山行記録

猪群山に干支登山、車をデポし周回コースを歩く

投稿日:

猪群山

要所に設置されたお手製のメッセージ板

※ 本稿は2019年1月27日の山行記録を、1月31日にアップしたものです。

 所属している「アタック山の会」の1月定例山行は、恒例の干支(えと)登山。今年は亥年(いどし)なので、大分県豊後高田市の猪群山(いのむれやま・458m)に登った。猪群山の山名が示すとおり、昔から猪が群れるほどにいる山らしい。

 

コース及び活動概要

◆コース及び活動概要
※ 山行軌跡図はYAMAPによるもの。
 ご覧のように、出発してまもなくスマホのソフトが一時停止したようである。ストーンサークルまで、一直線の赤い軌跡が伸びている。一応、参考資料としてアップしておく。

猪群山

赤の直線部分が、記録されていない(一時停止されていた)部分

常磐区公民館前(10:10)~常磐コース登山口~立石~いっぷく望~猪群山頂(458m)~ストーンサークル(11:56~12:20)~猪群山頂~臼野コース登山口~有寺地区のデポ地点(14:11)

参加メンバー:14名(アタック山の会、1月定例山行)

 

常磐地区公民館~猪群山頂

今川PA

雪化粧した山並み(東九州自動車道今川PAにて)

 午前8時頃に東九州自動車道の今川PAから眺めると、辺りの山々はうっすらと雪に覆われている。昨日の寒波による降雪のためである。高速道路もあちこちで雪用タイヤ規制が行われているようだ。

 配布された行程表を見ると、常磐(ときわ)コース登山口から山頂を経て、臼野コース登山口までの周回ルートを歩くようになっている。登山口と下山口が異なるので、当然車のデポが必要となる。

 今回は、常盤地区公民館前で下車して登山口まで舗装路を歩いている間に、運転手は下山口まで車を回し、1台の車で登山口まで折り返す作戦のようである。

 常磐コース登山口には、駐車場が複数あり、簡易トイレも設置されていた。

猪群山駐車場 車で戻って来た運転メンバーと合流し、出発する。小生、常磐コースは初めてなので、興味津々である。
 くずれた石垣の間をぬって登山道が続いている。かつての住居や畑の跡だろうか?

猪群山

猪群山

雪山を予想して長靴で参加したK氏

 しばらく進むと、落ち葉の積もったつづら折りの道に変わる。勾配は意外と急である。期待していた雪はまったく見られない。

猪群山

 11時14分、立石岩着。「石が立っているから、立石? そのまんまやん。」という声が多数。

猪群山

 「こりからが‥ひいぢぃ‥でぇ‥?」、「これからがきついよ」という意味なんだろうなぁ。手製のメッセージ板に、地元の人たちのぬくもりが感じられる。メッセージ板は随所に設置されており、笑いを誘う。

猪群山

 樹林帯を抜け尾根に乗り上げたようで、日差しがいっそう強まり、汗がしきりに流れ始める。勾配もさらに急になり、息が上がる。「ひいぢぃ、ひいぢぃ‥」と呟くと、何となくぴったりくる。

猪群山

 11時37分、「いっぷく望」着。山頂から南に延びる尾根の肩に当たる場所で、広々とした展望が何とも心地よい。天気の回復もあって、気分が次第に弾んでくる。

猪群山 いっぷく望

 ここから山頂までは気持ちのよい稜線歩き、おだやかなアップダウンを楽しみながら歩いていく。

猪群山

 11時53分、猪群山頂着。そのままストーンサークルをめざす。

猪群山

 

ストーンサークル~下山

猪群山

 門構えのような陰陽石を通過する女性会員3名。この巨石から先は「オミセン」と呼ばれ、かつては女人禁制の領域だったと聞くが‥‥。

 

猪群山

S氏提供の集合写真。顔はマスキングしています。

 ご神体として崇められている陰陽石(高さ4.5m)の前で、記念撮影。「AYK(アタック山の会)」のセンターを誰が獲るかという争いは、なかった。この石を囲むようにして丸い巨石が散在する。これがストーンサークルと呼ばれている巨石群である。

 作家の松本清張が1983年に登り、山頂部のストーンサークルやメンヒル(巨石)等の現地調査をしたと聞く。宗教的な祭祀場などといわれているが、いまでも卑弥呼の墓では?・・という説も残っているようだ。
 昼食をとりながら、展望を楽しむ。遠くに周防灘も望むことができるすばらしい場所だ。

猪群山

 あれは、多分中山仙境の岩峰群だろう。奇岩が林立するこの眺望はなかなかのもの。しばらく見ほれていた。

猪群山から見える中山仙境

 昼食後は、猪群山頂にもどり、臼野(うすの)コースで下山。分かりやすい標識が設置されており、迷う心配はない。

猪群山 この臼野コースが猪群山の本来の登山道で、12年前に歩いたことを思いだす。登山者に長年踏み固められた道は、さすがによく整備されて歩きやすい。
猪群山

 13時10分、飯牟禮(いのむれ)神社の標識がある登山口に到着。

猪群山

 これから後は、車をデポした「有寺」地区まで舗装された林道を歩くだけだったが、これが意外に長くて遠い道のりだった。

 歩きながら往路での車中のやりとりを思い出した。
 「来年の干支登山は、どこの山になるんですかね。子(ね)ですよ。」との質問。確かに‥‥、ネズミに由来する山など聞いた覚えがない。まぁ、一年かけて考えることにしよう。

 帰路に宇佐神宮に立ち寄り、「柚(ゆず)鶏(かしわ)うどん」なるものを食す。柚の酸味がきいて、珍しい味であった。

 今日も楽しく山歩きができた。有り難い有り難い。

-山行記録
-,

執筆者:

関連記事

由布岳の紅葉を静かに味わう

 グループ山行が続くと、ぶらぶら一人歩きがしたくなる。由布岳の山ろくあたりはまだ紅葉が残っているはずだ。紅葉シーズンさなかの賑わいの中、静かな山行を楽しむための作戦を立てることにした。

くじゅうテント泊ザック

坊がつるでテント泊‥‥酷暑の中、三俣山南峰直登ルートに挑む (1)

※ 本稿は2018年7月14日の山行記録を、7月30日にアップしたものです。 今回のお題 7月の3連休は、かねてよりくじゅう山行と決めていた。雨天ならば晴れ間を狙って日帰り山行、梅雨明けなら坊がつるで …

初詣でを兼ねて英彦山へ

 今年の登り初めは、初詣でがてら英彦山(ひこさん・1199m)とした。あわよくば雪景色が楽しめるかと思ったが、あいにく予報は雨のち晴れ。山友らと新年のあいさつを済ませ、小雨降る中を総勢4名で英彦山に向かった。

錦繍のくじゅう連山を歩く(1) 燃える三俣山

 くじゅう連山の定番紅葉スポットは、三俣山お鉢巡りと大船山御池(みいけ)。この2座を1泊2日で歩くことにした。絶好の秋晴れに恵まれ、息をのむ錦繍(きんしゅう)の彩りを堪能することができた。

くじゅうの黒岳で「陽だまりハイク」を楽しむ

 山友のS氏から「どこか行きませんか」とのリクエストを受けていた。今年は紅葉の時期が早く、すでにピークは1,000m以下の山に移っている。くじゅう黒岳山ろくの男池周辺ならまだ紅葉が残っているだろうと考え、出かけることにした。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫2人

  • 1328総閲覧数:
  • 1023月別閲覧数:
  • 833総訪問者数:
  • 650月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728