山行記録

英彦山、新緑にシャクナゲが映える深い森

投稿日:2022年5月7日 更新日:

英彦山 新緑とシャクナゲ

英彦山北西尾根のシャクナゲ

 5月1日に黒髪山を歩いたばかりなのに、「また山か」と言われそうである。5月3日は、山友のS氏と裏英彦山ルートを歩いてきた。

 S氏はこの3月で円満退職。4月から再就職した職場は土日が出勤、週休日は平日とのこと。ウイークデイは山のお相手不在ということで、「サンデー毎日」(?)の小生にお声がかかったという次第。
 もっとも5月3日は祝日なので、関係はなかったのだが‥‥。

※ 本稿は2022年5月3日の山行記録を、5月7日にアップしたものです。

コースと活動概要

◆コース及び活動概要
※ 山行軌跡図はYAMAPによるもの山行軌跡図 英彦山

0841 高住神社 ~ 0857 薬師峠 ~ 北岳の肩 ~(裏英彦山ルート)~ 1016 ケルンの谷 ~ 1125 中岳・南岳縦走路出合 ~ 1131 南岳山頂 ~ 1145-1222 中岳山頂 ~(北西尾根)~ 1308 バードライン分岐 ~ 1325 県立英彦山青年の家スキー場 ~ 1346 高住神社

※ のんびり歩き、随所で写真撮影を行ったため、所要時間は参考になりません。

※ 参加メンバー:2名(S氏、がしん)

活動時間(含む休憩時間) 5時間04分
活動距離 6.2km
累積標高上り/下り 684m/685m
カロリー 2,296 kcal

 

写真中心の山行メモ

 高住神社着が8時20分。道路沿いの駐車場が満車のため、下の第二駐車場の空きを見つけ、何とか駐車。青空と萌え立つ新緑が目に鮮やかだ。

英彦山 新緑とシャクナゲ

 薬師峠の先から裏英彦山ルートに取り付き、杉林の尾根を登っていく。

英彦山 新緑とシャクナゲ

 北岳の肩を過ぎると、お待ちかねの裏英彦山ルートだ。ここから先は、手つかずの自然と言ってよい落葉樹の森が続く。

英彦山 新緑とシャクナゲ

 生命が爆発するような若葉の洪水にこちらの心もうきうきとしてくる。青空に映える蛍光色の緑に、テンションが上がってくる。

英彦山 新緑とシャクナゲ

 山が生きる喜びに震えているようだ。

英彦山 新緑とシャクナゲ

 10時16分、ケルンの谷到着。高住神社から約1時間30分だ。

英彦山 新緑とシャクナゲ

 これから先の急登に備え、行動食休憩とする。S氏は撮影に余念がないご様子。

英彦山 新緑とシャクナゲ

 さあ、南岳山頂まで標高差250mの直登に出発だ。ケルンの谷で言葉を交わしたご夫婦が、先を歩いていく。

英彦山 新緑とシャクナゲ

 山慣れたご夫婦のようで、美しい森の全てをいとおしむような歩き方である。我々も見習って、ていねいに歩を進めていくとしよう。

英彦山 新緑とシャクナゲ

 途中で見つけたシャクナゲの群生に目を奪われ、ホッと一息。

英彦山 新緑とシャクナゲ

 汗を拭きながらの撮影タイムだ。

英彦山 新緑とシャクナゲ

 これから開花しようという花芽もなかなかいいなぁ。

英彦山 新緑とシャクナゲ

 中岳と南岳を結ぶ縦走路まで、あと少し。最後の急坂をゆっくり登っていく。

英彦山 新緑とシャクナゲ

 ケルンの谷からの急登の終わりを示す100番の札。風雨にさらされ、薄汚れていたため、これまで気づかなかった。

英彦山 新緑とシャクナゲ

 南岳へ向かう縦走路でスマホをいじるS氏。「緑さす縦走路にてメール打つ」と一句浮かんだが、月並みであった。

英彦山 新緑とシャクナゲ

 11時31分、南岳山頂に到着。高住神社から3時間弱だ。

英彦山 新緑とシャクナゲ

 中岳山頂に目をやると、上宮の崩壊ぶりが目につき、心が痛む。

英彦山 新緑とシャクナゲ

 GWとあって、中岳山頂は登山者でごった返していた。人影を避けて昼食をとり、食後のコーヒーまでゆっくりと楽しむ。

 さて、下山はいつも通りの北西尾根。2週間前につぼみだったシャクナゲ、もう開花している頃だろう。

 中岳から北西尾根を下り始め、しばらくして表れる「迂回路」の私標。迂回せずにそのまま進み、岩場のあたりへ近づいていくと‥‥、
 ヤッター! 満開のシャクナゲだ。

英彦山 新緑とシャクナゲ

 2週間前は、こんなつぼみだったのに、

英彦山 新緑とシャクナゲ

 今を盛りと咲き誇るピンクの花々。

英彦山 新緑とシャクナゲ

 陽光を受け、透き通る薄紅の花びら、

英彦山 新緑とシャクナゲ

 これから開こうとする花芽、何とも可憐である。

英彦山 新緑とシャクナゲ

 つぼみの濃い紅色が、開花するにつれ淡紅色から薄桃色に変化していく。このグラデーションが何とも言えない。

英彦山 新緑とシャクナゲ

 近くにも満開のシャクナゲが数本、こりゃあ、先に進めんわい。

英彦山 新緑とシャクナゲ

 S氏も撮影とメール発信に夢中である。

英彦山 新緑とシャクナゲ

 何枚もシャッターを押し、シャクナゲとの名残を惜しんでハシゴを下ると、

英彦山 新緑とシャクナゲ

 今度は艶(あで)やかなミツバツツジが新緑に映えている。

英彦山 新緑とシャクナゲ

 若葉と黒々とした幹のコントラストの中を下っていくと、

英彦山 新緑とシャクナゲ

 またまた満開のシャクナゲ。

英彦山 新緑とシャクナゲ

 北西尾根ルートの最後を飾るのは、若葉と苔むす岩々が織りなす幽玄の世界。
 昨夜の雨が新緑を洗い、岩苔を潤し、何とも幻想的な情景を演出してくれる。何度も深呼吸をしたくなるような森の美しさだ。

英彦山 新緑とシャクナゲ

 森を抜け県立青年の家スキー場に出れば、後は九州自然歩道をのんびり歩くだけ。

英彦山 新緑とシャクナゲ

 13時46分、高住神社に到着。駐車場はGWとあって、ほぼ満車状態のまま。

 緑に染まるような山歩きをたっぷりと楽しむことができた。美しい自然を堪能させてくれた英彦山に、感謝!

 

 よろしければ他の山行記事もどうぞ。50歳から山歩きを始めたシニアの山歩きレポートです。お役に立つ情報があれば幸いです。

◆ 過去の英彦山の山行レポートはこちら >
 初詣でを兼ねて英彦山へ
 初冠雪の英彦山、今季初の霧氷に出合う
 英彦山、新緑のシャワーを浴び、ケルンの谷から山頂へ
 英彦山、北西尾根の紅葉を撮り歩く
 英彦山、四王寺の氷瀑から厳寒の南岳へ
 英彦山、ドクロ岩を訪ね白岳経由で周回
 英彦山、新緑を求めて北西尾根へ

◆ 過去の山行レポートは、こちら 
  >カテゴリー「山行記録」関連記事へのリンク

-山行記録
-, , , , ,

執筆者:


  1. […] ◆ 過去の英彦山の山行レポートはこちら >  初詣でを兼ねて英彦山へ  初冠雪の英彦山、今季初の霧氷に出合う  英彦山、新緑のシャワーを浴び、ケルンの谷から山頂へ  英彦山、北西尾根の紅葉を撮り歩く  英彦山、四王寺の氷瀑から厳寒の南岳へ  英彦山、ドクロ岩を訪ね白岳経由で周回  英彦山、新緑を求めて北西尾根へ  英彦山、新緑にシャクナゲが映える深い森 […]

関連記事

正面登山口からの由布岳

万緑の中、由布岳で一人山行を楽しむ

6月3日(日) ※ 本稿は2018年6月4日に書いた記事を、6月20日にアップしたものです。 目次1 本日のお題2 万緑の登山道と山頂付近のピンクの絨毯3 西峰北斜面のピンクの絨毯4 剣ヶ峰のナイフエ …

平治岳、今季最後のミヤマキリシマを味わう

 6月10日に平治岳に出かけてきた。ミヤマキリシマのピークは過ぎてはいたが、今季最後の平治岳の輝きを堪能できた。

大船山、赤く染まる御池(おいけ)に酔う

 毎年10月20日前後の週末は、山友とくじゅう紅葉観賞山行に出かけることにしている。狙いすました大船山頂の紅葉は、極上の輝きだった。

英彦山、三峰縦走路と北西尾根の歩き納め

「英彦山に臨時山行で出かけませんか?」とS氏からお誘いのメール。来月から登山が制限される北西尾根と三峰縦走路。アタック山の会のメンバーで歩き納めをしておきたい、という意図のようだ。

大崩山の大岩峰に立つ (2) 大展望と恐怖の坊主尾根

 九州最後の秘境と言われる大崩(おおくえ)山系、その大岩峰と紅葉を楽しもうと宮崎までやってきた。本稿は前回に続き、大崩山の山行レポートである。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

もっと詳しいことが知りたい方は、こちらをどうぞ。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 238202総閲覧数:
  • 1226月別閲覧数:
  • 163898総訪問者数:
  • 952月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728