山行記録

両子山(ふたごさん)、干支(えと)登山は滑って転んで泥だらけ‥‥

投稿日:

国東半島衛星画像大分県国東半島の衛星写真。半島の中心部に位置するのが両子山(出典:Wikipedeia)

 所属するアタック山の会の1月例会登山は、今年の干支(えと)にちなんだ干支登山。ネズミの名前がつく山が日帰り圏内に見つからないので、「子」の字が入った両子山(ふたごさん、721m。大分県国東半島の最高峰)に登ることになった。

※ 本稿は2020年1月26の山行記録を、1月28日にアップしたものです。

コースと活動概要

◆コース及び活動概要
※ 山行軌跡図はYAMAPによるもの。両子山、山行軌跡図

09:24 両子寺駐車場(登山者用)~ 10:04 走水観音 ~ 10:07 走水分岐 ~(国東半島峯道ロングトレイルコース)~ 10:25 林道出合 ~(林道)~  10:43 両子尾根入口 ~ 11:20 600mピーク ~ 11:30-11:45 トンガリ山~ 12:04-12:48 両子山(721m)~ 鬼の背割り~針の耳~奥の院~ 14:28-14:35 両子寺~ 14:49 両子寺駐車場

参加メンバー:10名(アタック山の会)

活動時間 5時間24分(行動時間4時間24分、休憩時間59分)
活動距離 6.7km
累積標高 上り/下り 555m/555m
消費カロリー 2,743kcal

 

両子寺から「国東半島峯道ロングトレイル」道をたどる

両子寺

 この日は未明まで雨が残り、空はどんよりと淀んでいた。小雨に降られることを覚悟して東九州自動車道を宇佐ICを目指す。7時に北九州を出発し、8時前には宇佐IC付近の「まほろば菟狭(うさ)物産館」に到着。ここでトイレを済ませ、弁当を購入し、雨に備えて屋根のある休憩所で登山靴の着用まで済ませる。

 両子寺横の登山者用駐車場に車を止め、出発したのが9時20分頃。今日は、両子寺から取り付くのではなく、「走水分岐~国東半島峯道ロングトレイルコース~両子山~両子寺」という周回コースを巡る山行である。

 舗装道をゆっくり走水分岐へ進んでいく。そこここで話に花が咲き、いつものとおりの和やかな山行である。

両子山

 走水観音の「霊水」で喉を潤し、ロングトレイル道に足を踏み入れる。ルートは標識がよく整備されており、迷う心配はない。

両子山

 しばらくは林立する杉木立を両側に見ながら、林道出合いをめざす。

両子山

 なかなか立派な杉木立、よく枝打ちされている。

両子山

 林道に出合い、右折して林道歩きとなる。

両子山

 林道を20分ほど歩くと、「両子尾根入口」の標識が表れ、これを左前方に進む。ここから「600mピーク~トンガリ山~両子山」へと続く尾根道歩きがスタートする。

両子山

 ここまで緩やかな傾斜の道をのんびり歩いてきたが、ここから先はアップダウンが続く。まずは、600mピークを目指して登る、登る‥‥。

両子山

 こんな気持ちのよい台地もあるが‥‥。

両子山

 やはり、基本は登り。息が上がり、汗がにじんでくる。

両子山

 600mピーク到着、視界は全く利かない。

両子山

 次のピーク、トンガリ山目指してさらに登る。

両子山

 トンガリ山(670m)着。次のピークは、両子山北峰。

両子山

 登りがあれば下りもある。両子山までもう少し。

両子山

 両子山頂が近づくと、いきなり舗装道路に出合う。どうやら山頂までは車で行けるようだ。どうも登山をしているという実感が湧いてこない。興ざめである。

両子山

 両子山頂にはマイクロウェーブのアンテナが立ち、展望台も設置されていた。国東半島最高峰からの360度のパノラマを楽しみにしていたが、ガスに覆われ展望は皆無。まぁ雨に遭わなかっただけでもよしとしよう。

両子山

 

下りの急降下の登山道で滑って転んで‥‥

 両子山頂を出発したのが12時50分頃。南東部に伸びる尾根道を下って行く。自然林に覆われたゆるやかな傾斜の道で、立ちこめた霧が幻想的な雰囲気だ。

両子山

 「白い霧の中、落葉を踏んで歩くのも悪くないな。」
 「これはこれで味がある風景ですね。」 
 などと、のんびり話をしながら歩を進める。

 このまま穏やかな下りが続くだろうと、楽勝を決め込んだのがいけなかった。
 やがて、ずっと下まで虎ロープが張られた地点に来ると、傾斜はぐっと急になる。

両子山

 今朝まで降り続いた雨でぬかるんだ泥に足をとられ、滑ること、滑ること‥‥。何人もの踏み跡が重なっているため、どこに足を置いても不安定なことこの上ない。

両子山 そのうち、そこここで足を滑らして尻餅をつく声が聞こえ始める。小生も2~3度尻餅をつき、大笑いをしているうちに、なかなか楽しい気分になってきた。

 Y氏いわく、「ハックルベリーフィンの冒険ですね」と。「転んで泥だらけになってもいいや」と腹を決めると、童心に返ったような心で難路を楽しもうという気分になる。

 

両子寺で仏の里の風物に触れる

 虎ロープのお世話にならなくてもよくなると、「鬼の背割れ」に出合う。岩が大きく縦に割れているのがどうして「鬼の背割れ」と呼ばれるのか不明である。

両子山

 帰宅してネットで調べると、「両子寺で鬼と呼ばれた千徳坊という僧が、岩壁を背中で割って進めるようにした」のが由来らしい。

 次は「針の耳」。針の穴に糸を通すごとく通りづらい場所というのが由来か?

両子山

針の耳。鎖を伝って降りていく。

両子山

針の耳を下から見上げたところ。

 この辺りから石仏がそこここに表れ、「仏の里」の雰囲気が味わえる。

両子山

 両子寺奥ノ院、子授けのお寺らしい。

両子寺の奥ノ院。子授けの寺として名高いとか。

両子寺の奥ノ院。子授けの寺として名高いとか。

 暖冬のせいか、この山深い里でも、蝋梅(ろうばい)がほころび始めている。驚いたのは、しゃくなげの狂い咲き。

 春はすぐそこまで来ているかのようだ。

蝋梅

蝋梅(ろうばい)。カメラのピントが合っていないなぁ。

しゃくなげの花

しゃくなげの狂い咲き。1月に咲く花は初めて見た。

梅の花

開花まじかの紅梅。かすんだような紅色が愛らしい。

 

◆「山行記録」の関連記事はこちら >カテゴリー「山行記録」関連記事へのリンク 

-山行記録
-, , , ,

執筆者:

関連記事

扇ヶ鼻・久住山、赤川登山口から周回山行 (2)

 扇ヶ鼻山頂には数名の登山者が腰を下ろし、思い思いに展望を楽しんでいる。ここは360度の大パノラマが楽しめるビューポイント。我々もザックを下ろし、ランチを楽しむことにした。

犬ヶ岳、新緑に染まる登山道をたっぷりと歩く

 好天に誘われ、新緑に染まった山をたっぷりと歩きたくなった。山友のB氏から「現地集合、現地解散で『密接』を避けて歩きませんか」、とのお誘いがかかる。

錦繍のくじゅう連山を歩く(1) 燃える三俣山

 くじゅう連山の定番紅葉スポットは、三俣山お鉢巡りと大船山御池(みいけ)。この2座を1泊2日で歩くことにした。絶好の秋晴れに恵まれ、息をのむ錦繍(きんしゅう)の彩りを堪能することができた。

古処山奥ノ院ルート

古処山(こしょさん)奥ノ院ルートを初めて歩く

 毎月第4日曜日は、所属している山の会の例会山行日である。今日(8月26日)歩くのは、古処山の奥ノ院ルート。小生はまだ足を踏み入れていないルートなので、興味津々というところである。 目次1 本日のお題 …

鞍岳・ツームシ山、阿蘇五岳の雄姿を楽しむ縦走路

 7月28日は所属する「アタック山の会」の定例山行日である。本来は阿蘇に登る予定だったが、噴火レベル2で火口から半径1kmは立入禁止と聞き、急きょ阿蘇外輪山の鞍岳・ツームシ山に変更となった。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 56856総閲覧数:
  • 367月別閲覧数:
  • 40949総訪問者数:
  • 234月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2020年6月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930