奈良見聞録(3) 法隆寺、時は止まったまま息づく

投稿日:

中大門前の参道から望む法隆寺五重塔

中大門前の参道から望む五重の塔

◆前回の記事はこちら >奈良見聞録(2) 高速道路を乗り継ぎ、法隆寺へ

※ 本稿は2019年9月24日の記録を、11月1日にアップしたものです。 

法隆寺の思い出

法隆寺を訪れた修学旅行生

中学生の修学旅行の一団。遠い昔の自分のような少年を見つけ、笑ってしまった。

 初めて法隆寺を訪れたのは、中学3年の修学旅行の折だったから50年以上も前になる。現存する世界最古の木造建築、エンタシスの柱、聖徳太子の建立、止利仏師(とりぶっし)の釈迦三尊像、芭蕉の「柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺」の句、こんな断片的な知識を事前に詰め込み、友人たちとワイワイ言いながら見学(?)したと記憶する。

 「古いことがそんなに有り難いことなのかなぁ」というのが、法隆寺の印象でしかない。この日境内にいた修学旅行生の中に、半世紀前の自分のような少年を見つけ、思わず苦笑してしまう。

法隆寺回廊の柱

エンタシスの柱、1400年の時の重みが感じられる

 2度目の訪問は20代後半、法隆寺の宮大工棟梁・西岡常一(にしおか・つねかず)氏の『法隆寺を支えた木』を読み、法隆寺の修理にかけた氏の情熱と叡智に心を打たれた後だった。同時に梅原猛(うめはら・たけし)氏の『隠された十字架』に触れ、法隆寺は聖徳太子のたたりを封印するための「鎮魂の寺」だ、という推理に知的興奮を覚えていた頃でもあった。

 連れが京都市郊外に宿をとっていたため、ゆっくりと見学できず未練を残して寺を後にした記憶がある。夢殿や隣の中宮寺は時間不足のため、涙をのんで割愛せざるを得なかった。

法隆寺屋根の狛犬の飾り

屋根の四隅の狛犬、こんな細部にもこだわりが感じ取れる。

 3度目の訪問はほぼ10年前。仕事の合間のわずかな時間を利用しての駆け足参拝だった。

 「いつかはたっぷり時間をとり、時を忘れて心ゆくまで散策したい」と思い続け、やっとそれが実現できる日が来たという次第。今回の宿はJR奈良駅の近く、これから夕方までたっぷりと時間はある。ワクワクしながら南大門をくぐったのだ。

法隆寺のガイドさん

中大門をくぐった所で、法隆寺の見所について説明を受ける。

 

古いから尊いのではない、尊いからこそ長く残った

法隆寺の伽藍

 中大門をくぐると、法隆寺の大伽藍が眼前に広がる。広々とした境内は掃き清められ、手前に金堂と五重の塔、正面奥に大講堂が整然と並んでいる。

 この光景をひととおり見渡すと、ため息がもれそうになる。それぞれの建物の存在感が半端ではない。1400年という時の試練を経た「重み」が、じんわりと浸透してくるかのようだ。

 千年以上前も誰かがこの風景を眺めていたのかと思うと、何とも不思議な感慨を覚える。法隆寺では、時が止まったまま息づいている。

法隆寺五重塔

 中大門の石段から境内の砂利に足を降ろし、五重の塔、金堂、大講堂の順にゆっくりのんびり見て回る。堂内は撮影禁止なので、写真は外観のみのものとなる。

法隆寺金堂

 今日は時間のゆとりがあるので、細かい所までていねいに見て回る。金堂2階の四隅には、龍の彫刻が施された支柱がある。風雪に洗われ摩耗しているが、迫力はいまだに健在。

法隆寺金堂

 大講堂前の青銅製の燈籠。細部の造作にも作者のこだわりが感じとれる。

法隆寺大講堂前の燈籠

 法隆寺の建立は推古15年(607年)。日本仏教の基礎を築いたとされる聖徳太子が、ここ斑鳩(いかるが)の里で陣頭指揮をとり、最高の職人と最新の技術により建設されたという。五重塔や金堂は世界最古の木造建築とされ、1993年には日本で初めてユネスコの世界遺産に登録されている。

 その聖徳太子の遺志を継ぎ、法隆寺を1400年以上にわたり守り続けた無数の人々。彼らの存在がなければ、今この名刹を見ることができなかったと考えると、ある種の感慨が湧き起こってくる。ここは1400年以上も累積した信仰の重みが感じ取れる場所。

 「古いから尊いのではない。尊いから長く残ったのだ」、そんな思いに一瞬でも浸れる場所が法隆寺だと、改めて感じた次第。

※ 法隆寺でカミさんがいただいた御朱印。中央に墨痕鮮やかに「以和為貴」としたためられている。「和を以て貴しと為す」、令和元年の良き記念となった。

法隆寺の御朱印、「以和為貴」。

 

 

※ 本記事の続きはこちら >奈良見聞録(4) 


※ シリーズ「奈良&京都見聞録」関連記事はこちら  >

-
-, ,

執筆者:


  1. […] ※ 本記事の続きはこちら >奈良見聞録(3) 法隆寺、時は止まったまま息づく […]

関連記事

奈良&京都見聞録(9) 京都迎賓館、匠たちの一流の技に酔う

 今回の京都の旅で楽しみにしていことの一つが、京都迎賓館の参観。館内に足を踏み入れると、そこは匠たちの最高峰の技が輝く「未来の国宝」館と言ってもよい施設。その素晴らしさはまさに「眼福(がんぷく)」の一言であった。

定年後から始めたふたり旅

 60歳で定年を迎え、以後65歳まで嘱託職員として勤務した。収入は大幅減となったが、定時に帰宅できるし有給休暇もきちんととれる。夫婦二人で旅をする機会が増えてきた。

奈良見聞録(1) 気ままなマイカー旅行のスタート

 9月23日(月)午後1時、愛車マークXジオで北九州を出発し、マイカーによる夫婦二人旅がスタートした。今回は昨年師走に訪れた奈良を再訪する旅である。

東京見聞録(3)  神宮外苑のいちょう並木を見物に

 上京4日目の12月8日(土)は終日孫たちと遊び戯れ、夜は合流した娘も含めて総勢7名で楽しく食事に出かけた。翌9日(日)も全員で豊洲の「ららぽーと」に出かけ、孫の「誕生日ギフト券」のリクエストにお応えすることができた。

法隆寺大講堂前の燈籠

奈良見聞録(2) 高速道路を乗り継ぎ、法隆寺へ

 9月24日(火)午前5時起床。車外に出てみると車中泊とおぼしき車が約20台ほど。残りは長距離の大型トラックばかり。洗面と着替え、荷物の整理を終え、6時走行開始。7時30分頃に竜野西SAで朝食。引き続き約90分の運転ごとに休憩を入れ、順調に距離を稼いでいく。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 31668総閲覧数:
  • 3948月別閲覧数:
  • 21647総訪問者数:
  • 3186月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930