山行記録

競秀峰&古羅漢探勝道、切れ落ちた鎖場を歩く (1)

投稿日:2023年11月27日 更新日:

耶馬溪 競秀峰大分県・耶馬溪競秀峰(出典:日本遺産 やばけい遊覧 公式サイト

 11月19日は所属するアタック山の会の臨時山行の日。出かけるのは大分県耶馬溪の「競秀峰(きょうしゅうほう)」と「古羅漢(ふるらかん)探勝道」。どちらにも少し危険な鎖場を通過する箇所がある。

※ 本稿は2023年11月19日の山行記録を、11月27日にアップしたものです。

コースと活動概要

◆コース及び活動概要
※ 山岳ガイド内田修市氏が提供されている競秀峰の登山地図

競秀峰めぐり地図作成:内田修市、出典:山旅クラブ

0821 青の洞門駐車場 ~ 0833 競秀峰めぐり洞門橋登山口 ~ 1009 陣の岩 ~ 1040 弘法寺登山口 ~(九州自然歩道)~ 1115 法岸寺登山口 ~(古羅漢探勝道)~ 1155-1235 天人橋(昼食)~ 羅漢寺登山口~ 1347 青の洞門駐車場

※ 参加メンバー:9人(アタック山の会メンバー)

活動時間(休憩時間) 5時間27分(54分)
活動距離 9.3km
累積標高上り/下り 684m/682m
 カロリー 1,513kcal

 

写真中心の山行メモ

 午前7時に北九州発。青の洞門駐車場着が8時10分頃。駐車場から見上げると、期待した紅葉はまだまだの模様。

 駐車場で安全確保のためにスワミベルト(簡易ハーネス)とセルフビレイコード(以下「ビレイコード」という。)を着用し、青の洞門へ歩を進める。

スワミベルト(簡易ハーネス)

 気の早いメンバー数名は早くもヘルメットをかぶり、やる気満々のオーラが漂う。この姿で観光地を歩くのはちと恥ずかしい小生は、山中で着用することにした。

耶馬溪 競秀峰

 洞門橋近くの登山口から取り付く。

耶馬溪 競秀峰

 よく整備された登山道をゆっくり登っていく。コース前半は特に危険な場所もなく、おしゃべりを楽しみながらの登りだ。

耶馬溪 競秀峰

 「三の峰」展望所からの眺め。本コースは、随所で耶馬溪の眺望を楽しめる展望所が用意されている。

耶馬溪 競秀峰

 小さなアップダウンを繰り返しながら、少しずつ高度を稼いでいき、

耶馬溪 競秀峰

 こんな岩場を越え、

耶馬溪 競秀峰

 「陣の岩まで550m」の道標が目に入ると、

耶馬溪 競秀峰

 本格的な鎖場が‥‥。ここから「陣の岩」までは全員ヘルメットを着用し、ビレイコードを使った鎖場歩行の実地練習を行う。

耶馬溪 競秀峰

 鎖にカラビナをかけ、安全を確保した鎖場通過練習開始だ。

耶馬溪 競秀峰

 鎖の支点でカラビナを掛け替えながら移動していく。

耶馬溪 競秀峰

 足元が切れ落ちている箇所はスリル満点だが、ビレイコードによる安心感もあってか、新入会員も冷静に対応している。

耶馬溪 競秀峰

 次の画像が最も注意が必要な場所。崖にへばりつくようにして回り込む鎖場だ。

耶馬溪 競秀峰

 足場が狭い上に、重心を低くして岩を回り込むような不安定な姿勢を強いられる。

耶馬溪 競秀峰

 ビレイコードがなければ、足が震え、冷や汗が流れているかも。ヘルメットがゴツンと岩に当たる音がそこここで聞こえてくる。

耶馬溪 競秀峰

 鎖場のトラバースを終え、最後の岩場をよじ登ると展望の開けた「陣の岩」。時間は10時9分、取り付きから約50分。鎖場の緊張の後に眼前に広がる展望に、思わず歓声が上がる。

耶馬溪 競秀峰

 眼下に広がる山国川の流れと耶馬溪の里山風景。あと1週間もすれば岩峰が紅葉に彩られ、何とも美しいことだろう。

耶馬溪 競秀峰

 屏風を立て並べたような奇岩群が約1kmに渡り連なる競秀峰。

耶馬溪 競秀峰

 実はこの競秀峰。明治時代に売りに出されていたのだとか。ふるさとの文化と景観を守る会が作成した『競秀峰パンフレット』には次のように記されていた。

 福澤諭吉が護った故郷の景観

 1894年に故郷中津を訪れた「福澤諭吉」は、競秀峰が売却されることを耳にし「心ない物(ママ、「者」の誤植か)の手に渡ると景観を損ねてしまう」と3年の月日をかけ、私財を投じて競秀峰一帯を買収し保護しました。これは日本における、自然保護・環境保全のための「ナショナルトラスト」運動の先駆けと言われています。

 他で見つけた資料には「(諭吉は)名を表に出さずに3年がかりで約13,000㎡の土地を買収、ふるさとの美しい景色を守りました」とある。やはり1万円札に肖像画が印刷される方は違うなぁ。

 陣の岩の展望をたっぷりと楽しむと、後は下るのみ。

耶馬溪 競秀峰

 頭上に覆いかぶさるように迫る岩をよけつつ進み、

耶馬溪 競秀峰

 弘法寺登山口に着いたのが10時40分、約70分の山旅だった。「面白かったねぇ」という声も聞こえ、少し嬉しくなる。

耶馬溪 競秀峰

弘法寺(ぐほうじ)

 弘法寺から左をとり、九州自然歩道を歩いて「古羅漢探勝道」へと向かう。小春日和のような穏やかな陽光に包まれ、静かで落ち着いた集落を縫うように続くどこか懐かしい道‥‥。いやされるなぁ。

耶馬溪 競秀峰

 途中、道の駅「耶馬トピア」でトイレ休憩し、その後も川沿いに続く自然歩道をのんびりと歩く。昨年訪れた時は高速道路の工事のため通行禁止だったが、現在は歩行者のみ通行可能のようだ。

耶馬溪 競秀峰

 次の画像は、道路工事により通行禁止となっていた部分。

耶馬溪 競秀峰

 途中、素晴らしい銀杏の黄葉に遭遇し、しばし見とれてしまった。

耶馬溪 競秀峰 次の目的地「古羅漢探勝道」まであと少しである。

※ 本稿の続きはこちら >競秀峰&古羅漢探勝道、切れ落ちた鎖場を歩く (2)

 

 よろしければ他の山行記事もどうぞ。50歳から山歩きを始めたシニアの山歩きレポートです。お役に立つ情報があれば幸いです。

◆ 過去の山行レポートは、こちら カテゴリー「山行記録」関連記事へのリンク

◆ 競秀峰・古羅漢探勝道の過去の山行レポートは、こちら >
耶馬溪トレッキング、競秀峰と古羅漢探勝道を歩く (1)
耶馬溪トレッキング、競秀峰と古羅漢探勝道を歩く (2)

-山行記録
-, ,

執筆者:

関連記事

錦繍のくじゅう連山を歩く(1) 燃える三俣山

 くじゅう連山の定番紅葉スポットは、三俣山お鉢巡りと大船山御池(みいけ)。この2座を1泊2日で歩くことにした。絶好の秋晴れに恵まれ、息をのむ錦繍(きんしゅう)の彩りを堪能することができた。

猪群山に干支登山、車をデポし周回コースを歩く

 所属している「アタック山の会」の1月定例山行は、恒例の干支(えと)登山。今年は亥年(いどし)なので、大分県豊後高田市の猪群山(いのむれやま・458m)に登った。

黒岳 くじゅう連山

黒岳、長時間の雨中山行でずぶ濡れとなる。

 8月24日は所属する「アタック山の会」の定例山行日。今月はくじゅう連山の黒岳(高塚山)登頂後に山ろくを周回し、黒嶽荘宿泊というお泊まり山行の予定だった。しかし降り続く雨に打たれ、途中撤退を余儀なくされてしまった。

晩秋の三俣山、のんびりとお鉢巡りを楽しむ

 11月5日(金)、外をのぞくと秋晴れの晴天、こんな日の山歩きは楽しいに決まっている。今日は三俣山の紅葉をゆったりと楽しむとしよう。

初冠雪の英彦山、今季初の霧氷に出合う

 雑事に追われ、この3週間ほど山にはご無沙汰である。少し長めの山歩きで体に活を入れる必要があろうと、「裏英彦山ルート+三峰縦走」という老人には自虐的な(?)山行に出かけることにした。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

もっと詳しいことが知りたい方は、こちらをどうぞ。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 323548総閲覧数:
  • 5552月別閲覧数:
  • 222866総訪問者数:
  • 1863月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930