東京見聞録(3)  神宮外苑のいちょう並木を見物に

投稿日:2018年12月17日 更新日:

神宮外苑 いちょう並木

明治神宮外苑のいちょう並木

◆前回の記事はこちら >東京見聞録(2) 皇居の紅葉を楽しむ

※ 本稿は2018年12月8日~10日の記録を、12月17日にアップしたものです。

 今は12月17日(月)、奈良市内のホテルでこの記事を書いている(汗)。

 東京から帰福したのが12月12日(水)夕方で、3日後の15日(土)早朝には奈良に旅立つという慌ただしさ。今日は奈良滞在3日目にあたり、明日は京都に向かう予定でいる。奈良と京都の旅の様子については、いずれ「奈良&京都見聞録」として本ブログにアップするつもりである。

 それよりも、まずは途中までとなっている「東京見聞録」の続きをアップするとしよう。

 

孫たちとの時間を堪能する

 上京4日目の12月8日(土)は終日孫たちと遊び戯れ、夜は合流した娘も含めて総勢7名で楽しく食事に出かけた。

 翌9日(日)も全員で豊洲の「ららぽーと」に出かけ、孫の「誕生日ギフト券」のリクエストにお応えすることができた。

◆「誕生日ギフト券」に関する記事はこちら >孫へのプレゼントにギフト券を作ってみた

 これは余談だが、「ららぽーと」は12月6日の「カンブリア宮殿」(テレビ東京)で取り上げられており、まさに家族全員で丸一日楽しめる巨大ショッピング・モールであった。番組で三井不動産の菰田社長の進取の気性に触れ、強く感銘を受けた。

ららぽーと豊洲(出典:EPARK LaLaport 特設サイト

神宮外苑のいちょう並木を散策

 さて、12月10日(月)、上京して6日目となった。昨日からの寒波到来で朝の冷え込みが厳しくなり、できれば外出は気温が上がる10時過ぎからとしたい。

 今日のお目当ては、明治神宮外苑通りのいちょう並木である。カミさんによると、映画やテレビドラマでよく登場する名所らしいが、小生はよく知らない。

 ネットで検索すると次のような場所とのこと。

 青山通りから明治神宮外苑まで続く、あまりにも有名な並木道。146本のイチョウが植えられ、秋には黄金色のトンネルとなり美しい。青山という場所柄もあって、その眺めは都会的でおしゃれだ。

(出典:神宮外苑いちょう並木の紅葉情報「紅葉情報2018」サイト

 画像検索してみると、次のような」「黄金のトンネル」の写真が紹介されている。

 紅葉のピークからは1週間ほど過ぎているが、まだ何とか間に合いそうである。ならば、「神宮外苑のいちょう並木→青山通り→表参道→明治神宮参拝」という「おしゃれな」コースを歩いてみよう。

 JR信濃町駅で下車し神宮外苑へと歩を進めると、すでに大通りの両側は色づいた銀杏の木がどこまでも続いている。歩道は、降り積もった葉で黄色く染まっているようだ。

 神宮外苑のいちょう並木着が13時頃。予想通りピークは過ぎ、すでに落葉している木々がかなり目立つが、それでもこの並木の黄葉は圧巻である。300m続く通り一面に、いちょうの葉の絨毯が敷き詰められているかのようだ。

神宮外苑 いちょう並木

車道側の銀杏はすでにほとんど落葉している

神宮外苑 いちょう並木

300m続く通りに沿って、おしゃれなベンチが設置されている。

 ベンチに腰かけて、ぼーっと通りを眺めてみる。ぜいたくな時間だと思う。現役の頃はこんなゆとりの時間を過ごせるなんて、夢にも思ったことはなかったのだが。シニアライフも悪くないものだ。

神宮外苑 いちょう並木

 ふと、通りに目を向けると、見慣れぬ車体のタクシーが停まっている。ひょっとしたらTOYOTAがタクシー専用車両として開発した「ジャパンタクシー」かもしれない。ドアに東京オリンピックのエムブレムが描かれている。2020年のオリンピックでは、このタイプのタクシーが活躍することになるのだろう。

ジャパンタクシー 並木通りのいちょうをたっぷり楽しんだ後は、青山通りから原宿・表参道をぶらぶら散策し、

表参道

 明治神宮参拝を終え、娘の自宅に向かった。今日もよく歩いた一日だった。

明治神宮

※ 本記事の続きはこちら 

※ 「東京見聞録」の関連記事はこちら
東京見聞録(1) 東京駅の展望スポットを訪ねて
東京見聞録(2) 皇居の紅葉を楽しむ
東京見聞録(4) 上野の森でフェルメールを鑑賞する

-
-,

執筆者:


関連記事

奈良&京都見聞録(8) 無鄰菴  (むりんあん)、極上の庭園を堪能する

「無鄰菴 (むりんあん)」、明治の元勲山縣有朋(やまがた・ありとも)の別邸。あまり期待をしていなかっただけに、いい意味で期待を裏切られた名勝。東山を借景とした美しい庭園は実に見応えがあった。

奈良&京都見聞録(2) 春日大社、千三百年を共に生きた神と人

 12月16日(日)、午前8時前にホテルを出発する。日曜日の朝とあって、まだ街は目覚めていない。人通りがまばらな三条通りをまっすぐ東へ向かう。春日大社まで約3kmの道のりである。

法隆寺

奈良見聞録(3) 法隆寺、時は止まったまま息づく

 法隆寺には3度訪れたが、いつも駆け足の参拝だった。「いつかはたっぷり時間をとり、時を忘れて心ゆくまで散策したい」と思い続け、やっとそれが実現できる日が来た

奈良見聞録(1) 気ままなマイカー旅行のスタート

 9月23日(月)午後1時、愛車マークXジオで北九州を出発し、マイカーによる夫婦二人旅がスタートした。今回は昨年師走に訪れた奈良を再訪する旅である。

奈良&京都見聞録(11) 東寺の終い弘法で、掘り出し物を探す

 京都には長い歴史を持つ市が二つある。毎月21日に東寺(とうじ)で開かれる「弘法市」と、毎月25日に北野天満宮で開かれる「天神市」がそれ。12月の市はそれぞれ「終(しま)い弘法」「終い天神」と呼ばれ、特に多くの人出を集めるようで、京都の師走の風物詩となっている。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 44793総閲覧数:
  • 2621月別閲覧数:
  • 32202総訪問者数:
  • 2146月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829