山行記録

平治岳、今季最後のミヤマキリシマを味わう

投稿日:

平治岳 ミヤマキリシマ

いつもの撮影スポットから

 6月6日(日)から晴天が続き、くじゅう連山のミヤマキリシマは一気に開花が進んだようだ。

 8日(火)に平治岳(1642m)に出かける予定だったが、車のドアが故障し、10日(木)に延期せざるをえなくなった。
 ミヤマキリシマのピークは過ぎてはいたが、今季最後の平治岳の輝きを堪能できた。

※ 本稿は2021年6月10日の山行記録を、6月12日にアップしたものです。

コースと活動概要

◆コース及び活動概要
※ 時間の制約のため、今回は山行軌跡図や活動データを省略しています。

吉部駐車場~登山口~(鳴子側左岸登山道)~坊がつる~大戸越~平治岳南峰~平治岳北峰~平治岳南峰~大戸越~坊がつる~登山口~吉部駐車場

※ 参加メンバー:単独(がしん)

 

写真中心の山行メモ

吉部登山口から大戸越へ

 吉部登山口を9時4分にスタート。今日は久しぶりに鳴子側左岸の登山道を選択。昨年7月の豪雨被害の状態を確認がてら、のんびり歩くつもり。
 登山口をスタート直後の急登を登りきると、後は緑に覆われた快適な登山道が坊がつるまで続く。木々の緑がすっかり濃くなっている。

平治岳

 緑に覆われた登山道を鼻唄まじりで歩いているうちに、坊がつるの広々とした空間が一気に開けてくる。この瞬間が大好きだ。

坊がつる

 平治岳のミヤマキリシマはどうだろうか? 左手に目をやると、北峰山頂辺りにピンクの絨毯が広がっているのが分かる。この光景を見ただけで、ワクワクしてくる。

平治岳 ミヤマキリシマ

平治岳北峰のミヤマキリシマ群生(望遠レンズで撮影)

 坊がつる野営場にはテントが数張りあるのみ。平日にもかかわらず、登山者が三々五々、平治岳に向かっている。

坊がつる

 「1人1石運動」の石置場。今日はミヤマキリシマが楽しめそうなので、感謝(?)の思いを込め、いつもより大きめの石を拾い上げ、大戸越(うとんごし)へと向かう。

平治岳 ミヤマキリシマ

 登路前方に空が広がってくると、大戸越は近い。あと一踏ん張りだ。

平治岳 ミヤマキリシマ

ミヤマキリシマの最後の輝きを味わう

 大戸越では、多くの登山者が思い思いに休憩中。周囲を見回すと、既に咲き終えたミヤマキリシマの株が目につく。

 南峰の斜面を見上げてみると、少し期待外れの感じかな。

平治岳 ミヤマキリシマ

 これから坊がつるに下るという女性二人組に、山頂付近の様子を訪ねてみる。
 「上の方はきれぃかですよ~!」と弾んだ声が返ってくる。

平治岳 ミヤマキリシマ

 南峰登路に取り付き、高度を稼いでいく。ピークを過ぎたとはいえ、まだまだ盛りの花々がそこここに。ついつい立ち止まり、シャッターを押してしまう。

平治岳 ミヤマキリシマ

 一輪ずつ注視しても、いやされるなぁ。

平治岳 ミヤマキリシマ

 山頂に近づくにつれ、登山道の両側はミヤマキリシマの群生に包まれていく。息が上がると汗を拭い、ピンクの花弁を眺めて一息つく。

平治岳 ミヤマキリシマ

 困ったことに、この頃からガスが辺りを覆い始めた。

平治岳 ミヤマキリシマ

 いつもの撮影スポットでパチリ。ガスで展望は利かず、ミヤマもピークを過ぎてはいるが。これはこれで一興。

平治岳 ミヤマキリシマ

 晴天で展望が利き、開花のタイミングが揃うと、素晴らしい眺望が味わえる場所だ。3年前はそんな幸運に恵まれた山行だった。

平治岳のミヤマキリシマと三俣山

2018年6月12日撮影

 南峰山頂のミヤマ、ちょうどピークを迎えた頃のようだ。

平治岳 ミヤマキリシマ

 ガスの切れ間から北峰西尾根のピンクの絨毯が、視界に広がる。今年もこの美しい眺めを目にすることができた!

平治岳 ミヤマキリシマ
 稜線の右斜め上、平治岳北峰山頂までミヤマの群生が一面に広がっている。

平治岳 ミヤマキリシマ

 南峰と北峰の鞍部に位置する絶好の場所で、悠々とランチを楽しむ登山者たち。

平治岳 ミヤマキリシマ  何はともあれ、北峰山頂まで急ぐとしよう。

平治岳 ミヤマキリシマ

 平治岳北峰到着。周囲はガスに覆われ、全く展望は利かない。

平治岳 ミヤマキリシマ

 仕方がないので近くのミヤマキリシマを楽しみながら、辺りを散策してみよう。

平治岳 ミヤマキリシマ

 ピンクの花々が視界いっぱいに広がる場所を見つけ、腰を降ろす。これだけの花に囲まれて食べるランチは、格別の味わいであった。

平治岳 ミヤマキリシマ

 ランチ後のコーヒーを楽しんでいると、次第に眠気が襲ってくる(今朝は4時起きだった)。そのままシートに体を倒すと、瞬時に爆睡‥‥。

 目が覚めると、1時間近くも寝入っていた。周囲のガスは晴れそうもない。帰路は、往路をピストンして吉部へ向かう。

 一人運転ということもあり、温泉にも入らずに車を走らせ、無事に帰宅。くじゅうまで往復7時間の運転ができる体力がいつまで続くだろうか。

※ くじゅう連山、ミヤマキリシマに関する過去記事

※ 過去の山行記事

 よろしければ他の山行記事もどうぞ。50歳から山歩きを始めたシニアの山歩きレポートです。お役に立つ情報があれば幸いです。

◆ 過去の山行レポートは、こちら カテゴリー「山行記録」関連記事へのリンク

-山行記録
-, ,

執筆者:

関連記事

大船山頂標識

初夏の大船山、足慣らしを兼ね大展望を味わう

 2020年6月19日、北九州市民に対する不用不急の外出自粛要請が解除された。そこで23日(火)に足慣らしを兼ね、大船山の大展望を眺めに出かけることにした。

錦繍のくじゅう連山を歩く(3) 大展望の大船山

 くじゅう連山の定番紅葉スポットは、三俣山(みまたやま)のお鉢巡りと大船山(たいせんざん)の御池(みいけ)。この2座を1泊2日で歩くことにした。本稿は前回に続き、大船山の山行レポートである。

犬ヶ岳、新緑に染まる登山道をたっぷりと歩く

 好天に誘われ、新緑に染まった山をたっぷりと歩きたくなった。山友のB氏から「現地集合、現地解散で『密接』を避けて歩きませんか」、とのお誘いがかかる。

御前岳~釈迦岳、福岡県最高峰を初めて歩く

福岡県八女市と大分県日田市の県境に位置する釈迦岳(1231m)は未踏のピークだった。緊急事態宣言下で他県への往来自粛を要請されていることもあり、ちょうど良い機会とばかりに出かけてきた。

桜 添田公園

岩石山、巨岩からの展望と満開の桜

 ブログへの記事アップが滞っているが、これには諸事情があり、その詳細は、いずれ改めて述べることになるだろう。小生の体調を気遣っていただいた方々、ご心配をおかけしています。体調は問題なく、忙しさでブログを書くゆとりがないだけの話です。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

もっと詳しいことが知りたい方は、こちらをどうぞ。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 132665総閲覧数:
  • 2786月別閲覧数:
  • 86497総訪問者数:
  • 2109月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031