山行記録

岳滅鬼山、万緑の峰入り古道を歩く

投稿日:2022年5月20日 更新日:

岳滅鬼山(がくめきさん)新緑から万緑に移ろう木々が美しい

 S氏のリクエストで、英彦山系の岳滅鬼山(がくめきさん、1036m)を歩くことになった。この山、1、2度登ったことがあるはずなのに、どんな山だったか余り覚えていない。なぜだろうか。

 岳滅鬼山は、福岡県添田町と大分県日田市の境界を成す山。山伏が春の峰入り修行の折、英彦山から宝満山へと歩く途中の山である。

 何はともあれ、晴天の平日ということもあり、静かな山行が楽しめるだろうと期待して出かけたのだ。

※ 本稿は2022年5月17日の山行記録を、5月20日にアップしたものです。

コースと活動概要

◆コース及び活動概要
※ 山行軌跡図(略)
  YAMAP無料会員の地図ダウンロード制限のため、山行軌跡図は省略します。

0819 英彦山大権現登山者用駐車場 ~ 0852  汐井川渡渉地点 ~ 0917 黒岩山分岐 ~ 0936 大南林道分岐 ~ 1014 岳滅鬼峠 ~ 1108 岳滅鬼岳山頂 ~ 1130-1202  岳滅鬼山山頂 ~ 分岐 ~(迷走)~ 大南林道 ~ 大権現分岐 ~ 黒岩山分岐 ~ 汐井川渡渉地点 ~ 1612 英彦山大権現駐車場

※ 下山途中で1時間以上迷走(笑)したため、岳滅鬼山頂から先は参考になりません。
※ 参加メンバー:2名(S氏、がしん)

 

写真中心の山行メモ

 午前8時、英彦山大権現神社の登山者用駐車場に到着。平日とあって、誰一人登山者はいない。

岳滅鬼山(がくめきさん)

 8時19分、駐車場を出発。英彦山大権現から先は、車両通行止めの林道を進んでいく。

岳滅鬼山(がくめきさん)

 15分ほど歩くと、汐井川の渡渉地点に出合う。道の右側に設置された、薄汚れた赤テープと「黒岩山登山口」の私標が目印。

岳滅鬼山(がくめきさん)

 渡りやすい場所を適当に探して渡渉。

岳滅鬼山(がくめきさん)

 手入れの行き届いた杉林が両側に続く。木洩れ日がまぶしいほどだ。

岳滅鬼山(がくめきさん)

 黒岩山分岐を過ぎ、

岳滅鬼山(がくめきさん)

 周囲が杉林から広葉樹林に変わると、新緑から万緑に移ろう森の美しさが際立つ。

岳滅鬼山(がくめきさん)

 この空の蒼さもどうだ。

岳滅鬼山(がくめきさん)

 9時36分、大南林道に出合う。

岳滅鬼山(がくめきさん)

 左に300mほど進むと、岳滅鬼山登山口。

岳滅鬼山(がくめきさん)

 森が明るくなると、峠は近い。

岳滅鬼山(がくめきさん)

 10時14分。駐車場から約2時間で、岳滅鬼峠(940m)に到着。

岳滅鬼山(がくめきさん) この峠は、江戸時代には日田からの英彦山参りの主要なルートであり、豊前の国への最短経路でもあったとか。
「従是北豊前小倉領(是より北 豊前小倉領)」と刻まれた石柱が今も残る。

岳滅鬼山(がくめきさん)

 ここから先は、万緑に包まれた稜線歩きが待っている。

岳滅鬼山(がくめきさん)

 岳滅鬼山まで3つの小ピークを越えなければならない。もちろんスリルあふれる岩場歩きも楽しめる。

岳滅鬼山(がくめきさん)

 このハシゴを越えると、第1ピークだ。

岳滅鬼山(がくめきさん)

 第1ピークからの展望。岩の向こうは切れ落ちている。

岳滅鬼山(がくめきさん) 登ったら降りる。

岳滅鬼山(がくめきさん)

 また登る。これを3回繰り返す。

岳滅鬼山(がくめきさん)

 岩尾根歩きが好きな人にはたまらんコースだろう。

岳滅鬼山(がくめきさん)

 このハシゴを越えると、第3ピーク(岳滅鬼嶽・がくめきだけ)である。

岳滅鬼山(がくめきさん)

 岳滅鬼嶽から岳滅鬼山への登山道は、岩場の緊張がほぐれるゆるやかな登り。

岳滅鬼山(がくめきさん)

 11時8分、岳滅鬼山頂着。駐車場から3時間かかった。

岳滅鬼山(がくめきさん)

 振り返ると、岳滅鬼嶽(第3ピーク)が見える。

岳滅鬼山(がくめきさん) さあ、飯にしよう。今日は自分で作ったシャケ弁当だ。

岳滅鬼山(がくめきさん)

自分で作ったシャケ弁当(自宅で撮影)

 12時2分、山頂を出発。予定では往路をそのままもどるはずだったが、調子に乗ってそのまま縦走路を先に進んだのがいけなかった。 

岳滅鬼山(がくめきさん)

 釈迦ヶ岳方面へしばらく進み、ほとんど人が歩かないような下山道を降りてしまった。

 ここから1時間超に及ぶ迷走(笑)が始まるのだが、この話題にはふれないでおこう。地図とGPSソフトの有り難さを再確認した1時間であった。

 迷走の末に何とか大南林道にたどり着き、英彦山大権現の駐車場に着いたのが16時12分。

 さて、どこで汗を流そうか。しゃくなげ荘は完全に取り壊され、跡形もない。
 一度立ち寄ってみたいと思っていた「そえだジョイ」(添田町)に行ってみよう。

岳滅鬼山(がくめきさん)

 そえだジョイ 4F の展望風呂は温泉ではないが、湯船も広く人も少ない。おまけに入浴料は350円(町外者料金)とリーズナブル。
 ただし、石けん、シャンプー、タオルは持参する必要あり。

岳滅鬼山(がくめきさん)

 

おまけ ~岳滅鬼山の記憶があいまいな理由は~

 ところで、岳滅鬼山の記憶が余りないのはなぜかという疑問である。

 今日歩いたルートは、杉の植林地、沢沿いの道、林道、広葉樹林に岩尾根と、変化に富む登山道でたっぷりと楽しめた。記憶に残らない訳がない。

 帰宅して山行記録を調べてみると、これまでに2回登っている。具体的には、2008年(55歳)と2010年(57歳)だ。そのいずれもが岳滅鬼山を経由しての長距離縦走であった。

 たとえば、初めて登頂した55歳の時は、英彦山大権現から岳滅鬼山を経由し、釈迦ヶ岳、大日岳を経て小石原行者堂までの歩きだった。

岳滅鬼山(がくめきさん)2008年4月の縦走コース(出典:鈴鹿の風に吹き飛ばされて・九州に!

 当時の小生にとって、岳滅鬼山は単なる通過点という認識だったのかも。だから、格別記憶に残っていなかったのだろう。

 しかし、あのアップダウンが続く峰入り古道を10時間歩き、翌日は仕事に出かけていたのだから、当時は体力・気力が充実していたんだなぁ。

 それに比べて今日の自分は‥‥、と心身の老いをつくづく思い知らされた晩酌となった。飲み干すビールが少し苦かったのは言うまでもない。

 よろしければ他の山行記事もどうぞ。50歳から山歩きを始めたシニアの山歩きレポートです。お役に立つ情報があれば幸いです。

◆ 過去の山行レポートは、こちら 
  >カテゴリー「山行記録」関連記事へのリンク

-山行記録
-, , ,

執筆者:

関連記事

大船山、赤く染まる御池(おいけ)に酔う

 毎年10月20日前後の週末は、山友とくじゅう紅葉観賞山行に出かけることにしている。狙いすました大船山頂の紅葉は、極上の輝きだった。

岩石山の紅しだれ桜

岩石山、春うらら「山べにゆかむ桜見に」

 「花見に行きたい」というカミさんの声を聞き、山歩きも温泉も楽しめるところはないかと思案を巡らす。そうだ、こんな時は添田町の岩石山に限る。

大崩山の大岩峰に立つ (2) 大展望と恐怖の坊主尾根

 九州最後の秘境と言われる大崩(おおくえ)山系、その大岩峰と紅葉を楽しもうと宮崎までやってきた。本稿は前回に続き、大崩山の山行レポートである。

右田ヶ岳、花崗岩をまとった低山を歩く

 新年度がスタートして早や2週間余り。人事異動に伴う新しい職場環境や、年度当初の業務立ち上げ等でお疲れのことだろうと、お察しする次第。こんな時は外に出かけて汗をかき、展望のよい場所でまったりするに限る。久しぶりに山口県防府市の右田ヶ岳(426m)で気分転換とストレス解消に出かけることにした。

岩井川岳・扇ヶ鼻、ミヤマキリシマの開花はまだ先だった

 くじゅう連山の扇ヶ鼻(1,698m)、そろそろミヤマキリシマが咲いている頃ではと思い、S氏と出かけてきた。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

もっと詳しいことが知りたい方は、こちらをどうぞ。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 220555総閲覧数:
  • 931月別閲覧数:
  • 150629総訪問者数:
  • 713月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031