食べる

シニアの家めし(18) 晩酌の肴をつくってみた

投稿日:

7月3日(水) 鰯の生姜煮

  近くのスーパーで新鮮な鰯が並んでいた。これで生姜煮を作れば2日はもちそうなので、頭と内臓を処理したパック(5尾入り、約300円)を購入。

 生姜を切り、調味料を入れるだけ。後は圧力鍋にお任せの簡単料理。焼酎が進む。

◆準備するもの

食材 鰯(頭と内臓を処理したもの)、生姜
調味料 醤油、料理酒、みりん。好みで砂糖少々
使う道具 圧力鍋

◆レシピ

切る 生姜を薄切りし、適当な大きさに切る。
煮る
  • 圧力鍋に鰯を並べ、生姜を入れる。調味料で適当に味付け。
  • 水を鰯が隠れるくらいか「ひたひた」になる程度入れる(少なめに)。
  • 鍋が加圧したら、最も弱い火で15分。
  • 火を止め、減圧するまで待って出来上がり。
調理時間 約20分

◆情報源:『100歳、元気の秘密』 (三浦敬三、祥伝社) 

 

7月4日(木) 焼き厚揚げの生姜添え

 厚揚げをさっと焼き、好みの薬味をのせ、醤油をかけるだけ。簡単でうまいのがいい。

  最初はトースターで焼いてみたが、なかなか焼けない。業を煮やしてグリルで焼くとうまくいった。フライパンで焼いてもOKとのこと。表面のカリッとした食感と、中のもっちり感がうまさの秘訣か。

◆準備するもの

食材 厚揚げ(焼いて食べる専用のものが便利)、白ネギ、チューブ入りしょうが、鰹節(パック入り)
調味料 醤油
使う道具 グリル(魚を焼く)かフライパン

◆レシピ

切る 白ネギを小口切りにする。
焼く
  • 魚を焼くグリルで、厚揚げの外側がこんがりするくらい焼く。
  • 好みの薬味をのせ、醤油をかける。
調理時間 約10分

◆情報源:相模屋の「焼いておいしい絹厚揚げ」の広告(雑誌掲載)

 

7月5日(金) ジャガイモとベーコンの炒め物、紫蘇トマト 

 始めは、じゃがいもの茹でつぶしと生ハム添えを作るつもりだったが、一度記事をアップしているので、変更。冷蔵庫にベーコンがあったので、じゃがいもと炒めることにする。紫蘇トマトは適当に切ったトマトに紫蘇のみじん切りを和え、ポン酢をかけただけのもの。両方ともビールにぴったり。

◆準備するもの

食材

じゃがいも、ベーコン、パプリカ(色付きピーマン?)、トマト、紫蘇の葉

調味料 油、ポン酢
使う道具 フライパン

◆レシピ

切る
  • じゃがいもは火が通りやすいように薄切りにする。ベーコンは適当な大きさ、パプリカは細切りにする。
  • トマトは一口大に、紫蘇の葉はみじん切りにする。
焼く
  • フライパンに油を引き、じゃがいもとベーコンを弱火でじっくり炒める。
  • じゃがいもが柔らかくなったら、細切りのパプリカを入れ少し炒める。
  • 最後に、醤油を少し振って完成。
調理時間 約15分

◆情報源:『いつもの献立がごちそうになる! 新・家めしスタイル』(佐々木俊尚、マガジンハウス)

 

7月6日(土) 厚揚げとトマトの挽肉炒め

 冷蔵庫に残っていた厚揚げ、豚ひき肉、トマトを消費しなければと考え、この3語でネット検索。”cookpad” のサイトにこのメニューを見つけ、作ってみた。よって、詳細なレシピはそちらを参考にしていただきたい。

 厚揚げを焦げ目がつくほど焼き、挽き肉とトマトを加えて炒め、醤油、砂糖、料理酒で甘辛く味付けしたおつまみ。トマトの酸味と挽き肉の甘辛味が不思議にマッチする一品。これはうまかった。

◆情報源:★簡単おつまみ★厚揚げとトマトの挽肉炒め by NackkcaN (毎日の料理を楽しみにする cookpad

 

7月7日(日) 麻婆豆腐

 便利な時代になったもので、麻婆豆腐の元まで市販されているではないか! 説明書きを読んでみると、豆腐、豚挽肉、白ネギとこの「中華合わせ調味料」なるものだけで、四川式麻婆豆腐ができあがるという。

 これぞ独居老人(いや、一人暮らしのシニア男性)の救いの神。2人前の分量だったので、1人前は晩酌の友に、残りは夕食のおかずに食した。

◆準備するもの

食材
  • 豆腐(半丁)、長ネギ、豚挽肉
調味料
使う道具
  • フライパン

◆レシピ

切る
  • 豆腐は1.5cm画にに切る。
  • 長ネギはみじん切りか小口切りに。
焼く
  • フライパンに油を引き、中火で挽肉を炒める。
  • 「Cook Do」を入れ、よく混ぜ合わせる。
  • 豆腐を加え、静かにかき混ぜながら約3分煮立てる。
  • 長ネギを混ぜ込んで、出来上がり。
調理時間
  • 約15分

 

-食べる
-, , ,

執筆者:


  1. […] ※ 本シリーズの前回の記事はこちら >シニアの家めし(18) 晩酌の肴をつくってみた […]

関連記事

男の昼ごはん読本

シニアの家めし (4) ~手作りランチ と「男の昼ごはん読本」~

7月17日(火)ざるうどん 暑い夏の昼食は、冷たい麺類が一番である。場数を踏んで、少しずつ料理の手際がよくなってきた。圧力鍋を使うのにもだいぶ慣れた。 7月18日(水)トーストとコンソメスープ 焼いた …

シニアの家めし(14) 自分で納豆をつくってみた。

 この納豆、小生の自作である。これにしらす干しと刻みネギを加え、めんつゆををかけて混ぜ合わせること50回。糸を引くほど粘りが出たものを玄米ご飯にのせ、毎朝食べている。小生が自分で納豆をつくり始めて、およそ2ヶ月になる。

男のええ加減料理

シニアの家めし (8) ~「男のええ加減料理」が人生を楽しくする~

マイ土鍋で作った鍋焼きうどん 8月17日(金)  数日前に一人用の「マイ土鍋」を購入し、さっそく鍋焼きうどんを作ってみた。  土鍋にかしわ、野菜、食材、うどんを入れて煮込み、うどんだしの素(市販品)を …

ジャガイモの茹でつぶし

シニアの家めし(9) ランチと酒の友を作ってみた

8月18日(土) 「ラ王」タンメン風  フライパンで具材(肉、野菜等)を炒めた後、水を足し、麺とスープを入れて作った「ラ王」。簡単かつ美味だった。麺をゆでる作り方より、こちらの方が好みである。 &nb …

筍とサバ缶の煮物

シニアの家めし(12) 筍とサバ缶の煮物、晩酌のお供に‥‥

9月7日(金)  筍(たけのこ)をスライスして、サバ缶と一緒に煮込むだけ。ずぼらな小生でも、作ってみようかという気分になる。 ◆準備するもの 食材 筍(水煮でも可)、サバ缶(みそ味でも醤油味でも可)、 …


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 31089総閲覧数:
  • 3369月別閲覧数:
  • 21192総訪問者数:
  • 2731月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930