あとからくる君たちへ

あとからくる君たちへ(18) 努力の成果を計算してみたら‥‥

投稿日:2019年3月25日 更新日:

努力の天才、イチロー選手が引退

(出典:「完璧としか言いようがない、イチロー選手の引退劇」/ニューズウィーク日本版
Darren Yamashita-USA TODAY Sports/REUTERS)

 3月21日、シアトル・マリナーズのイチロー外野手(以下「イチロー」と記載)が、東京ドームで行われた開幕第2戦を最後に現役引退しました。

 「後悔なんてあろうはずがない」と語った引退記者会見での言葉が、その見事な野球人生を端的に表現しています。

 「努力の天才」と言われたイチロー。小さな努力を継続する大切さを、次のように語っています。

夢を掴むことというのは一気には出来ません。
小さなことを積み重ねることで
いつの日か信じられないような力を
出せるようになっていきます。

(出典:『イチロー 262のメッセージ』(『夢をつかむイチロー262のメッセージ』編集委員会、ぴあ)

 ところで、今日は「小さなことを積み重ねること」がどんなに凄いことか、電卓で計算してみることにしましょうか。

 

「小さなコトを積み重ねる」とどうなるか、計算してみよう

1日に1%の成長を続けると、1年後はどうなるか?

電卓

 あなたの現在の能力を「1」とし、毎日1%ずつ成長していくと仮定してみます。これを365日続けると1年後にはどうなっているか、計算してみようというのです。

 次のように計算していけば、答がでますね。

  • 今日の能力:1
     ↓ 1%成長(1×1.01=1.01)
  • 明日(1日後)の能力:1.01
     ↓ 1%改善(1.01×1.01=1.020)
  • 明後日(2日後)の能力:1.020
     ↓ 1%改善(1.020×1.01=1.030)
  • ‥‥

※ 小数点4位を四捨五入、以下同じ

 試しに10日後にはどうなっているか、電卓を叩いてみましょう。「1.01」を10回かければいいですね。電卓には「1.10462212‥‥」という数字が並びます。10日間で能力が約1.1倍になったわけです。

 それでは365日後ではどうなるか。あなたが高校生なら数学の累乗(べき乗)計算だな、と察しがつくと思います。「1.01」の365乗です。あなたが小・中学生なら、次の計算専門サイトで数値を入力し、確認してみてください。

※ 「べき乗・累乗」/ke!san 生活や実務に役立つ計算サイト

 1日1%の改善や成長を1年間続けた成果は「37.783」、37.783倍(!)に成長したということです。

 では、1日0.1%の成長だとどうなるでしょう。0.1%は千分の1、きわめてわずかな値にすぎません。それでも365日後には「1.440」倍。44%の能力アップです。

逆に、1%のマイナス成長を続けると‥‥

 逆に、毎日1%のマイナス成長(サボり、後退、退化)を続けていけば、どうなっていくでしょう。

  • 今日の能力:1
     ↓ 1%退化(1×0.99=0.99)
  • 明日(1日後)の能力:0.99
     ↓ 1%退化(0.09×0.99=0.980)
  • 明後日(2日後)の能力:0.980
     ↓ 1%退化(0.980×0.99=0.970)
  • ‥‥ 

 10日後の結果は、電卓で「0.99」を10回かけて出します。答は「0.904‥‥」、10日間サボり続ければ、能力は0.9倍と10%ダウン。365日後では「0.026」、信じられないような数値です。

 今挙げたのはあくまで計算上の話で、実際にはこの数字のとおりにはなりません。人間の肉体や能力には生物的な限界があるし、危険な状態になれば生命維持機能が働くからです。

 それでも「小さなことを積み重ねることで、いつの日か信じられないような力を出せるように」なるというイチローの言葉は、何となく実感できると思います。

 

まず夢中になれるものを見つけることから始まる

 小さな努力を継続するには具体的な「目標」が必要、「目標」を設定するためには目ざすべき「夢」が必要になります。 

 イチローは、引退会見で子どもたちへのメッセージを求められると「自分が熱中できるもの、夢中になれるものを見つけてほしい」と即答しています。

「自分が熱中できるもの、夢中になれるものを見つけられれば、それに向かってエネルギーを注げるので、そういうものを早く見つけてほしい。
それが見つけられれば、自分の前に立ちはだかる壁に向かっていける、向かうことができると思う。
いろいろなことにトライして、自分が向くか向かないかよりも、自分が好きなものを見つけてほしい」

 引退後のイチローが次にどんな夢を抱き、どんな目標に向かって努力を重ねていくのか、私にはそれがとても楽しみです。

 

追記

 本稿のテーマである「1日1%の成長を続けるとどうなるか」は、啓発研修等でよく紹介される話題である。楽天の三木谷社長が発信源だと耳にしたことがあるが、確認はしていない。

 人間の肉体や能力には限界があるので、計算結果をそのまま鵜呑みにはできない。しかし、100分の1、1000分の1の努力を積み上げていくと、とてつもない数値になる凄さは、客観的な数字だからこそ説得力を持つ。

 努力という目に見えないものを、電卓を叩いて「見える」化する例として、かなり有益なネタだと思う。

 もし時間の余裕があれば、今から43年前の1976年、2人の若者(スティーブ・ジョブズ、スティーブ・ウォズニアック)がわずかな資金で創立したアップル社のエピソードを語ってやるのも効果がありそうだ。

 常に挑戦を続け、成長を続けた同社は、2018年10月現在で従業員数13万人超、株価総額1兆100億ドル(約112兆円、時価)に成長している。2019年の日本の国家予算(一般会計)が101兆4564億円であることを考えても、成長を続けることの凄さがよく分かると思う。 

 イチローについてもっと知りたいという声が上がれば、『イチローの流儀』(小西慶三、新潮文庫)がおすすめかも。(現在、amazonでは一時的に在庫切れの状態らしい)。

『イチローの流儀』

 

-あとからくる君たちへ
-, , , ,

執筆者:


  1. […] ◆本シリーズの次の記事はこちら >あとからくる君たちへ(18) 努力の成果を計算してみたら‥‥ […]

関連記事

あとからくる君たちへ(50) 日の丸に込められた日本の心

 今日は7月9日、東京オリンピックの開会式まであと2週間足らず。ちょうどよい機会です。私たちの国、日本の国旗について少し考えてみませんか。

あとからくる君たちへ(25) 清掃のプロをめざして~心で磨く、心を磨く~

2013年から6年間で5回、「世界一清潔な空港」に選ばれた栄誉を持つ羽田空港。その最大の功労者の一人が新津春子さん。今回は彼女の紹介をすることにします。

あとから来る君たちへ(36) 「コロナ・チャンス」、できることに目を向ける

「地下鉄の駅の改札口を出た所、そこで待ち合わせようか。」
「分かった、午前10時だね。」

あとからくる君たちへ(17) 「大きくなったらJリーグの選手に‥‥」なれない時は

 私には2人の孫がいます。2人とも男の子で、上の孫は5歳、下の孫は1歳です。上の孫はサッカーが大好き。そのうち「大きくなったらサッカー選手になって、Jリーグで活躍したい」なんて言い出すことでしょう。

あとからくる君たちへ(41) リスクある選択、何が自分を支えてくれるか?

 今日は2020年12月4日。あのはやぶさ2が地球から3億4千万キロ離れた小惑星「リュウグウ」の探査を終え、7年ぶりに私たちのもとに戻ってきつつあります。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

もっと詳しいことが知りたい方は、こちらをどうぞ。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 132427総閲覧数:
  • 2548月別閲覧数:
  • 86306総訪問者数:
  • 1918月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031