山行記録

扇ヶ鼻~星生山、驚愕の人出を避けマイナールートで紅葉散策 (1)

投稿日:2020年11月2日 更新日:

肥前ヶ城の南西懸崖を埋め尽くす紅葉

肥前ヶ城の南西大絶壁を赤く染め上げる紅葉

 10日以上もブログを更新していない。居住するパールマンション(仮称)の大規模修繕工事、その資料作成や業者との折衝に追われ、ブログを書くゆとりがなかったのだ。とは言え何とか時間をやりくりし、恒例の紅葉山行には出かけてきた。今回はそのレポートである。

 発表のタイミングを逸した感はあるが、自身の備忘禄としてアップしておきたい。

※ 本稿は2020年10月24日の山行記録を、11月2日にアップしたものです。

コースと活動概要 

◆コース及び活動概要
※ 山行軌跡図はYAMAPによるもの。山行軌跡図(扇ヶ鼻、星生山)

07:35 自由の森駐車場 ~ 07:42 瀬の本登山口 ~ 09:33-09:51 扇ヶ鼻 ~ 10:53-11:47 星生山 ~ 12:59-13:09 扇ヶ鼻 ~ 13:38-13:50 岩井川岳 ~ 14:54 瀬の本登山口 ~ 15:01 駐車場

参加メンバー:3名(B氏、N氏、がしん)

活動時間(含む休憩時間) 7時間26分(行動時間:5時間47分、休憩時間1時間38分)
活動距離 12.1km
累積標高上り/下り 982m/984m
カロリー 3,621kcal

 

紅葉のピーク、どこに駐車場を確保するか

紅葉

登山道を覆う紅葉が鮮やかだ

 毎年10月20日前後の週末は、山仲間と紅葉山行に出かけるのが恒例となっている。今年も10月24日、25日の両日にくじゅうに出かけることにした。

 くじゅう連山が紅葉のピークを迎えるこの時期、押し寄せる登山者の数は半端ではなく、駐車場を探して右往左往するのは避けたい。1週間前、吉部登山口を埋め尽くす車を見聞した(その時の記事はこちら)身としては、確実に駐車でき、静かな山行が期待できそうなルートはないかと頭をひねっていた。

 既に三俣山の大鍋・小鍋、大船山・御池がピークを終えたこの時期は、黒岳か、星生山の南西斜面、肥前ヶ城西部の懸崖、そして噂に聞く扇ヶ鼻の南斜面、これらが見ごろを迎えているはずだ。

 駐車場が確保でき、できるだけ多くの紅葉スポットを楽しめるコースをということで、今回は瀬の本登山口から扇ヶ鼻を経て、星生山をめざすルートを選択することにした。

瀬の本登山口駐車場

瀬の本の自由の森駐車場。予想通り楽に駐車できた。

 午前4時30分に北九州市を出発。長者原着が7時頃。当然のように駐車場はびっしりと車で埋め尽くされている。大曲に近づくにつれ路肩駐車の車が並び、登山口をめざす人々の姿が目につく。

 牧の戸登山口に近づくと、路肩の少しでも駐車可能なスペースは車で埋まっている。ちなみに岩井川岳で出合ったご婦人方は、「午前4時過ぎなら、何とか駐めることができました」とのこと。いったい何時に自宅を出たのだろうか。

 牧の戸峠からさらに10分ほど熊本県側に下った瀬の本登山口駐車場は、予想通り先着の車が7~8台だけ。静かでのんびりした雰囲気は、いささか拍子抜けするほどだった。

※ この駐車場にはトイレは設置されていないので、要注意!

 

瀬の本登山口から扇ヶ鼻へ

 瀬の本登山口は、駐車場から牧の戸方面に向け5分ほど戻った所の、右手にある未舗装林道がその入口となる。

瀬の本登山口

 登山口には「危険箇所あり」の掲示はあるが、通行禁止の指示は出されていない。

瀬の本登山口

瀬の本登山口

 未舗装林道を30分ほど進むと、道標がないY字の分岐が現れる。右に続く林道を進みそうになるが、左前方に進む山道を選択する。ピンクのテープが目印である。

瀬の本登山道分岐

Y字分岐のピンク色テープ。ここから林道を離れ、左の登山道に入る。

 分岐を過ぎて約10分で急登に変わり、汗が滴り落ちてくる。

扇ヶ鼻登山道

 気がつくと、いつの間にか周囲はアセビの森に変わっている。これほど大きなアセビの木はあまり見たことがない。ふかふかの落葉を踏みしめ、さらに歩を進めていく。

扇ヶ鼻登山道のアセビのトンネル

 アセビの森を抜けると、道はゆるやかになってくる。この頃からガスが発生し、周囲の眺望はほとんど利かなくなる。

扇ヶ鼻登山道

 「あっ、ミヤマキリシマ!」と叫ぶB氏の指さす先を見ると、季節外れのピンクの花が数輪。この南斜面、よほど日当たりがいいのだろう。

扇ヶ鼻登山道のミヤマキリシマ

 ガスで視界は利かないが、足元には鮮やかな紅葉のじゅうたん。

登山道の紅葉

 見上げると、見事な彩りの木々がそこここに‥‥。

扇ヶ鼻の紅葉

 「天気さえ回復してくれたら、最高なんだがねぇ」と、何度もつぶやきながら山頂をめざす。

扇ヶ鼻登山道

 あれが扇ヶ鼻の山頂だろうか? 吹き付ける風が強く、体温が急激に低下してくる。動くのを止めると、すぐに凍えてしまいそうだ。

ガスに覆われた扇ヶ鼻山頂

 午前9時33分、扇ヶ鼻山頂着。登山口から約2時間かかったことになる。

 山頂は数名の登山者がいるのみ。阿蘇五岳や祖母・傾の大展望を期待していたのだが、ただただ茫洋とした真っ白な空間が広がるのみ。

扇ヶ鼻山頂

 山頂にじっとしていると凍結(?)してしまいそうになる。まずは本日の第一紅葉ポイント、星生山南西斜面をめざすことにしよう。扇ヶ鼻分岐が近づくにつれ、次第にガスが切れ始め、鮮やかに染まった錦繍の絶景が見え隠れし始める。
 「いいぞ、いいぞ。」思わず、喜びにあふれた声が出てくる。

星生山北西斜面の紅葉

ガスが切れ始め、姿を現した星生山北西斜面の紅葉。

 

◆ 本記事の続きは、こちら >扇ヶ鼻~星生山、驚愕の人出を避けマイナールートで紅葉散策 (2)

よろしければ他の山行記事もどうぞ。50歳から山歩きを始めたシニアの体験記です。
お役に立つ情報があれば幸いです。
◆ 過去の山行レポートは、こちら カテゴリー「山行記録」関連記事へのリンク

 

-山行記録
-, , , , ,

執筆者:


  1. […] ※ 前回の山行レポートはこちら >扇ヶ鼻~星生山、驚愕の人出を避けマイナールートで紅葉散策 (1) […]

関連記事

扇ヶ鼻・久住山、赤川登山口から周回山行 (1)

「11月中旬頃、どこかにテント泊に行きませんか?」というお誘いをS氏からいただいた。あれこれ候補を絞った結果、来年の下見山行を兼ねくじゅう南面ルートを歩くこととなった。

くじゅうの黒岳で「陽だまりハイク」を楽しむ

 山友のS氏から「どこか行きませんか」とのリクエストを受けていた。今年は紅葉の時期が早く、すでにピークは1,000m以下の山に移っている。くじゅう黒岳山ろくの男池周辺ならまだ紅葉が残っているだろうと考え、出かけることにした。

由布岳の紅葉を静かに味わう

 グループ山行が続くと、ぶらぶら一人歩きがしたくなる。由布岳の山ろくあたりはまだ紅葉が残っているはずだ。紅葉シーズンさなかの賑わいの中、静かな山行を楽しむための作戦を立てることにした。

猟師山、「森の貴婦人」オオヤマレンゲに会いに行く。

 いつも拝見しているサイト「ようこそ九重連山」の6月16日付記事で、猟師山のオオヤマレンゲが紹介されていた。花のピークは後数日のようである。その清楚で上品な画像を見ているうちに、無性に会いたくなってきた。

四国遠征から帰って来ました!

 新天皇陛下即位で奉祝ムード一杯の 5/1~5/5 の5日間、四国の剣山(徳島県)、西赤石山(愛媛県)、石鎚山(愛媛県)の3座に登り、昨日帰宅しました。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 72654総閲覧数:
  • 2192月別閲覧数:
  • 51116総訪問者数:
  • 1547月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30