シニアライフ

謹賀新年

投稿日:2019年1月1日 更新日:

 明けましておめでとうございます。

 平成最後となる年が明けました。

 昨年はブログ「シニアを生きる」をお読みいただき、ありがとうございました。

 65歳でリタイヤした老人が、訳も分からず始めたブログですが、何とか7ヶ月続けることができました。

シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫

というのがコンセプトなのですが、脱線することも多く、自戒することしきりの年でした。

 おまけに生来の遅筆ゆえ、年越しを余儀なくされたシリーズ記事も数本‥‥。不慣れな素人ブロガーゆえと、気長にお待ちいただければ幸甚の至りです。

 ところで、小生がいつも拝見している「一日の王」という人気ブログがあります。

 その12月26日の記事「松原惇子『母の老い方観察記録』‥‥元気で老いるための7か条‥‥」で、次のような言葉が紹介されていました。

「65歳を過ぎれば、あとは死ぬだけなのだから、楽しく暮らさないと損だ。」
「65歳以上の人には後悔している時間はない。」

 まもなく66歳を迎える小生としては、ドキリとするのが半分、「我が意を得たり」と膝を打つ思いが半分というところでしょうか。

 今年も「楽しく元気に」暮らし、「後悔」しないように、次の世代へのバトンパスを続けていくつもりです。

 理屈っぽくて地味なブログですが、今年もおつき合いのほど、よろしくお願いいたします。

 それでは、よいお年をお迎えください。

2019年 元旦
ブログ管理人・がしん

 

-シニアライフ
-,

執筆者:

関連記事

11日ぶりのブログ更新、とかくに人の世は住みにくい。

 11日ぶりのブログ更新である。書きたいことは色々とあったのだが、書く時間と心理的余裕がなかったのだ。理由は、これを作成していたから。

「京都・醍醐寺」展を見に太宰府へ

 1月29日より九州国立博物館で「京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-」展が開催されている。たまたまバス・ツアーに参加する機会があり、出かけてきた。太宰府天満宮のしだれ梅が満開で、思いがけない目の保養をすることができた。

シロヒガンバナ

白野江植物公園は、秋の花に彩られていた

 本日(9月21日)は、北九州市門司区の「北九州市立白野江植物公園」を訪れる日である。目的は、「自然治癒力を高める基本の生活(寝かせ玄米試食会)」講座に参加するため。小生でも、時には「生涯学習」にいそしむこともあるのだ。

孫たちと楽しい夏休みを堪能してきました。

 いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
 連日のように「危険な暑さ」が続いています。皆様には猛暑お見舞い申し上げます。

「秋のバラフェア」2021、バラを愛で、戸外で遊ぶ子らに心踊る秋の日

「バラの花が見たい」とカミさんが言う。どうやら若松区のグリーンパークで、恒例の「秋のバラフェア」が始まったようである。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

もっと詳しいことが知りたい方は、こちらをどうぞ。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 170341総閲覧数:
  • 4336月別閲覧数:
  • 115426総訪問者数:
  • 3434月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031