山行記録

黒髪山、「最強の低山」を歩く

投稿日:

佐賀県 黒髪山

乳待坊展望台から望む雌岩(左)と雄岩(右)

 有田陶器市が3年ぶりに開催される。カミさんがこのニュースを見逃すはずがない。今回は隣の波佐見町の陶器祭りにも行きたいと言う。波佐見焼に興味のない小生、どうせなら有田町近辺の新緑を味わいたいと考えていた。

 交渉の結果、初日は二人で有田陶器市を楽しみ(小生はほぼ荷物持ち)、2日目はカミさんが波佐見陶器市祭り、小生は有田町の黒髪山(くろかみさん・516m)に登ることで合意が成立した。

※ 本稿は2022年5月1日の山行記録を、5月5日にアップしたものです。

コースと活動概要

◆コース及び活動概要
※ 山行軌跡図はYAMAPによるもの山行軌跡図(佐賀県 黒髪山)

0742 竜門ダム登山口 ~ 0907 見返り峠 ~ 0916-0926 雌岩 ~ 0947-1041 黒髪山(516m) ~ 白山神社 ~ 1045 西光密寺奥ノ院 ~ 太鼓岩不動尊 ~ 1109 カザハヤ峠 ~ 1133 宮野登山口 ~(車道歩き)~ 1216 乳待坊展望台

※ 参加メンバー:単独(山頂から乳待坊展望台まではKさん、Oさんと同行)

活動時間(含む休憩時間) 4時間34分
活動距離 7.8km
累積標高上り/下り 741m/624m
カロリー 2,334 kcal

 

写真中心の山行メモ

 今回登る黒髪山は、佐賀県武雄市、伊万里市、有田町にまたがる標高516mの低山。

 聞くところによると、低山ながら「見晴らしが最高の岩場あり、気持ちの良い尾根道あり、心休まる深い森あり」と多様な山登りが楽しめる「最強の低山」だそうだ。

 5月1日午前7時20分、竜門ダム登山口に到着。

佐賀県 黒髪山

 広々とした駐車場(乗用車76台、大型バス2台)、清潔なトイレ、キャンプ場の関連施設等が整備されている。黒髪山が人気の山であることがよく分かる。

 波佐見町に向かうカミさんに別れを告げ、7時42分に出発。13時頃に下山口の乳待坊(ちまちぼう)展望台に迎えにきてもらう約束である。

 13時まで約5時間、ゆっくりのんびりと黒髪山を楽しむとしよう。新緑がことのほか美しい登山道に足を踏み入れる。

佐賀県 黒髪山

 キャンプ場の中を通り抜け、

佐賀県 黒髪山

 しばらく進むと、清流の音を楽しみながらの気まま歩きとなる。

佐賀県 黒髪山

 小さな滝に心を洗われ、

佐賀県 黒髪山

 途中、竜門洞窟をじっくり見学。開口部約30m、奥行き20mの洞窟には多くの石仏が祀られており、霊場のような雰囲気だ。

佐賀県 黒髪山

 自然林に覆われた登山道、新緑を楽しみながらゆっくり歩を進める。

佐賀県 黒髪山 木洩れ日が差し込み、木々の萌黄(もえぎ)色が目に鮮やかだ。前日の陶器市で人混みの中を歩き続けただけに、この豊かな森と渓流にはいやされる。

佐賀県 黒髪山

 見返峠が近づくにつれ、自然石を敷き詰めたような登山道に変わっていく。

佐賀県 黒髪山

 9時7分に見返峠に着。標準タイムの1.5倍のゆっくりペースである。

佐賀県 黒髪山

 途中、雌岩分岐から左をとって約100m。天空を突き刺すような二つの奇岩、夫婦岩(雌岩と雄岩)の雌岩に辿り着く。

佐賀県 黒髪山

乳待坊展望台から望む雌岩(左)と雄岩(右)

 雌岩に立つと足元はスパッと切れ落ち、正面には圧倒的な存在感の雄岩がそそり立つ。

佐賀県 黒髪山出典:西日本新聞社

 雌岩分岐から山頂までは標高差約150m。傾斜が急になり岩ゴロのような道を登っていく。汗がしたたり始める。

佐賀県 黒髪山

 上空からはしゃぎ声がするので見上げると、山頂の天童岩にすっくと立つ女性の姿が‥‥。最近の山ガールは男前の方が多いようだ。

佐賀県 黒髪山

 さあ、山頂の岩塊「天童岩」に続く急峻な鎖場だ。

佐賀県 黒髪山

 鉄はしごも乗り越え、

佐賀県 黒髪山

 最後の鎖場を越えると、

佐賀県 黒髪山

 9時47分に山頂着。標準タイム1時間30分のコースを、2時間かけて歩いたことになる。

佐賀県 黒髪山

 山頂の岩には、有田焼きの山座同定案内が埋め込まれていた。さすが有田だ。

佐賀県 黒髪山

 先ほどの女性がいた岩の上に立つと、360度の大展望が広がっている。眼下には、竜門ダムと有田ダム、南に有田町、東に武雄市の町並みが広がる。

佐賀県 黒髪山

 遙か遠くには「唐津湾、有明海、大村湾、天山、多良山系、虚空蔵山等を望める」とガイドブックにあったが、あまりに視界が広すぎてよく分からない。
 何も分からなくても、この眺望が絶景だと言うことはよく分かる。

 先ほどからずいぶん長い時間、大展望を満喫しているシニア男性(仮にKさんと呼ぶ)に声をかけられた。

佐賀県 黒髪山

 しばらく言葉を交わしているうちに、「よかったら、黒髪山を案内しましょうか」との申し出。たっぷり時間が余っている小生、お断りするわけがない。
 その場に居合わせたOさん(Kさんの山仲間?)も一緒に案内してもらうことになった。

 後で分かったことだが、Kさんの年齢は73歳、年に240回山に登る(!)というスーパーシニアであった。

 「では、行きましょうか」と穏やかな口ぶりのKさんの後をついていくが、その足の速さは驚くばかりであった。

佐賀県 黒髪山

 ご本人は普段通りのスピードとおっしゃるが、後に続く小生は心臓バクバク、息を切らすほど頑張っても追いつけない。
 先を行くKさん、立ち止まって小生を待つことしきりであった。

 位置関係がよく分かっていないが、案内してもらった場所を列挙すると‥‥、
 洞窟の中に祀られている黒髪神社上宮

佐賀県 黒髪山

 黒髪神社のそばに建つ白山神社(分社か?)

佐賀県 黒髪山

 西光密寺(息切れがひどく写真なし)、巨大な磨崖仏の太鼓岩不動尊

佐賀県 黒髪山

 この後カザハヤ峠を経て、宮野登山口(?)に下山。

佐賀県 黒髪山

 「うちのカミさんが待っているのは、乳待坊展望台ですが‥‥」と恐る恐る申し上げると。
 「ここから40分ぐらい歩いたら乳待坊展望台に着くから」と事もなげにおっしゃり、舗装道を悠然と歩き始める。

佐賀県 黒髪山

 確か乳待坊展望台は標高200m以上の高台に位置したはず。その高さまで舗装道を歩くおつもりのようだ。
 ええい、ままよ。ここまで来たらこの歩きを楽しむしかない、と腹を決め、後に続く。

 Kさんの言葉どおり、40分弱で乳待坊公園展望台に到着。3人で昼飯を食べていると、カミさん到着。

 ランチを終えたお二人、これから見返峠(標高400m)まで登り返し、竜門ダム登山口に下るという。

 足取りも軽く歩を進めるKさん(73歳)とOさん(63歳)に頭を下げつつ、「俺も頑張らねば!」と活を入れられた気分であった。

佐賀県 黒髪山

 帰路は武雄温泉で汗を流し、北九州へ車を走らせる。

武雄温泉佐賀県・武雄温泉の楼門(出典:武雄市観光協会

 「最強の低山」をスーパーシニアに案内していただき、思い出に残る山行となった。

よろしければ他の山行記事もどうぞ。50歳から山歩きを始めたシニアの山歩きレポートです。お役に立つ情報があれば幸いです。

◆ 過去の山行レポートは、こちら 
  >カテゴリー「山行記録」関連記事へのリンク

 

おまけ

 ついでに陶器市での戦利品(?)をいくつか紹介させていただこう。カミさんは半額以下で購入した商品を「戦利品」と呼ぶようだ。

 いつも立ち寄る窯元の四角の皿。別に4枚組で売っているわけではなく、同じ柄を集めていったら、こんなしゃれたセットになった。老夫婦二人の普段使いの皿として重宝しそうだ。

有田陶器市

 次の3点は、端物(はもの)や半端(はんぱ)モノばかりを売る怪しい露店の品々。店名も明記していない店だが、掘り出し物が多いのでいつも立ち寄っている。

 根強いファンが多いようで、わが家も有田到着後に最初に立ち寄る店である。次の3品はいずれも500円(税込)で購入したもの。

 カミさんが気に入った四角の鉢。わらびをあしらった素朴な味わいに好感が湧く。

有田陶器市

 ど派手な黄色の高坏。カミさんは剣山を置き、花器として使いたいようだ。高価なものではないため、思い切りよく買ってあれこれ試せるのが楽しい。

有田陶器市

 鈍い金色の湯冷まし器。玉露を入れるときに使うのだろうか。ドレッシングや鍋料理のかぼす酢を入れてみようかと思って購入。これも500円。

有田陶器市

 初めて訪れた店で買ったスープカップ(直径11cm)と受け皿。これくらいの量(200cc程度)のスープを入れるカップが欲しかったのだ。

有田陶器市

 カップの内側まで手描きで絵付けが施されており、微妙に不揃いなカーブがぬくもりを感じさせてくれる一品。老夫婦で作陶と絵付けを分担されていらっしゃるようであった。

-山行記録
-, , ,

執筆者:

関連記事

福智山、春を告げるミツマタの花を堪能

 無事に出雲の旅から帰宅できた。本来なら出雲見聞録をアップすべきだが、昨日歩いた福智山のミツマタがきれいだったので、そちらを先に紹介させていただくとしよう。

正面登山口からの由布岳

万緑の中、由布岳で一人山行を楽しむ

6月3日(日) ※ 本稿は2018年6月4日に書いた記事を、6月20日にアップしたものです。 目次1 本日のお題2 万緑の登山道と山頂付近のピンクの絨毯3 西峰北斜面のピンクの絨毯4 剣ヶ峰のナイフエ …

四国遠征レポート(4) 西赤石山、アケボノツツジの「花の滝」を堪能

 四国遠征3日目は、アケボノツツジの群落で知られる西赤石山(愛媛県)を歩く。斜面を彩るアケボノツツジの「花の滝」に目を奪われた山行だった。

由布岳、盛夏のテント泊山行 (2)

 由布岳登山を終え、一路「志高湖野営場」へ車を走らせる。早めに好条件の場所にテントさえ張ってしまえば、後は「温泉→ビール→うまい飯」という極楽タイムが待つのみだ。

四国遠征レポート(5) 霊峰石鎚山、西日本最高地点に立つ

 四国遠征4日目、絶好の晴天に恵まれ石鎚山の天狗岳をめざす。西日本最高地点に立った達成感は、なかなかのものだった。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

もっと詳しいことが知りたい方は、こちらをどうぞ。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 204657総閲覧数:
  • 300月別閲覧数:
  • 138867総訪問者数:
  • 219月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31