる。自転車に乗れるようになる。鉄棒ができる。跳び箱を跳べる。今までできなかったことが「できるようになる」幸せがある。

 三番目は「してあげる」幸せ。この三番目が一番価値が大きい。お父さんお母さんに何かをやってあげる。友達に何かしてあげる。そうするとお父さんやお母さんが喜ぶ。友達が喜ぶ。人が喜んだ姿、喜んだ顔を見たときに、自分が幸せになる。これがもっとも大事な幸せと言える。

(出典:鍵山秀三郎『あとからくる君たちへ伝えたいこと』、講演内容を筆者要約)

 「自分は子供だし、お金もないので『してあげる』ことなんてできないよ」なんて思っていませんか。そんなことはありません。

 たとえば「肩たたき券」をプレゼントして、お母さんの肩をたたいてあげる。履き物が散らかっていたら、ちょっと揃えておく。友だちと会ったら、笑顔で接してあげる。お金がなくても、子供でもいくらでも「してあげる」ことはできますね。

 一番不幸なのは「くれない族」。「まわりが、○○してくれない」とぼやいたり、嘆いたりすることが口ぐせになっている人たちのこと。

 誕生日やクリスマス、母の日のプレゼントに「おてつだい券」はどうですか? みんなが幸せになれますよ。

(平成27年12月「こもれびだより 10号」掲載記事を加除修正したもの)

 

追記

人生をよくする「三つの幸せ」

 この[三つの幸せ」のエピソードも、よく知られた話である。『あとからくる君たちへ伝えたいこと』で鍵山秀三郎氏が述べているように、もともとは高橋佳子氏が提唱された話ということだ。

 高橋氏は、「三つの幸せ」を「もらう心」「できる心」「あげる心」という言葉で説明されている(高橋佳子『運命の逆転』、三宝出版社)。

鍵山秀三郎

中学生に講話する鍵山秀三郎氏(出典:熊本市立熊谷東中学校公式サイト

 三つの幸せとは、言葉を換えれば「愛される」幸せ、「成長する」幸せ、「他者の役に立ち、感謝される」幸せとも表現できる。掲載記事には紹介できなかったが、氏は三番目の幸せについて次のように続けている。

 この三番目の幸せを感じるようになると、どんどん人生はよくなっていきます。

 どうしてよくなっていくかというと、この「(して)あげる」幸せのできる人の周りには、非常に善良な、「人のいい」人たちが集まってきて、そのいい人たちと人生を送ることができるようになるからです。

(出典:前掲書)

 

仏教の「無財の七施(ななせ)」

仏教 僧侶

 「肩たたき」という言葉は中高年サラリーマンをドキリとさせるが、わが子や孫から贈られる「肩たたき券」は嬉しいものだろう。

 聞くところによると、肩たたき券は母の日、父の日、敬老の日で贈られる定番のプレゼントだそうだ。提唱者は誰なのか、定かではないようだ。小生は、仏教の「無財の七施(ななせ)」の精神が根底にあるのではないかと、勝手に推測している。

 「無財の七施」とは、財産の無い者、教える智恵や能力のない者でもできる七つの施(ほどこ)しのこと。施しとは「恵み与えること」なので、「してあげる幸せ」と同義といってよい。具体的には次の七つの行いをさしているそうだ。

  1. 眼施(げんせ): やさしい眼差(まなざ)しで人に接する
  2. 和顔悦色施(わげんえつじきせ): にこやかな顔で接する
  3. 言辞施(ごんじせ): やさしい言葉で接する
  4. 身施(しんせ): 自分の身体でできることを奉仕する
  5. 心施(しんせ): 他のために心をくばる
  6. 床座施(しょうざせ): 席や場所を譲る
  7. 房舎施(ぼうじゃせ): 自分の家を提供する

(出典:「天台宗一隅を照らす運動」公式サイト

 なるほど、これならいつでも、どこでも、誰でも実践できる。金や物がなくても、周囲の人々に喜びを与えていくことで、自己を磨き、高め、安らぎと幸せの境地にいたる「行」だとか。

 

孫への誕生日プレゼント、手作りギフト券はどうだろう?

サッカー 少年

 ところで、上の孫が来月(11月)5歳の誕生日を迎える。実は、何をプレゼントしてやろうかと思案中なのだ。「肩たたき券」にならって、ためしに次のようなギフト券はどうだろうか?

  • 「お食事券」:家族みんなで食事に出かけられるギフト券
  • 「スイーツ券」:食べたいスイーツ(お菓子)を買ってもらえる。
  • 「ガチャ券」:1枚で1回ガチャ(ハンドルを回すとカプセル入りのおもちゃがでてくる販売機)を利用できるギフト券
  • 「読み聞かせ券」:1枚につき10分間読み聞かせをしてもらえるギフト券。図書券又は本と一緒に複数枚贈ってやる。
  • 「お出かけ券」:遊園地、水族館、映画、遊戯施設等、行きたい場所に家族みんなでお出かけできるギフト券。
  • 「プール券」:これは確定。来年夏に流れるプールに連れて行ってあげる予約券。

 ポイントは、お仕着せではなく、孫にある程度の選択権があること。何を(食べるか)、どれを選ぶか、どこに行くか、いつ使うかが選択「できる」。「してもらう」幸せに「できる」幸せが加わるので、楽しみがいや増すのではあるまいか。息子夫婦と相談せねばなるまい。

 幼少期に「してもらう幸せ=愛される喜び」を心ゆくまで堪能しておいてほしい。 

 

◆本シリーズの次の記事はこちら >あとからくる君たちへ(10) おもしろきこともなき世を 

◆本シリーズの他の記事はこちら シリーズ「あとからくる君たちへ」関連記事へのリンク

-あとからくる君たちへ
-, ,

執筆者:


  1. […] 本シリーズの次の記事はこちら >あとからくる君たちへ(9) 三つの幸せと「くれない」族 […]

  2. […] ※ 関連記事はこちら >あとからくる君たちへ(9) 三つの幸せと「くれない」族 […]

関連記事

弁当

あとからくる君たちへ(7) 自分で弁当を作る子どもたち

 このお弁当、おいしそうですね。小学5年生の児童が自分だけで作ったものだそうです。きっかけは、学校で「弁当の日」プロジェクトが始まったから。献立作り、買い出し、調理、弁当詰め、片づけまで、全部、やるのは子ども自身。先生も親も手伝わないで、自分だけで作った特製弁当です。

あとからくる君たちへ(14) ジグソーパズル、立ち止まって考え込むより‥‥

 朝起きる、学校に行く、授業を受ける、友だちと過ごす、部活動をする、帰宅してご飯を食べて眠る。毎日同じことの繰り返し‥‥。
「この生活に何の意味があるんだろう」と考えたことはありませんか?

あとからくる君たちへ(21) 花かげの花守りたち

来年の桜の頃に、ぜひ訪れたい場所があります。それは福岡市南区の「桧原(ひばる)桜公園」。桜の名所であると同時に、多くの花守りたちの物語が語り継がれてきた場所です。今回は、その「桧原桜の花守りたち」のエピソードを紹介したいと思います。

レンガ積み職人

あとからくる君たちへ (2) 三人のレンガ積み職人

  「あなたは何をしているのですか?」 三人の職人に尋ねてみたら‥‥ 三人のレンガ積み職人の話、イソップ寓話の一つだとか。こんなお話です。  ある時、ある場所でのこと。三人のレンガ積み職人が …

あとからくる君たちへ(20) 元号に込められた先人の志と未来への希望

 今日は平成31年(2019年)4月30日。十数時間後に御代代(みよが)わりが行われ、5月1日午前0時より新天皇がご即位され、元号は「令和」と改められます。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫2人

  • 15209総閲覧数:
  • 1558月別閲覧数:
  • 9714総訪問者数:
  • 1036月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031