あとからくる君たちへ

あとからくる君たちへ(14) ジグソーパズル、立ち止まって考え込むより‥‥

投稿日:2019年2月4日 更新日:


 朝起きる、学校に行く、授業を受ける、友だちと過ごす、部活動をする、帰宅してご飯を食べて眠る。毎日同じことの繰り返し‥‥。
「この生活に何の意味があるんだろう」と考えたことはありませんか? 中には「意味が分からないことを、真面目にやるつもりはないよ」という人がいるかもしれません。

 唐突ですが、ちょっと「ジグソーパズル」を思い浮かべてみてください。数百から数千にも及ぶバラバラの破片をつなぎ合わせて一枚の絵を完成させていく、あのジグソーパズルです。

ジグソーパズル

 試しに、パズルのピース(小片)を一つ手にとってみましょう。もちろん想像の世界の話です。ピースを手にしたあなたに、いくつか質問をさせてください。

質問1、「手の中にあるピースから、完成した絵を想像できますか?」
質問2、「そのピースが絵のどの部分か、考えて分かりそうですか?」 
質問3、「その取るに足りないちっぽけなピース、いい加減に扱えそうですか?」

 何が言いたいか、あなたはもう分かったと思います。

 わたしたちの毎日の行動や経験の大半は、目に見えてすぐ何かの結果につながるものではありません。それらは、たとえて言えば、ジグソーパズルのちっぽけなピースと同じようなものです。

 そのときは何の意味があるか分からなくても、絵を完成させるためには、一つ一つのピースはなくてはならないもの。その一つ一つに大事な意味があって、十年、二十年後にそれが確実に形となり、自分の中に生きていると実感できるときがやって来ます。

 ちょうどピースが次第につながっていき、絵の一部が姿を表してくるのと同じです。時間がたたないと、年をとらないと分からないことはたくさんあるのです。

 それでは最後の質問です。

質問4、「ジグソーパズルを完成させるためのコツは、何でしょうか?」

 できるところから取り組む、完成するまであきらめない、つなぐことに集中する、‥‥、答はすぐ出てきます。

 ピースにどんな意味があるのか立ち止まって考え込むより、意味がよく分からなくても、パズルの完成をめざし「今」に全力を尽くしてみてはどうでしょう。 

 私は、いつも、人生は、時間制限のある、ジグソーパズルのようなものだと言います。(略)ジグソーパズルの完成は確かに嬉しいものですが、その嬉しさは、ほんの一瞬ですね。ピースをはめている過程こそが、一番楽しめる時です。(萩本欽一)

(出典:『心に刺さる!運命の言葉 偉人たちの名言集 日本の偉人編』、浜本哲治)

 少しずつつながっていくパズル、楽しんでみませんか?

 

-あとからくる君たちへ
-

執筆者:


  1. […] あとからくる君たちへ(14 ) ジグソーパズル、立ち止まって考え込むより‥‥ […]

  2. […] あとからくる君たちへ(14 ) ジグソーパズル、立ち止まって考え込むより‥‥ […]

  3. […] あとからくる君たちへ(14 ) ジグソーパズル、立ち止まって考え込むより‥‥ […]

  4. […] あとからくる君たちへ(14 ) ジグソーパズル、立ち止まって考え込むより‥‥ […]

  5. […] あとからくる君たちへ(14 ) ジグソーパズル、立ち止まって考え込むより‥‥ […]

  6. […] あとからくる君たちへ(14 ) ジグソーパズル、立ち止まって考え込むより‥‥ […]

  7. […] あとからくる君たちへ(14 ) ジグソーパズル、立ち止まって考え込むより‥‥ […]

  8. […] あとからくる君たちへ(14 ) ジグソーパズル、立ち止まって考え込むより‥‥ […]

  9. […] あとからくる君たちへ(14 ) ジグソーパズル、立ち止まって考え込むより‥‥ […]

関連記事

箸

あとからくる君たちへ(6) 箸(はし)の話

 ある人が地獄と極楽を見学に出かけました。まず最初に見学したのは地獄です。目を引くのは、いたるところに設けられている大きな食卓です。どの食卓にもたいへんおいしそうなご馳走が、山のように並んでいます。

日本理化学工業の社員

あとからくる君たちへ(23) 幸せを求めた2人の少女

 皆さんは「日本理化学工業」という会社を知っていますか。この会社は、全社員の7割が知的障がい者というチョークの製造会社です。

あとからくる君たちへ(30) 元旦に行われる四方拝(しほうはい)、天皇陛下の祈り

今日は令和元年12月5日、後1ヶ月足らずで、新元号「令和」となって初めての新年を迎えます。今回は、皆さんのほとんどが知らない元旦行事を紹介することにしましょう。

あとからくる君たちへ(25) 清掃のプロをめざして~心で磨く、心を磨く~

2013年から6年間で5回、「世界一清潔な空港」に選ばれた栄誉を持つ羽田空港。その最大の功労者の一人が新津春子さん。今回は彼女の紹介をすることにします。

あとからくる君たちへ(11) 『オール1の落ちこぼれ、教師になる』

 ……23年前のある夜のことです。仕事を終えた一人の若者が、小学3年生の算数ドリルを1ページ、1ページめくりながら問題を解き始めました。昼間は建設会社で働き、疲れ切って帰宅してからの学習です。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 34568総閲覧数:
  • 1366月別閲覧数:
  • 23829総訪問者数:
  • 1053月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031