山行記録

初夏の大船山、足慣らしを兼ね大展望を味わう

投稿日:2020年6月26日 更新日:

大船山の山頂標識

※ 本稿は2020年6月23日の山行記録を、6月26日にアップしたものです。

 2020年6月19日、北九州市民に対する不用不急の外出自粛要請が解除された。同時に全国でも他県への移動制限が解除されることになった。

 翌20日(土)、21日(日)は所用もあったため、23日(火)にくじゅう連山の大船山(1786m)へ出かけることにした。

コースと活動概要 

◆コース及び活動概要
※ 山行軌跡図はYAMAPによるもの。山行軌跡図(大船山)

05:50 長者原 ~ 07:23-07:41 雨ヶ池 ~ 08:17-08:24 坊がつる ~ 10:10 段原 ~ 10:19-11:06 大船山 ~ 12:26-12:36 坊がつる ~ 13:18 雨ヶ池 ~ 14:45 長者原

参加メンバー:単独行

活動時間(含む休憩時間) 8時間56分(行動時間7時間22分、休憩時間1時間34分)
活動距離 15.6km
累積標高上り/下り 1122m/1121m
カロリー 4,313kcal

 

長者原から坊がつるへ

長者原

 この画像は、6月23日午前6時頃の長者原駐車場の風景である。

 前日夕刻に飯田高原某所に到着。車内で一晩を過ごし、5時出発の予定だったが不覚にも二度寝してしまい、6時前の出発となった。標高1,000mの長者原登山口の気温は、20度を切る涼しさだ。

 今回は、数ヶ月ぶりにくじゅう連山の展望を楽しみ、併せて少し長めの山歩きでなまった足を慣らしておこうというプラン。

 小生の足で、長者原から雨ヶ池経由で坊がつるまで約2時間、坊がつるから大船山頂まで約2時間。片道4時間、往復8時間前後のピストン山行となる。連れもいない一人歩きなので、好きなペースでのんびりと歩くとしよう。

長者原自然研究路

長者原自然研究路への分岐

 長者原からスガモリ越へ至る舗装道をしばらく進むと、「長者原自然研究路」への分岐が表れる。木道が奥まで続く気持ちのよい遊歩道である。今日はここから雨ヶ池をめざすことにする。

長者原自然研究路

 木道が終わると、よく整備された遊歩道が続く。早朝の空気が爽やかで、足取りも自然と軽くなってくる。

タデ原湿原

 タデ原湿原奥の雨ヶ池コース取付点に到着。鮮やかなアザミが出迎えてくれた。

アザミ

 雨ヶ池への緩やかな登山道をのんびり歩いていく。平日の早朝ということもあって、登山者の姿は見当たらない。

くじゅう

 木々の間から木洩れ日が差し込み、野鳥の声と自分の足音以外何も聞こえない。いいぞ、いいぞ。今日は静かな山歩きをたっぷりと楽しむとしよう。

 7時23分、出発から約90分で草台地が開け、雨ヶ池越に到着。湿原保護のために設置された木道が続いている。 雨ヶ池越の木道

 朝食抜きで出発したため、腹がへってきた。木陰のベンチにザックを降ろし、昨夕買ったかしわ飯のおにぎりをほおばる。握り飯2つとたくわん2切れの朝食だったが、これが実に美味かった。

くじゅう

 木々の緑の彩りも濃く変わっている。緑に覆われた登山道を森林浴気分でしばらく下ると、前方に広々とした空間が現れる。坊がつるだ!

坊がつる湿原 前方にこれから登る大船山が見えている。

坊がつる湿原 前方にこれから登る大船山が堂々と控えている。

 数ヶ月ぶりの坊がつるだ。いつ来ても登山者を迎え入れてくれる、そんなくじゅうの山々が懐かしい。

中岳と天狗ヶ城の双耳峰

中岳と天狗ヶ城の双耳峰

白口岳

白口岳

 鳴子川を渡り、坊がつる野営場に進んでいくと、テントが数張り。アザミの花に止まった蝶が、羽根であいさつを送ってくれる。

アザミと蝶

 予定通り、坊がつるまで約2時間。ここまでは鼻唄気分で歩いてきたが、これから先は本格的な登山道となる。この数ヶ月間は「ご近所登山」ばかりで、5時間以上歩くことがなかったので、少しばかり不安である。

 

山頂からの大展望に暑さと疲れを忘れる

 坊がつるから大船山頂までは、結構苦労しての登りとなった。坊がつるまでの疲労もあってか、足も体も重く、呼吸も荒くなっている。お手軽な山ばかり登っているうちに、体力が衰えているのがよく分かる。

 前方から軽い足取りで下ってくるランナーの姿が目に入る。道を譲った小生の横をあっという間に駆け下りていく。

大船山のトレイルランナー

 トレランシューズでぬかるみとゴロ石の登山路を駆け下りるバランス感覚は凄い!  

 段原に着いたときにはさすがに疲れ果て、座り込んでしまった。目指す大船山の頂が遠くに感じられる。

段原から仰ぐ大船山

 岩場が続く最後の急坂を登り切り、10時19分に山頂着。腰に手を当て、荒い呼吸をととのえながら雄大な展望に目をやる。

大船山頂標識

 白口岳、稲星山、久住山、中岳、天狗ヶ城、星生山、三俣山、1700m級のくじゅう連山主峰群が眼前に広がる大展望だ。気宇壮大な気分が心を満たす。

大船山頂からの展望

 右に目をやると、米窪の向こうに北大船山へ連なる稜線が続く。

大船山頂から望む米窪と三俣山大船山頂から望む米窪と三俣山(左奥) 

 いくら見ても見飽きない展望に心を奪われ、気がつけば50分近くもぼんやりと見入っていた。

 下山は、来た道をピストンで帰るだけ。途中で昨年建て直された避難小屋をのぞいてみることにした。

大船山避難小屋

 トイレはなかったが、中は一段高い処に板敷きの休憩場所が設けられ、清潔な小屋に生まれ変わっていた。

大船山避難小屋 段原に向かう途中で発見したオオヤマレンゲのつぼみ。ひっそりと開花を待つ姿は可憐である。

オオヤマレンゲのつぼみ

 こちらは、雨ヶ池から坊がつるへ至る途中で咲いていたオオヤマレンゲ。甘い香りに誘われ、お客さんがおいでのようだ。

オオヤマレンゲ

 肝心の「足慣らし」はと言えば、坊がつるまでは何とかもってくれた脚力だが、そこから長者原へと至る復路は悲惨であった。重い足を引きずりながら、何とか長者原に辿り着いた時は、頑張った両足をほめてやりたい気分になった。

 温泉は花山酔が休業中だったので、やまなみ牧場の温泉館で露天風呂に入浴。いつものように冷たい牛乳を飲み干し、帰路につく。北九州まで3時間30分、くれぐれも安全運転で帰ることにしよう。

 まだ何とかくじゅうに通える気力と体力に感謝!

「山行記録」の関連記事はこちら カテゴリー「山行記録」関連記事へのリンク

-山行記録
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

四国遠征レポート(5) 霊峰石鎚山、西日本最高地点に立つ

 四国遠征4日目、絶好の晴天に恵まれ石鎚山の天狗岳をめざす。西日本最高地点に立った達成感は、なかなかのものだった。

四国遠征山行レポート(2) 剣山登山口の見ノ越に向かう

 5月1日。四国遠征初日は、剣山登山口の見ノ越までの移動日だ。今回は高速道路の渋滞を避け、四国までフェリーで渡ることにした。

仰烏帽子山、春を告げる福寿草に会う (2)

 山行最後の締めは福寿草である。群生地に続く岩場を下っていくと、人だかりが見える。どうも福寿草を撮影している登山者たちのようだ。目をこらしてよく見ると、あちらにもこちらにも黄金色の福寿草がそろい咲きである。

福智山

福智山で初山行の思い出がよみがえる

 本日(10月12日)は、トレーニングがてら福智山(ふくちさん・901m)を一人歩きすることにした。明後日に英彦山を歩く予定なので、足慣らしも兼ねてのぶらぶら歩きである。福智山頂直下の「福智平」で、山歩きを始めたばかりの50歳の時(15年前)の記憶がよみがえってきた。

右田ヶ岳、花崗岩をまとった低山を歩く

 新年度がスタートして早や2週間余り。人事異動に伴う新しい職場環境や、年度当初の業務立ち上げ等でお疲れのことだろうと、お察しする次第。こんな時は外に出かけて汗をかき、展望のよい場所でまったりするに限る。久しぶりに山口県防府市の右田ヶ岳(426m)で気分転換とストレス解消に出かけることにした。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 65810総閲覧数:
  • 1513月別閲覧数:
  • 46056総訪問者数:
  • 1000月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930