食べる

シニアの家めし(11) 次のステップに進んでみようか‥‥

投稿日:2018年9月4日 更新日:

ランチを作り始めて2ヶ月、数えたら50食を超えていた

みじん切り

 「自分でランチを作ってみようか」と思い立ったのが本年6月22日、9月2日現在で2ヶ月余りが経過した。指折り数えてみると54回分の食事(らしきもの?)を作ったことになる。

 ほとんどがランチだが、時には晩酌のつまみや一品料理にも挑戦してみた。残り物を温めて並べただけ、という赤面するような日もあった。いずれにしても、自分の食に54回「関わ」ってきたのは確かである。

 当初の目標であった50食超えを達成したので、ここらで少しだけステップ・アップをしてみようかと考えている。

 

この2ヶ月を振り返って‥‥

ナポリタン

初めて作ったナポリタン・スパゲティ 2018年6月22日

 当ブログで「シニアの家めし」の記事を公開することで、次のような「いいこと」があった。

  1. 「自分でランチを作る」習慣が定着化した。
     繰り返しというのはおそろしいもので、最近では11時30分になると、冷蔵庫のドアを開け、何を作ろうかと考えている自分がいる。「せめて昼食ぐらいは自分で作る」という当初の目標は、何とか達成できたようだ。
     作ったランチを公開することで、モチベーションを維持することもできた。ブログのおかげである。激励のメッセージをくださった方々にも感謝したい。
  2. 数をこなすことで、調理スキルが徐々に向上してきた。
     千切り、小口切り、いちょう切り、乱切り‥‥、包丁の使い方にも慣れてきた。怖い圧力鍋も使えるようになり、調味料を入れる順番「さしすせそ」も知った。「なぜ?」と考え過ぎるより、まずやって、それから考える方が実効性が高いことも分かった。根気よくつき合ってくれたカミさんに感謝である。
  3. 料理初心者の男性へ、実践報告と情報発信ができた。
     初心者は、レシピだけでなく先例や体験談を参考にしたいと思う。作ったランチを並べただけ、という拙いレポートであったが、少しはお役に立てたのかもしれない。

 いいことずくめのようだが、課題も浮かび上がってきた。メニューのマンネリ化である。

 過去記事をご覧いただくとお分かりのように、似たようなメニューが数日おきに繰り返されている。そうめん、ざるうどん(そば)にいたっては、実に54食中9食を占める。

 当方は好物なので飽きることはないが、ご覧になる方は「またか‥‥」とさぞかし辟易されたことであろう。

 

次のステップでやりたいことは?

和食(焼き魚)

 食材も時間も限られているランチ。バラエティに富んだメニューを作ろうとすれば、買い物も含め、相応の時間と手間が必要になる。

 小生としては、ランチに30分以上の時間を割きたくはない。頭のさえた午前中は、学習や読書などの知的活動にあてたいのである。よって、11時30分の調理開始時間は動かせない。

 一方、午後の時間帯であれば、ゆとりをもって取り組めそうだ。これが、ここらで少し方針転換をしようかと思ったゆえんである。もちろん、ランチづくりは今後も継続していくつもり。

 新シリーズ「シニアの家めし ~何か一品つくってみるか~」(仮題)のアイディアを考えてみた。

  • コンセプトは、「食べたい一品、気軽に楽しく作る
  • 作るものは、酒の友、一品料理、山めし等‥‥。食べたいもの作ってみたいもの作れそうなものに楽しんで取り組む。
  • レシピは、料理未経験のシニア男性が、気軽に取り組めそうなシンプルなものを原則とする。
  • 同じメニューは掲載しない。
  • 公開形態は、日々の食事の記録ではなく、レシピがある程度まとまった時点での都度公開とする。

 「できることから、少しずつ、ゆっくり、こつこつ」でいくとしよう。

 

「シニアの家めし」の関連記事はこちら シリーズ「シニアの家めし」関連記事へのリンク

-食べる

執筆者:


  1. […] 本シリーズの次の記事へ >シニアの家めし(11)  次のステップに進んでみようか‥‥ […]

  2. […] チを本ブログに公開してきた。50回ほど続いたところで、記事の掲載を見合わせることにした。メニューがマンネリ化し、記事にする意味がなくなったからだ(その時の記事はこちら)。 […]

関連記事

マフィンの月見バーガー

シニアの家めし(10) ランチと酒の友を作ってみた

目次1 8月29日(水) マフィンの月見バーガーとコンソメスープ2 8月30日(木) 「ラ王」のチャンポン風3 8月31日(金) 残り物のランチ + 酒の友は、フランスパンのカニかま乗せ4 9月1日( …

男の昼ごはん読本

シニアの家めし (4) ~手作りランチ と「男の昼ごはん読本」~

7月17日(火)ざるうどん 暑い夏の昼食は、冷たい麺類が一番である。場数を踏んで、少しずつ料理の手際がよくなってきた。圧力鍋を使うのにもだいぶ慣れた。 7月18日(水)トーストとコンソメスープ 焼いた …

シニアの家めし(21) 昨年仕込んだ味噌の「味噌開き」

 先日、昨年2月に仕込んだ手作り味噌の「味噌開き」をした。漬け物容器に8kgずつ、2つ作って熟成させておいたもの。どうなっているか、少しドキドキしながらの味噌開きである。

シニアの家めし(19) 味噌汁をいかにして簡単につくるか

 カミさんが長男宅の応援のために上京してはや2週間。一人暮らしに嫌気がさしてきつつある。一日中炊事と洗濯と雑事に追われているような毎日なのだ。

筍とサバ缶の煮物

シニアの家めし(12) 筍とサバ缶の煮物、晩酌のお供に‥‥

9月7日(金)  筍(たけのこ)をスライスして、サバ缶と一緒に煮込むだけ。ずぼらな小生でも、作ってみようかという気分になる。 ◆準備するもの 食材 筍(水煮でも可)、サバ缶(みそ味でも醤油味でも可)、 …


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 66117総閲覧数:
  • 1820月別閲覧数:
  • 46290総訪問者数:
  • 1234月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930