山行記録

中岳&星生山、久しぶりにくじゅうの秋を満喫

投稿日:

御池と久住山

御池(おいけ)と久住山

 緊急事態宣言がやっと解除された。「待ってました」とばかり、大分県のくじゅう連山に出かけてきた。雲ひとつ無い晴天、さわやかな秋風。山友とくじゅうの空気を満喫し、改めて山歩きの楽しさを再認識した一日だった。

※ 本稿は2021年10月2日の山行記録を、10月4日にアップしたものです。

コースと活動概要

◆コース及び活動概要
※ 山行軌跡図はYAMAPによるもの。中岳 星生山

07:47 牧ノ戸登山口 ~ 08:17 沓掛山 ~ 西千里浜 ~ 09:37 久住分れ ~ 10:17 天狗ヶ城 ~ 10:35 中岳 ~ 稲星分岐 ~ 11:13 池ノ小屋 ~ 11:20-11:52 御池 ~ 12:16 久住分れ ~ 13:06 星生山 ~ 扇ヶ鼻分岐 ~ 14:17 沓掛山~ 14:40 牧ノ戸登山口 

※ 参加メンバー:4名(B氏、N氏、N氏の奥様、がしん)

活動時間(含む休憩時間) 6時間52分
活動距離 10.5km
累積標高上り/下り 876m/870m
カロリー 3,619kcal

 

写真中心の山行メモ

 北九州を午前5時に出発し、午前7時30分過ぎに牧ノ戸峠駐車場着。ずらりと奥まで車が並び、本日の登山者の多さに驚くばかり。

牧ノ戸駐車場

 何とか駐車場の一番奥に空きスペースを見つけ、駐車。まもなく始まる紅葉シーズンの時は、おそらく驚愕の大混雑となることだろう。

 今日は快晴の予報、朝日が差し込む登山口を通り、沓掛山への登路をゆっくりと登り始める。久しぶりの牧ノ戸コース、気分が高揚してくるのが分かる。

くじゅう連山 中岳 星生山

 高度を上げ途中の展望所で衣服調整。東の方角に由布岳の双耳峰が浮かんで見える。

由布岳

 沓掛山下の展望所では、阿蘇五岳の「寝観音」と呼ばれる山容が望める。

阿蘇五岳

 沓掛山から久住分れまでのゆるやかな登り、会話を交わし、周囲の展望を味わってのんびり歩ける大好きな登山道だ。
 1時間ほど歩くと、左手に星生山の北西斜面が視野に入ってくる。

くじゅう連山 中岳 星生山

 西千里浜に足を踏み入れると、久住山のピラミダルな山容が右前方に。

くじゅう連山 中岳 星生山

 登山道の両側では、リンドウの可憐な花が今を盛りと咲き誇っている。

リンドウ

 「やっぱりくじゅうはいいよなぁ」同じ言葉が何度も口をついて出てしまう。

 大好きな星生崎の大岩峰。澄んだ秋空にそそり立つ威容は、何度見上げても圧巻だ。

くじゅう連山 中岳 星生山

 帰りにその上まで行くから、待っとれよ。

くじゅう連山 中岳 星生山

 久住分れ避難小屋でトイレを済ませ、まずは天狗ヶ城(1,780m)への登路に取りつく。息が切れ始めたら、周囲の絶景に目をやり一呼吸‥‥。

くじゅう連山 中岳 星生山  10時17分、天狗ヶ城着。

くじゅう連山 中岳 星生山

 山頂から見下ろす御池(おいけ)、エメラルドブルー(だと思う)の湖面が目に鮮やかだ。

くじゅう連山 中岳 星生山

 10時35分、中岳山頂(1,791m)着。N氏の奥様は、九州本土最高峰制覇である。

 まだ時間が早いので、いったん東千里浜に下り、池ノ小屋に登り返してランチにしようというB氏。アクティブだなぁ。
 中岳山頂から稲星山分岐まで一気に下っていく。

くじゅう連山 中岳 星生山

 稲星山分岐から池ノ小屋まで登り返し、御池湖畔で一番展望が利く高台へ(御池の後方に見えるのは久住山)。

くじゅう連山 中岳 星生山

 極上の景色を独占しながらのランチ、ぜいたくな時間である。
 4時間近い山歩きで腹ペコだったので、おにぎりとカップ麺のうまさが身にしみる。

くじゅう連山 中岳 星生山

 食後のコーヒーを楽しんだ後は、星生山の稜線歩きが待っている。
 N氏の奥様は、今月23日に三俣山のお鉢巡りに挑戦する予定。そのトレーニングも兼ねての挑戦だ。

くじゅう連山 中岳 星生山

 久住分れまでいったん戻り、まずは星生崎へと登っていく。

くじゅう連山 中岳 星生山  前を行く3人は元気いっぱい、ぐいぐい高度を稼いでいく。小生はこの時点でヘロヘロ状態であった。

くじゅう連山 中岳 星生山

 星生崎から先はスリル満点の岩場歩き、続いて360度の眺望を楽しみながらの稜線歩きを終え、13時6分に星生山(1,762m)着。 

くじゅう連山 中岳 星生山

 N氏の奥様、初めての牧ノ戸コースで、くじゅう連山1700m峰を3座制覇である。

くじゅう連山 中岳 星生山

クリックすると拡大します(2000年10月24日撮影)

 長者原の「花山酔」が本日の温泉。緊急事態宣言の解除を受け、営業を再開したようだ。残念ながら露天風呂は入浴不可だった。
 湯船につかると、顔がひりひりするのに気づく。かなり日焼けをしたようだ。

花山酔

 風呂上がりにノンアルコールビールで喉を潤し、「ほぅっ」とため息をつく。今日も幸せな一日であった。

 

 よろしければ他の山行記事もどうぞ。50歳から山歩きを始めたシニアの山歩きレポートです。お役に立つ情報があれば幸いです。

◆ 過去の山行レポートは、こちら カテゴリー「山行記録」関連記事へのリンク

-山行記録
-, , , ,

執筆者:

関連記事

涌蓋山頂からの展望

涌蓋山、草原歩きと360度の大展望を楽しむ

本日(9月23日)は、所属している「アタック山の会」例会山行日である。歩くのは、大分県の涌蓋山(わいたさん・1,500m)。

 くじゅう山群の西端に位置する独立峰で、日本三百名山。くじゅう連山の各ピークに登頂すると、その北西方向に円錐形の美しい姿を見せてくれるのが涌蓋山である。

天山、新緑の登山道と開放的な稜線歩きを楽しむ

 所属している「アタック山の会」の4月定例山行は、佐賀の天山(てんざん・1046m)。昨日の経塚山(大分県)に続き、本日は佐賀県の山歩きである。

三郡山~宝満山周回、下見山行に出かける

 所属している「アタック山の会」の2月定例山行は、三郡山~宝満山縦走の予定である。今回はその下見を兼ね、未踏の頭巾山(とっきんやま・901m)ルートを登ることにした。

くじゅうテント泊ザック

坊がつるでテント泊‥‥酷暑の中、三俣山南峰直登ルートに挑む (1)

※ 本稿は2018年7月14日の山行記録を、7月30日にアップしたものです。 目次1 今回のお題2 うだるような暑さと重荷にあえぐ‥‥3  坊がつるは「贅沢な」キャンプ場だと、再認識する 今回のお題 …

福智山

福智山で初山行の思い出がよみがえる

 本日(10月12日)は、トレーニングがてら福智山(ふくちさん・901m)を一人歩きすることにした。明後日に英彦山を歩く予定なので、足慣らしも兼ねてのぶらぶら歩きである。福智山頂直下の「福智平」で、山歩きを始めたばかりの50歳の時(15年前)の記憶がよみがえってきた。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

もっと詳しいことが知りたい方は、こちらをどうぞ。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 132662総閲覧数:
  • 2783月別閲覧数:
  • 86494総訪問者数:
  • 2106月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031