山歩き 映画&ビデオ

映画『フリーソロ』、上映終了となる前に急いで劇場へ(お知らせ)

投稿日:2019年9月9日 更新日:

 本日は、あるドキュメンタリー映画のお知らせである。

 作品名は『フリーソロ』。2019年9月6日(金)に封切られたばかりの作品だ。まずは、次の予告編(2分27秒)をご覧いただきたい。

 エル・キャピタン、カリフォルニア州ヨセミテ国立公園にある花崗岩の一枚岩。高さ975mのほぼ垂直にちかい断崖絶壁である。1958年に初登頂され、それ以後も多くのクライマーがこの壁に挑戦し続けてきた。

エル・キャピタン

 2017年6月3日、アレックス・オノルドという若者が、このエル・キャピタンの壁を「フリーソロ(命綱なしの素手による単独登攀)」で登りきることに挑み、成功した。

 本作はその挑戦する姿を1年以上にわたり追った、貴重な記録である。

アレックス・オノルド出典:映画『フリーソロ』公式サイト

 封切り日に鑑賞しすっかり心を奪われた小生、本作品のレポートを書き始めたのだが、日々の雑事に追われまだ書き終えていない。

 鑑賞レポートではなく、このような「お知らせ」という形でアップするのは理由がある。本作が地味な作品なので観客動員数が伸びず、1週間で上映終了となる可能性を憂慮したからだ(小生の独断と個人的な見立てである)。

 何せ福岡県内の上映館はわずか3館(九州全域で8館)のみ、小生が鑑賞した時は観客6名という状態。作品自体はアカデミー賞を始め、数々のドキュメンタリー関連の賞を総なめにしている傑作なのだが‥‥。

 少しでも多くの山好きの方、ドキュメンタリー映画愛好家にご覧いただきたいと考え、取り急ぎ「お知らせ」の形で紹介することにした。

 幸い、ブログ「一日の王」のタクさんが熱のこもった紹介記事(「映画『フリーソロ』‥‥完璧なアレックスを完璧に捉えた傑作ドキュメンタリー‥‥」を公開されている。そちらもご覧になった上で、一人でも多くの方に足を運んでいただけたらと願っている。

 心臓を鷲づかみにされる映像と、無心で極限に挑む崇高さ、クライマーたちの友情‥‥。あなたの心は、きっと素晴らしい感動に満たされることと思う。

フリーソロ出典:映画『フリーソロ』公式サイト

※ 『フリーソロ』のサイトはこちら >映画『フリーソロ』公式サイト 
  サイト内に上映館の紹介もあり。

※ 次はアレックス・オノルドのフリーソロの映像(フリーソロというスポーツの凄さとアレックスのスキルの高さに圧倒される)

-山歩き, 映画&ビデオ
-, ,

執筆者:

関連記事

映画『砂の器』(2) 「原作を超えた」見事なシナリオ

 映画『砂の器』の原作は松本清張の同名小説。文庫本で2冊、合わせて800ページを超える長編である。30代前半に映画で大きな感動を受けた小生は、さっそく原作を手にとってみた。

映画『風の電話』

映画『風の電話』(2) ~鎮魂と再生に至る旅~

 思うところあって、もう一度映画『風の電話』を見たいと考えるようになった。今回は改めて『風の電話』を視聴した感想である。

『福智山系 徹底踏査!』、福智山マイスターからの招待状

 書店のアウトドアコーナーで平積みされていた大型本が目にとまった。書名は『福智山系徹底踏査!』、手にとって著者名を見ると挟間照生(はざま・てるお)と記されている。あの挟間さんだ!

映画『グリーンブック』をもう一度見直してみた(2)

「勇気は人の心を変えられる」という信念のもと、黒人差別が根強く残る南部へのツアーに踏み切ったシャーリー。果たして彼は南部白人たちの心を変えることができたのだろうか?

お知らせ:『砂の器』、北九州市で上映! 12月8日(土)より

2018年は松本清張記念館の開館20周年にあたるらしい。記念事業の一環として『砂の器』の上映が決まっているようだ。まだご覧になっていない方はもちろん、この機会にもう一度という方もぜひぜひ‥‥。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

もっと詳しいことが知りたい方は、こちらをどうぞ。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 119968総閲覧数:
  • 4559月別閲覧数:
  • 78205総訪問者数:
  • 2919月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031