山行記録

初詣でを兼ねて英彦山へ

投稿日:2019年1月6日 更新日:

英彦山

中津宮で深々と拝礼するS氏

※ 本稿は2019年1月5日の山行記録を、1月6日にアップしたものです。

 今年の登り初めは、初詣でがてら英彦山(ひこさん・1199m)とした。あわよくば雪景色が楽しめるかと思ったが、あいにく予報は雨のち晴れ。山友らと新年のあいさつを済ませ、小雨降る中を総勢4名で英彦山に向かった。

 

今回のお題とコース

 今回の山行のお題は

  1. 2019年の「登り初め」と次週のくじゅう山行の「足慣らし」。
  2. 英彦山神宮に参拝し、開運招福を祈願する。

◆コース

別所駐車場~奉弊殿~(正面登山道)~中岳~(北西尾根ルート)~英彦山野営場~別所駐車場 

 

立ちこめる霧の中、中岳山頂をめざす

 実は、年末の旅行の準備や旅行中にたまった雑事の後始末で、ずっと山とはご無沙汰であった。昨年最後に出かけた山は、11月26日の鷹巣山(たかのすやま)だから、約40日ぶりの山行となる。おまけに正月の「食っちゃ寝」生活と運動不足のため、体重も超過気味。果たして登れるだろうか、という一抹の不安を抱えての山行となった。

 別所駐車場着が9:00頃。既に準備を終え出発しようとするグループが1組いるだけで、他に登山者は見られない。まだ小雨が残っているため、ゆっくり準備をしながら、雨が上がるのを待つ。

 9:30頃、出発。奉弊殿まで続く表参道の石段をゆっくり登っていく。雨に濡れた石畳の風情が何とも言えない。ゆっくりと歩を進め、山の空気を胸一杯に吸い込む。

英彦山
 奉弊殿では登山者は数名、他は初詣での一般参拝客が昇殿を待っていた。

 雨も降り止んだところで、まずは参拝。日本国の弥栄(いやさか)と家族の「無病息災、家内安全、開運招福」を祈る。四字熟語を使うと、短時間でたくさんのお願い事ができるので、楽である。

英彦山 奉弊殿

奉弊殿

 年の初めとあってか、同行諸氏も念入りに拝礼している。低頭したまま、長い間願掛けをしているB氏。

英彦山 奉弊殿

 さて、肝心の登山だが、登山者も少なく先行者が1名のみ。静かな山行が楽しめそうだ。

英彦山

 標高が上がるにつれ、登山道は霧に覆われ始め、周囲の視界がさだかではない。寒さはさほどでもないが、湿度が高く快適とはいえない。汗をかかないようにゆっくり歩く。

英彦山

 のんびり会話を楽しんだり、こんなお遊びも交えながらののんびり歩きである。

英彦山

 途中、大きな倒木を何本も見かける。昨年の台風の被害だろうか。

英彦山

 最後の登りを越えると、中岳山頂の上津宮まですぐである。

英彦山

 11時32分、無事に上宮に到着。何とか山頂まで登れてほっとする。覆屋(おおいや)の引き戸を開け、屋内に入ってここでも参拝、霧は未だ晴れる気配はない。

英彦山

 

 

中岳山頂~北西尾根ルート

 山頂下の休憩所で昼食とした。温度計を見ると気温は0度。かなり冷え込んできた。おまけに風が吹き抜けるので、体感温度は多分マイナスの世界である。

 急いでお湯を沸かし、カップ麺、おにぎり、パン等の昼食を手早く終え、早々に出発。北西尾根ルートで下山しようということになった。

 北西尾根ルートは、自然林の中をぬって歩く気持ちのよい道で、小生の好みの道なのだ。今回、要所々々の立ち木にナンバー標識が設置されていることに気づいた。標高を下げるにつれ数字が小さくなり、14番までは確認できた。何のためのナンバー標識だろうか?

英彦山 北西尾根ルート

 気持ちの良い尾根歩きを楽しみながら、軽快に歩いていく。雨による泥濘で足をとられ、尻餅をついた御仁もいらっしゃたようだ。

英彦山 北西尾根ルート

 英彦山野営場着が13時10分、九州自然歩道を歩いて別所駐車場着が13時30分頃。40日ぶりの山歩きを終え、いつも通り気持ちのよい汗をかくことができた。

 温泉は、気分転換を兼ねて赤村「源じいの森」温泉へ。広々とした湯船にどっぷりと浸かって汗を流す。今日も楽しい一日を過ごすことができた。有り難い、有り難い。

 

「山行記録」の関連記事はこちら カテゴリー「山行記録」関連記事へのリンク

-山行記録
-,

執筆者:

関連記事

立中山で草を背にする

坊がつるでテント泊‥‥酷暑の中、三俣山南峰直登ルートに挑む (3)

※ 本稿は2018年7月16日の山行記録を、8月2日にアップしたものです。 立中山(たっちゅうさん)へ朝駆け、高校生に元気をもらう この写真、立中山頂で、草を背にまどろむ同行者2名である。 くじゅうテ …

涌蓋山頂からの展望

涌蓋山、草原歩きと360度の大展望を楽しむ

本日(9月23日)は、所属している「アタック山の会」例会山行日である。歩くのは、大分県の涌蓋山(わいたさん・1,500m)。

 くじゅう山群の西端に位置する独立峰で、日本三百名山。くじゅう連山の各ピークに登頂すると、その北西方向に円錐形の美しい姿を見せてくれるのが涌蓋山である。

錦繍のくじゅう連山を歩く(1) 燃える三俣山

 くじゅう連山の定番紅葉スポットは、三俣山お鉢巡りと大船山御池(みいけ)。この2座を1泊2日で歩くことにした。絶好の秋晴れに恵まれ、息をのむ錦繍(きんしゅう)の彩りを堪能することができた。

くじゅうの黒岳で「陽だまりハイク」を楽しむ

 山友のS氏から「どこか行きませんか」とのリクエストを受けていた。今年は紅葉の時期が早く、すでにピークは1,000m以下の山に移っている。くじゅう黒岳山ろくの男池周辺ならまだ紅葉が残っているだろうと考え、出かけることにした。

くじゅうの冬、霧氷と凍結した御池を味わう

 厳冬期くじゅう山行の二日目は、雪と霧氷、凍結した御池の氷渡りを楽しもうと、牧ノ戸峠~御池(往復)という定番コースを歩くことにした。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫2人

  • 3739総閲覧数:
  • 1782月別閲覧数:
  • 2253総訪問者数:
  • 976月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031