山行記録

福智山、上野登山口から八丁の急登を経て味わう大展望

投稿日:

福智山

八丁から見上げる福智山頂。秋空が何とも美しい。

 10月10日(日)は所属するアタック山の会の臨時山行日。今回は地元北九州の福智山(900m)、上野(あがの)登山口から八丁を経て山頂を踏み、鷹取山に立ち寄る周回コースを歩いてきた。

※ 本稿は2021年10月10日の山行記録を、10月12日にアップしたものです。

コースと活動概要

◆コース及び活動概要
※ 山行軌跡図はYAMAPによるもの。山行軌跡図(福智山)

08:02 上野登山口 ~ 09:11 大栂(おおつか)林道 ~ 10:23 八丁ケルン~ 10:37-11:05 福智山頂 ~ 11:42 上野越 ~ 11:55-12:52 鷹取山 ~ 12:57 上野越 ~ 白雲ライン ~ 14:15 白糸の滝 ~ 14:31 上野登山口 

※ 参加メンバー:9名(アタック山の会メンバー8名、ゲスト1名)

活動時間(含む休憩時間) 6時間28分
活動距離 7.4km
累積標高上り/下り 891m/894m
カロリー 3,253kcal

 

写真中心の山行メモ

 午前7時40分頃に上野登山口着。トイレ近くの駐車場は一杯だったので、左折して少し下り、上野峡の広い駐車場に車を駐める。

 駐車場から舗装路を進み、登山道を示す大きな案内板の立つ三差路が取り付き点。ここを直進する。

福智山

 分岐に「八丁越急登 上野越ガ楽」の案内板あり。Sリーダーは、迷わず(?)右をとる。

福智山

 しばらく進むと、山頂から八丁を経て南西に伸びる主尾根に乗り上がる。白い砂れき混じりのえぐれた道をたどり、岩場を乗り越え登っていく。
 結構きびしい登山道だ。

福智山  この日は10月だというのに残暑が厳しく、すぐに汗がしたたってくる。

福智山 40分ほど登ると、大栂(おおつか)林道に出合う。これから先が本日の核心部、標高差300m以上の急登を登ることになる。日陰で一休みし、英気を養うとしよう。それにしても暑い!

福智山

 急登に取り付くとロープ場が始まり、予告通り「これでもか」というくらいのきつい登りが続く。息を切らしながら、目の前の一歩を着実に踏み出すしかない。

福智山

 約1時間ほどあえいでいると、急に自然林が途切れ、一気に青空が広がっていく。

福智山

 振り返ると、眼下に平野が開け遠賀川が望まれる。それまで鬱蒼とした樹林帯に視界をさえぎられてきただけに、爽快感はひとしおである。

福智山

 帰りに立ち寄る鷹取山(620m)、山頂の山城跡もよく見える。

福智山

 八丁ケルンで一休み。きつい登りだったなぁ。

福智山

 つぼみを開いたリンドウが疲れを癒やしてくれる。

福智山

 さあ、山頂まであと少し頑張るとするか。

福智山

 10時37分、山頂着。小休止して、360度の大展望をしばらく楽しむことにする。

福智山

 好天に恵まれた日曜日とあって、登山者が次々に押し寄せてくる。喧噪を避け、予定通り鷹取山で昼食とする。

福智山 下山途中で見つけたアサギマダラ。

アサギマダラ

 上野越へ向かう下山路は、広葉樹に覆われたのどかな道。女性軍のおしゃべりもいや増すというもの。

福智山

 上野越から約10分登り返すと、鷹取山(620m)着。広々とした山頂広場は、かつての山城跡。何人もの登山者が三々五々、展望を楽しんでいた。

福智山

 「この山城の城主は誰やろか?」「う~ん、誰やろねぇ」と言葉を交わしていると、
 「黒田官兵衛の配下の母里(もり)何とかさんよ。”酒は飲め飲め” の黒田節のモデルだったと思う。」とNさん。

 帰宅して調べると、その通り。「黒田二十四騎の一人、母里太兵衛友信(もりたへえ とものぶ)を城主とした筑前六端城の一つ」とのこと。

 鷹取山頂から仰ぎ見る福智山。1時間前にはあそこに立っていたんだ。

福智山

 木陰でゆったりとランチを楽しみ、上野ルートで下山する。途中から「白雲ライン」を選び、右をとる。

福智山

 最後は涼を求めて白糸の滝に立ち寄る。その後、舗装道を歩いて14時31分に登山口着。休憩も含めて6時間30分の山歩きだった。

 2リットル準備した水を全て飲み干してしまうほど汗をかき、シャツもズボンもびしょ濡れの如きありさまであった。

 夜のニュースでは、この日は最高気温30度越えだったとか。風呂で汗を流し、キンキンに冷えたビールを飲み干したうまさは格別だった。

 よろしければ他の山行記事もどうぞ。50歳から山歩きを始めたシニアの山歩きレポートです。お役に立つ情報があれば幸いです。

◆ 過去の山行レポートは、こちら カテゴリー「山行記録」関連記事へのリンク

◆ 福智山を歩く人のためのガイドブック紹介記事は、こちら >『福智山系 徹底踏査!』、福智山マイスターからの招待状

 

-山行記録
-, , , ,

執筆者:

関連記事

右田ヶ岳、花崗岩をまとった低山を歩く

 新年度がスタートして早や2週間余り。人事異動に伴う新しい職場環境や、年度当初の業務立ち上げ等でお疲れのことだろうと、お察しする次第。こんな時は外に出かけて汗をかき、展望のよい場所でまったりするに限る。久しぶりに山口県防府市の右田ヶ岳(426m)で気分転換とストレス解消に出かけることにした。

涌蓋山頂からの展望

涌蓋山、草原歩きと360度の大展望を楽しむ

本日(9月23日)は、所属している「アタック山の会」例会山行日である。歩くのは、大分県の涌蓋山(わいたさん・1,500m)。

 くじゅう山群の西端に位置する独立峰で、日本三百名山。くじゅう連山の各ピークに登頂すると、その北西方向に円錐形の美しい姿を見せてくれるのが涌蓋山である。

春爛漫の平尾台をぶらりと散策

 急に思い立った山歩きなので、本日はお題なしである。春爛漫の平尾台で、陽光を浴びながらのんびり歩きを楽しむことに決めた。

福智山、鈴ヶ岩屋の山ツツジを偵察に出かける

 梅雨空の合間をぬっての福智山。鈴ヶ岩屋の山ツツジが咲き始めたのではと思い立ち、3週間ぶりの山歩きに出かけてきた。

貫山、高校生に元気をもらい羊群原をそぞろ歩く

 明日は天気が崩れるとの予報である。何とか晴れ間が残る今日中にどこかに登っておきたい。近くで15時までに下山でき、楽しく歩ける場所はないかと考え、平尾台をぶらつくことにした。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

もっと詳しいことが知りたい方は、こちらをどうぞ。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 132662総閲覧数:
  • 2783月別閲覧数:
  • 86494総訪問者数:
  • 2106月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031