食べる

シニアの家めし (6) ~自分でランチを作ってみた~

投稿日:2018年8月6日 更新日:

7月30日(月) もちのお好み焼き

もちのお好み焼き

冷凍庫に残った正月のもちが気になっていた。こいつを消費すべく、お好み焼きを作ってみた。
餅を小さく切りレンジで温めた後、お好み焼きの種の代わりにして具(豚肉、キャベツ、シーフード等)と一緒に焼く。なかなかイケる味だった。

7月31日(火) チキンライス

チャーハン

冷凍ごはんと冷凍食材(鶏肉と玉ねぎみじんぎりを炒めたもの)を使ったチキンライス。昨日に続き、冷凍庫の在庫整理を兼ねたランチである。

8月1日(水) ざるうどん

ざるうどん

夏の定番、ざるうどん。冷蔵庫の桃が傷み始めていたので、これを「使いきる」べくデザートに添える。

※ 8月2日(木) 外食

8月3日(金) ちゃんちゃん丼(?)

チャンチャン丼

勝手に「ちゃんちゃん丼」と名付けた一品。
冷蔵庫の鮭のちゃんちゃん焼きの残りが気になるので、これで丼を作ろうというカミさんの提案。野菜、しめじ、水を加え、とろみをつけて卵でとじればよい、とのこと。
要は、残り物を丼の具にしてしまおうというケチケチ作戦である。

よく分からないので、言われるがままに野菜を切り、カミさんのアシスタントに徹する。見かけはよくないが、いろいろな味が混在してうまかった。

※ 8月4日(土) 図書館併設のカフェで「季節のランチ」なるものを食す。

8月5日(日) 日田風(?)焼きそば

日田風焼そば

冷蔵庫のモヤシが傷みそうなので、カミさんの提案で「日田焼そば」なるものを作ることにした。モヤシ消費(?)メニューである。
「日田焼そば」は、大分県日田市で長く親しまれている料理らしい。一言で言えば、ゆでた麺の表面をパリッと焼き、大量のモヤシを入れる焼そば。麺のパリパリ感とモヤシのシャキシャキ感が絶妙だとのこと。
そんなめんどうなことはやっておれないので、普通の焼そばを作り、最後ににモヤシを大量に投入しただけの無手勝流である。まぁ、予想したとおりの味であった。

今回は冷蔵庫の在庫一掃大処分に徹したメニューばかりであった。

 

「シニアの家めし」の関連記事はこちら シリーズ「シニアの家めし」関連記事へのリンク

-食べる
-, , ,

執筆者:


  1. […] 本シリーズの次の記事へ > シニアの家めし(6) ~自分でランチを作ってみた~ […]

関連記事

シニアの家めし(32) 一斗缶燻製器、やっとテストに取りかかる。

 一斗缶燻製器を自作したのが今年の1月。数日前にスモークチーズの備蓄が切れたこともあり、一斗缶燻製器のテストに取りかかることにした。

シニアの家めし(28) 一斗缶で燻製器を自作する_2

 今回は、実際に一斗缶燻製器をどのようにして製作したか、材料集めと加工・製作の実際の記事である。

シニアの家めし(23) 煮卵を作ってみる、山のお供や晩酌のつまみに

 先月(8月)志高湖でキャンプ泊をした折、同行のN氏が差し入れしてくれた煮卵。これが実にうまかった。聞けば簡単に作れるとのこと、今後の家めしと山めしの充実を図るため、自分で作ってみようと思った。

シニアの家めし(14) 自分で納豆をつくってみた。

 この納豆、小生の自作である。これにしらす干しと刻みネギを加え、めんつゆををかけて混ぜ合わせること50回。糸を引くほど粘りが出たものを玄米ご飯にのせ、毎朝食べている。小生が自分で納豆をつくり始めて、およそ2ヶ月になる。

シニアの家めし(21) 昨年仕込んだ味噌の「味噌開き」

 先日、昨年2月に仕込んだ手作り味噌の「味噌開き」をした。漬け物容器に8kgずつ、2つ作って熟成させておいたもの。どうなっているか、少しドキドキしながらの味噌開きである。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

もっと詳しいことが知りたい方は、こちらをどうぞ。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 119975総閲覧数:
  • 4566月別閲覧数:
  • 78210総訪問者数:
  • 2924月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031