山行記録

一番水から佐渡窪まで、紅葉に包まれ日だまりハイク

投稿日:

南登山口から望むくじゅう連山

南登山口から望むくじゅう連山、「威風堂々」という言葉がぴったりの山容だ。

 テント泊山行2日目は、来年の山行計画立案のための下見。主な下見予定地は、南登山口、沢水(そうみ)キャンプ場、一番水登山口、そして各登山口までのアクセスルートの確認である。一番水登山口からは、朽網(くたみ)分れを経て鍋割坂・佐渡窪までの実地踏査も行うとのこと。

※ 前日の山行記録はこちら >扇ヶ鼻・久住山、赤川登山口から周回山行 (1)、 (2)

※ 本稿は2019年11月16日の下見山行記録を、11月29日にアップしたものです。

下見のチェックポイント

チェックリスト

Image by TeroVesalainen from Pixabay

 昨日出発前にSリーダーから渡されたペーパーを取り出してみる。「下見で確認すること」と題して、多くのチェックポイントが箇条書きされていた。

【下見で確認すること】

  • 集合場所から登山口まで(往路)
    ルートの確認、トイレ休憩の場所、高速料金と走行距離、所要時間
  • 登山口
    駐車スペース、(トイレ)
  • 登山ルート
    危険箇所、休憩ポイント、エスケープルート、避難場所、
    各ポイントまでの所要時間、雨天の場合の予測、
    危険箇所に対する対策(装備や人的フォローなど)
    熱中症対策(こまめな水分補給のための休憩ポイント)
  • 登山口から集合場所(出発地)まで(復路)
    ルートの確認、トイレ休憩と精算の場所、高速料金と走行距離、所要時間

 これを拝見し、これだけの準備をしているからこそ、安全・安心な月例山行が実施できているのだと感心し、感謝することしきりであった。

 山の会では当たり前のことなのだろうが、自由気ままな一人歩きから山を始めた小生には、思い至らないことも幾つかあり、認識の甘さを反省させられた次第。

 「悲観的に準備し、楽観的に実施せよ」という危機管理の要諦は、ここでも生きている。

 なお、今回はスマホを携帯し忘れたため(汗)、YAMAPによる山行軌跡図と山行データは掲載していない。

 

一番水登山口から朽網(くたみ)分かれまで

 久住高原沢水キャンプ場で営業期間や利用の便を確認し、一番水登山口に移動する。一番水登山口の目印は、「レゾネイトクラブくじゅう」の建物とこの堂々たる標識。

くじゅう 一番水

 標識を通り過ぎて少し進むと、右手に「レゾネイトクラブくじゅう」の第3駐車場がある。ここは同ホテルのご好意で、登山者に開放されているとのこと。既に数台の車が止まっていた。トイレはないので、途中くじゅう花公園で用をすませておいた方がよい。

一番水登山口 駐車場

 身支度を整え、来た道をもどって登山口へ向かう。今日もいい天気だ。先ほどの「一番水」標識の辺りに来ると、「登山道入口」の標識で道はすぐ分かる。4,000本の山桜を目当てに訪れる観光客も多いのだろう。

一番水登山口 標識

 よく整備された登山道に足を踏み入れると、いきなり紅葉のお出迎え。どうやら今日も紅葉の競演が楽しめそうだ。

紅葉 くじゅう

 ゆるやかな傾斜の登りを20分余り進むと「4,000本の山桜」の標識に出合う。この先がここ数年話題となっている山桜エリアである。

一番水登山口 4000本の山桜

 穏やかな勾配の谷間に入ると、数え切れないほどの山桜が林立している。標高950mほどの山桜の森は壮観である。聞くところによると、かつて植樹された山桜がそのまま放置され、荒れ放題になっていたそうだ。地元のNPO法人「久住高原みちくさ案内人倶楽部」がやぶを切り開き、登山道を整備してよみがえった場所だとか。

 「満開時に遭遇すればさながら桃源郷だ」と言う人もいる山桜の森。今はすっかり葉を落とし、来春の開花を待っている。

4000本の山桜 くじゅう ネットで「4000本の山桜 くじゅう」でググってみると、画像コーナーで満開時の美しい写真がご覧いただけよう。

 山桜エリアを抜けると、すぐ「朽網(くたみ)分かれ」に到着する。「朽網」とはくじゅう連山を指す古名だっととのこと。ここで、沢水(そうみ)登山口からの登山道と合流する。

 

くたみ分かれから佐渡窪へ、紅葉の競演を堪能する

 くたみ分かれから鍋割り坂、佐渡窪へと至る登山道は、昔から荷を積んだ馬を引いて歩いた古道だそうだ。かつてはくたみ集落と法華院を結ぶ生活道路だったらしい。

 登山道はよく整備されており、幅広く歩きやすい道は樹林の中をジグザグに折れ曲がって続いていく。傾斜はそれなりにあるのだが、つづら折れの登山道はゆっくりと登るように作られており、息を切らすほどではない。

 おまけに登山道の左右は、木洩れ日を受けた紅葉が最後の輝きを存分に見せてくれる。ウォーキング・ハイのような気分で歩ける道なのだ。

紅葉 くじゅう

見上げれば朱色の彩りが視界いっぱいに広がる

 見事な紅葉を見つけては立ち止まって眺め入り、何度もシャッターを押すことを繰り返す。

紅葉 くじゅう

紅葉の鮮やかさに思わず振り返ってしまう

紅葉 くじゅう

いいカメラが欲しい‥‥。

紅葉 くじゅう

たまらん!

紅葉 くじゅう 足元には降り積もった落葉、一歩踏み出すたびにカサコソと音が聞こえる。だれにも会わないぜいたくな山の時間が流れていく。

登山道 くじゅう

「このルート、渋いですね」、「ここまで紅葉が楽しめるとは思わなかったねぇ」‥‥、全くだ。

 気がつくといつの間にか、鍋割坂に着いていた。林の中に安置された石仏にお参りし、汗をぬぐって一休みする。今日はこの先の佐渡窪まで歩く予定である。

佐渡窪

木の間越しに鉾立峠(ほこたてとうげ)が見えだすと、佐渡窪は近い。

 峠からわずかに下ると、雨期には池となる佐渡窪の湿原に出る。何もない広々とした空間に木道が延びている。

佐渡窪 くじゅう

 見渡す限り、我々以外は誰もいない。佐渡窪の空間を独り占めである。小春日和の陽光に包まれ、ただただ大きな風景に浸りながら、ゆったりと散策する。

 豊かで、静かで、ぜいたくな時間だ。

佐渡窪 くじゅう

佐渡窪の広々とした空間で日だまりハイク

 しばらくすると向こうから中高年4人のパーティに出合う。今日初めて出合った登山者ではなかろうか。

 時計を見ると10時30分。さあ、もう一度往路の紅葉を楽しんで下山することにしよう。

◆「山行記録」の関連記事はこちら >カテゴリー「山行記録」関連記事へのリンク 

-山行記録
-, , , , ,

執筆者:


  1. […] ◆ 翌日の関連記事はこちら >一番水から佐渡窪まで、紅葉に包まれ日だまりハイク […]

関連記事

三郡山~宝満山周回、下見山行に出かける

 所属している「アタック山の会」の2月定例山行は、三郡山~宝満山縦走の予定である。今回はその下見を兼ね、未踏の頭巾山(とっきんやま・901m)ルートを登ることにした。

平治岳、ミヤマキリシマの開花偵察に出かけてきた。

 くじゅう連山の平治岳(1,643m)に急遽出かけてきた。もちろんん、ミヤマキリシマの開花状況を偵察するためである。

くじゅう連山 御池と久住山

中岳&星生山、久しぶりにくじゅうの秋を満喫

 緊急事態宣言がやっと解除された。「待ってました」とばかり、大分県のくじゅう連山に出かけてきた。

黒岩山~泉水山、九州自然歩道を利用して周回

 今年もくじゅう連山の雪景色を見ようと、1月の3連休で1泊2日の山行予定を組んでいた。しかし、暖冬のため雪はほとんど無し、おまけにまたも雨、さらにガスがたちこめ視界も利かないとは‥‥。

由布岳、盛夏のテント泊山行 (1)

 朝から蝉時雨に悩まされるようになった。本格的な夏の到来だ。暑気払いも兼ね、山行後にテント泊で一杯やろうとなり、「由布岳+志高湖キャンプ」というプランがまとまった。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

もっと詳しいことが知りたい方は、こちらをどうぞ。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 134055総閲覧数:
  • 4176月別閲覧数:
  • 87615総訪問者数:
  • 3227月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031