食べる

シニアの家めし(9) ランチと酒の友を作ってみた

投稿日:2018年8月29日 更新日:

8月18日(土) 「ラ王」タンメン風

ラ王(タンメン風)

 フライパンで具材(肉、野菜等)を炒めた後、水を足し、麺とスープを入れて作った「ラ王」。簡単かつ美味だった。麺をゆでる作り方より、こちらの方が好みである。

 

8月19日(日) ええ加減鯛めし(紹介済み)
8月20日(月) ええ加減シャケめし

ええ加減シャケめし

 前日の鯛めしに続いて、土鍋でシャケめしを作ってみた。塩シャケの塩分を考慮しなかったので、少し塩辛くなってしまった。

8月21日(火) そうめん

そうめん

 暑くてたまらないので、さっぱりとそうめん。土鍋でゆで卵を作って、添えてみる。

8月22日(水) 中華日替わりランチ(外食)
 日替わり中華ランチ

 某デパートの「お中元解体セール」にカミさんと出かける。セール初日だったせいか、平日にもかかわらず芋の子を洗うような凄い人ごみ。我が家と同様、シニアのご夫婦がそこここに……。旦那が運転手兼荷物持ちというわけ。

 帰路にカミさんおすすめの某中華料理店へ。日替わりランチを注文し、堪能。うまくて安くて、広い駐車場あり。これで700円なので感激し、番外としてアップ。

8月23日(木) そうめん

そうめん

 いつまで続くこの暑さ‥‥。懲りずにそうめんを作る。

8月24日(金) カレーと煮豆。酒の友は、ジャガイモの茹でつぶし

カレーと煮豆

 昼食は、残り物のカレーを温め、トーストと煮豆を添えただけ。格好つけて、カフェ風にしてみた。

ジャガイモの茹でつぶし

 晩酌のつまみに、本で見かけた「ジャガイモの茹でつぶし」なるものを作ってみる。地元産のじゃがいも(小ぶり)が安かったので、購入。生産農家の個人名が記されていて、男性でも安心して買える。

 究極の簡単つまみ! オリーブ油と塩だけ。ワインを合わせて完璧。これは実にうまかった!

  1. ジャガイモは洗って、丸のまま鍋でゆでる。
  2. 竹串がすっと通るぐらいにゆでたら、皿に移し、フォークの背でぐしゃりとつぶす。
  3. オリーブ油をたっぷり回しかけ、塩をふる。
  4. 生ハムを添えて完成。

 ネタ本は、『いつもの献立がごちそうになる! 新・家めしスタイル』(佐々木俊尚、マガジンハウス)。

※ 8月25日(土) 焼そば。疲れて昼寝をしている間に、カミさんが作ってくれていた。
※ 8月26日(日) 山行のため、山めし。

8月27日(月) カレーうどん

カレーうどん

 老夫婦二人の所帯なので、一度作ったカレーがいつまでも残る。最後の残りカレーを利用し、カレーうどんに取り組む。

 水、冷凍ホタテ、玉ねぎ、キャベツ、しめじ等の具材を足して煮込む。めんつゆを加え、片栗粉でとろみをつけて完成。最後まで無駄にしないで使い切ったと、自己満足にひたれる一品。

 

「シニアの家めし」の関連記事はこちら シリーズ「シニアの家めし」関連記事へのリンク

-食べる
-

執筆者:


  1. […] 本シリーズの次の記事へ >シニアの家めし(9) ランチと酒の友を作ってみた […]

  2. […]  始めは、じゃがいもの茹でつぶしと生ハム添えを作るつもりだったが、一度記事をアップしているので、変更。冷蔵庫にベーコンがあったので、じゃがいもと炒めることにする。紫蘇 […]

関連記事

シニアの家めし(19) 味噌汁をいかにして簡単につくるか

 カミさんが長男宅の応援のために上京してはや2週間。一人暮らしに嫌気がさしてきつつある。一日中炊事と洗濯と雑事に追われているような毎日なのだ。

男の昼ごはん読本

シニアの家めし (4) ~手作りランチ と「男の昼ごはん読本」~

7月17日(火)ざるうどん 暑い夏の昼食は、冷たい麺類が一番である。場数を踏んで、少しずつ料理の手際がよくなってきた。圧力鍋を使うのにもだいぶ慣れた。 7月18日(水)トーストとコンソメスープ 焼いた …

シニアの家めし(14) 自分で納豆をつくってみた。

 この納豆、小生の自作である。これにしらす干しと刻みネギを加え、めんつゆををかけて混ぜ合わせること50回。糸を引くほど粘りが出たものを玄米ご飯にのせ、毎朝食べている。小生が自分で納豆をつくり始めて、およそ2ヶ月になる。

土鍋

シニアの家めし (7) ~自分でランチを作ってみた~

8月6日(月) ナポリタン・スパゲティ 玉ねぎ、なすび、ハムでソースを作り、ゆでたスパゲティをからめただけ。粉チーズを見つけたので、「つやつけて(=格好つけて)」ふりかけてみた。   8月7 …

筍とサバ缶の煮物

シニアの家めし(12) 筍とサバ缶の煮物、晩酌のお供に‥‥

9月7日(金)  筍(たけのこ)をスライスして、サバ缶と一緒に煮込むだけ。ずぼらな小生でも、作ってみようかという気分になる。 ◆準備するもの 食材 筍(水煮でも可)、サバ缶(みそ味でも醤油味でも可)、 …


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 31896総閲覧数:
  • 4176月別閲覧数:
  • 21815総訪問者数:
  • 3354月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930