映画&ビデオ

映画『カメラを止めるな!』 ~抱腹絶倒! 幸せな気分に満たされる傑作~

投稿日:2018年9月6日 更新日:

 今一本の映画が、日本中の映画好きの間で大反響を巻き起こしつつある。その作品名は『カメラを止めるな!』。

『カメラを止めるな!』

(出典:『カメラを止めるな! 公式パンフレット』)

 この映画、すでに多くの絶賛レビューがネット上に公開されており、改めて小生が取り上げる必要はないほどである。

 にもかかわらず、当ブログで記事をアップするのは、久しぶりに心躍る楽しさを味わった作品であり、一人でも多くの方にこの映画を知ってもらいたいからだ。

 何よりもおすすめするのは、何の予備知識も入れずに映画館に足を運ぶこと。その方が何倍も楽しめるし、面白さも倍増する。小生もそうしたし、腹の皮がよじれるほど大笑いし、実に幸せな気分にひたることができた。

 

「無知で無名で無謀」が掛け算された「無敵」の映画

カメラを止めるな

「ホンモノをくれよ! ホンモノを!」(出典:前掲パンフレット)

 映画『カメラを止めるな!』は、

2017年11月、初お披露目となった6日間限定の先行上映では、たちまち口コミが拡がり、レイトショーにもかかわらず連日午前中にチケットはソールドアウト。
最終日には長蛇の列ができ、オープンから5分で札止めとなる異常事態となった。

(出典:『カメラを止めるな! 公式パンフレット』)

 その後世界の映画祭で多くの賞を受賞し、観客を熱狂の渦に巻き込み続けている話題作である。

 本年6月23日、都内の2館で劇場公開が開始されるや、これまた評判が評判を呼び、現在観客動員数40万人超、累計上映館200館以上という大ヒットを生んでいる。

 驚かされるのが、監督・脚本・編集担当の上田慎一郎監督(35歳)が無名の新人。メインキャストとなる12人の出演者も、オーディションで選ばれた無名の俳優たち。さらに、制作費はわずか300万円、しかもクラウドファンディングでの資金調達。実撮影日数わずか8日間。だが、リハーサルは何と数ヶ月‥‥、という舞台裏の事情。

 本作は極めて不利な条件の中、「無知で無名で無謀な」(監督)制作スタッフが、熱と智恵とチームワークで挑んだ野心作と言える。

斬新な構造、練りこんだ脚本、入念なリハーサル‥‥でもそれだけじゃ”よくできた映画”で終わってしまう。映画を撮る前、そんな生意気なことを考えていた。手に負えないことに挑もう。37分のワンカット、スラップスティックなドタバタ、大人の組体操。そんな不可能なミッションたちに挑めば、おのずと余裕はなくなり、僕らの”本当”という名の血しぶきが現場に飛び散り、映画をスペシャルなものにしてくれる‥‥

(出典:『カメラを止めるな! 公式パンフレット』)

 

月曜日でも1日5回上映か?

 

カメラを止めるな!

(出典:前掲パンフレット)

 小生がこの映画を観たのは、9月3日(月)。週末の1日6回上映という過密スケジュールを避け、観客が少なそうな月曜日を選んだのだ(それでも1日5回の上映だった!)。

 同行したカミさんは、この映画の題名さえ知らず、むろん予備知識は皆無。「面白そうな映画らしいから、観に行こうか」の一声でつき合ってくれた。

 上映時間はあえて19時過ぎを選び、ガラガラの空席を期待していたが、会場は誘い合わせて観に来たような若者たちでけっこう埋まっていた。

 

前半の「なんじゃこれは?」から、後半の抱腹絶倒の笑いへ

カメラを止めるな!

口をおさえた理由が分かった時は爆笑の渦が起こる(出典:前掲パンフレット)

 さて、『カメラを止めるな!』の内容だが、全上映時間は96分。前半37分はワンシーン、ワンカットの長回しで撮影されたゾンビ映画(全く怖くない)。後半の約60分は、ゾンビ映画制作のいきさつと、映画撮影時の舞台裏が明かされる、という二部構成となっている。

 どなたのレビューでも指摘されているのが、前半37分のゾンビ映画が稚拙で不自然なことである。

 素人がとったようなカメラワーク、不自然な会話の流れ、台詞を忘れたような俳優、うまくつながらないシーン‥‥、一言でいうと「なんじゃこれは?」という疑問や違和感を感じる映画なのだ。

 後半60分は、撮影1ヶ月前にさかのぼり、ゾンビ映画をなぜ撮ることになったのかという経緯が明かされ、続いて37分のワンカット撮影の舞台裏が明らかになっていく。

 この舞台裏のネタ明かしが実に面白く痛快なのだ。37分のゾンビ映画には実に周到に伏線が張り巡らされており、「なんじゃこれは?」の疑問が実は巧妙に仕組まれていたことが分かってくる。これらの疑問が次々に解明されていくテンポが、まことに軽快で心地よい。

 とりわけラスト30分は伏線のネタ明かしで笑いが爆発し、会場に爆笑の渦が何度も湧き起こる。後方の若い女性陣は笑いすぎた苦しさで呼吸が困難となり、両手をバチバチと打ち鳴らす。小生も突き上げる笑いで悶絶しそうだ。

 「これほど、お腹を抱えて笑ったのは何年ぶりかしら‥‥」、終映後のカミさんの第一声である。よほど気に入ったのか、「映画でスタッフが来ていたTシャツを買いたい」と言い出す。もちろん全て売り切れ! 仕方なく色違いの白地のTシャツを購入。帰宅する車中でも、映画のシーンを思い出して笑いがこみ上げたほどである。

上田監督

上田慎一郎監督とスタッフTシャツ(出典:前掲パンフレット)

 

しゅはまはるみ、はじけ方が「半端ない」

しゅはまはるみ

(出典:前掲パンフレット)

 本作の主要登場人物は12人。オーディションで選考されただけに個性的で味がある俳優が多かった。中でも小生が特に惹かれたのが監督の妻・日暮晴美を演じた「しゅはまはるみ」さん。元女優で役に入れ込みすぎ、何度もトラブルを起こしたあげく映画界を追放されたいう役どころで、その存在感とはじけっぷりは強烈である。

 鬼気迫る演技はほれぼれするほどで、多くの爆笑をかっさらっていた。護身術の「ポン!」と、「落ち着いてるわよ。私は落ち着いてる‥‥。」というフレーズ(観た人にしか分からないのが辛い!)は、今年の流行語大賞に推薦したいほどである。今後の活躍が期待できそうな女優さんで、注目していきたい。

しゅはまはるみ

(出典:前掲パンフレット)

 他にも語りたいことは幾つもあるのだが、これ以上は映画のネタバレとなりそうなので、本日はここまで。

 上映館が少ないので、事前に調べて行かれることをおすすめする。 >『カメラを止めるな!』公式サイト

 

 

追記

◆2018年9月7日(金)追記
『カメラを止めるな!』動員120万人突破! とのニュース発見

 今、グーグルで『カメラを止めるな!』を検索すると、嬉しいニュースが飛び込んできた。『カメラを止めるな!』、怒濤の快進撃を続けているようで喜ばしい限り。昨晩22時30分にアップされていたようだ。

「映画&ビデオ」の関連記事はこちら カテゴリー「映画&ビデオ」関連記事へのリンク

-映画&ビデオ
-, , ,

執筆者:

関連記事

映画『人生フルーツ』、歳を重ねるほど人生は美しくなる (3)

 前回では、映画『人生フルーツ』の魅力として次の3点が指摘できそうだ、と述べた。1 見事で美しい「老」と「死」の実例が確かに在る。 2 「ときをためる」生き方が「老」を輝かせる。 3 夫婦円満の鍵は、「同じ方向」を向き「すき間」をつくること。
 今回は、その続きとなる。

映画『グリーンブック』をもう一度見直してみた(2)

「勇気は人の心を変えられる」という信念のもと、黒人差別が根強く残る南部へのツアーに踏み切ったシャーリー。果たして彼は南部白人たちの心を変えることができたのだろうか?

津端ご夫妻

映画『人生フルーツ』、歳を重ねるほど人生は美しくなる (1)

(出典:映画「人生フルーツ」パンフレット)  何とほほえましく、魅力的なご夫婦であろうか。歳を重ねた品格と内面の豊かさとが、自然ににじみ出ているような笑顔である。  このお二人は、津端修一(つばた・し …

映画『砂の器』(1) 涙腺がゆるみっぱなしだった出合い

 映画「砂の器」は、「日本映画不朽の名作」と絶賛され、どなたも「涙なくして見られなかった」とおっしゃる。 本作品は日本人の琴線を揺さぶる傑作として、わが子や孫にぜひ観てもらいたい作品である。

映画『砂の器』(4) クールな丹波哲郎の予想外の熱演

 前回は、伝説の名子役春田和秀と、父親役の加藤嘉の名演についてふれてみた。今回は、刑事役の丹波哲郎について、個人的な感想を述べてみたい。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫2人

  • 15105総閲覧数:
  • 1454月別閲覧数:
  • 9643総訪問者数:
  • 965月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031