山行記録

坊がつるでテント泊‥‥酷暑の中、三俣山南峰直登ルートに挑む (2)

投稿日:2018年8月2日 更新日:

※ 本稿は2018年7月15日の山行記録を、8月2日にアップしたものです。

三俣山南峰(1743m)直登ルートに挑む

三俣山のモルゲンロート

<三俣山のモルゲンロート>

坊がつるの朝は早い。午前5時過ぎには、朝食や登山の準備をする人の姿がちらほらと目につき始める。
朝焼けに染まる三俣山南峰を眺めながら、今日登る直登コースはどのあたりかと、目で探すがよく分からない。

昨夜飲みながら決まったのが、坊がつるから三俣山南峰(1743m)まで、標高差約500mを直登するルート。地図を見ると、つまった等高線を一直線に登っていくのがよく分かる。

三俣山登山地図(出典:「山旅クラブ」収録登山地図「_広域_九重_山系」)

このルート、8年前の10月に一度だけ登った記憶がある。登山道も未整備で、けっこうしんどい思いをしたなぁ。当時はまだ50代後半。くじゅうの未踏ルートをすべて制覇してやろうと、意欲に燃えていたのである。

昨晩知り合った山のベテランが、「三俣山南峰ルートと、鉾立(ほこたて)峠から白口岳へ登るルートは行きたくないなぁ」とおっしゃっていた。同感である。
しかし、同行のB氏とN氏はいたく興味を引かれた様子。かつての小生と同様、くじゅうの未踏ルートに魅力を感じているようだ。

 

取り付きから南峰山頂まで

南峰ルート取り付き地点には、それらしき道標などない。「坊がつる」の案内板を背にすると、三俣山に向かう踏み跡が目にはいる。その踏み跡をたどっていくだけである。

坊がつる案内板

しばらく進むと、両手両足を使って登るような急登が待ち構えている。これが約1時間続くのだから、それなりの心の準備が必要となる。
水と昼食等の最低限の荷で軽量化を図り、サブザックを背に急斜面に向かう。

三俣山南峰の急登
ぎらぎらと照りつける日差しと蒸し暑さにあえぎながら、登る、登る、登る‥‥。
汗がメガネを濡らし、ぬぐってもぬぐっても吹き出てくる。

B氏がたまらずTシャツを脱ぎ、絞ると汗がぽたぽたとしたたり落ちる。
熱中症だけにはなるまいと、10分登っては数分休憩というゆっくりペース。塩飴をなめ、水分を確実に補給する。

時折さわやかな涼風が吹き抜けると、生き返ったような気分になる。展望も素晴らしい。坊がつるのテントもかなり撤収され、数が減ってきたようだ。

南峰山頂直下に展望台のような草地が広がっている。吹き抜ける風が実に心地よい。この展望の素晴らしさにひかれ、登山者の絶好のランチ場所となっていると聞く。

きっかり2時間で南峰山頂に到着である。「よく頑張った」と、自分で自分をほめてやりたくなる。このルートの魅力は、長い急登を登り切った達成感と、くじゅうの山並みを一望する大展望であろう。

眼下に坊がつる湿原、左に平治岳、正面に堂々とそびえる大船山、右に目を移すと鉾立峠から白口岳へ伸び上がる稜線、そのまま中岳、天狗ヶ城へと連なるくじゅうの峰々‥‥。
3人で互いの健闘をたたえながら、気宇壮大な展望にしばし時を忘れる。

くじゅう連山

 

南峰直下の分岐で道を間違え、GPSソフトに助けられる

さて、三俣山のお鉢巡りである。小生はこれまで、【本峰(1745m)→北峰(1690m)→南峰(1743m)】という「時計回り」のお鉢巡りしか経験がない。
今回のように【南峰→北峰→本峰】という「反時計回り」ルートは、実は初めてである。

何とかなるだろうと高をくくっていたのがいけなかった。南峰直下の分岐点で道を誤り、四峰に向かう登山道に入り込んでいたのである。

三俣山登山地図(出典:前掲ウェブサイト)

改めて地図をご覧いただくと、南峰から北に向かうルートが二つに分岐しているのがお分かりであろう。右に進めばお鉢巡りルート、左に進めば四峰に至る分岐である。小生らは、ここを左に進んでしまったという次第。

様子がおかしいので、B氏のGPSソフトで現在地を確認してもらい、間違いに気づいたというわけ。分岐まで登り返して確認すると、生い茂った木々と夏草で展望がさえぎられ、道標も設置されていないようだ。

GPSソフトが、地図上の現在地を瞬時に示してくれる凄さを実体験できたわけで、これは本気になって習得に励まねばなるまい。

三俣山お鉢巡り

秋のお鉢巡りなら紅葉の彩りを楽しめるのだが、盛夏の頃はあまり面白いものではない。ひたすら下って登るの繰り返しである。鞍部までの急登を下っては休憩、また小ピークまで登り返しては休憩、とゆっくり休み休み進んで行く。

 

三俣山お鉢巡り

約90分で本峰に到着後、一気に西峰~スガモリ越へと進み、スガモリ避難小屋跡で昼食とした。暑さで余り食欲の湧かない小生に比べ、同行の二人は、熱々のカップラーメンをむさぼり食うだけの元気がある。

三俣山

北千里浜の「ゴリラ岩」にも挨拶し‥‥、

北千里浜のゴリラ岩

坊がつるに戻ったの14時過ぎ。後は温泉、冷たいビール、涼風に吹かれ、ゆったりと流れる時間に身をゆだねるだけである。

この夜は、杯を重ねながら満天の星空を堪能することができた。ためしに、Geeogleで「画像 星空 坊がつる」で検索されると、小生の幸せな気分が少しはお分かりいただけよう。

 

「山行記録」の関連記事はこちら カテゴリー「山行記録」関連記事へのリンク

-山行記録
-, , , , , , ,

執筆者:


  1. […] ※ 参考記事 >坊がつるでテント泊‥‥酷暑の中、三俣山南峰直登ルートに挑む (2) […]

関連記事

黒岩山~泉水山、九州自然歩道を利用して周回

 今年もくじゅう連山の雪景色を見ようと、1月の3連休で1泊2日の山行予定を組んでいた。しかし、暖冬のため雪はほとんど無し、おまけにまたも雨、さらにガスがたちこめ視界も利かないとは‥‥。

大崩山の大岩峰に立つ (1) 天を突くわく塚の絶景

 九州最後の秘境と言われる大崩山系、その大岩峰と紅葉を楽しもうと宮崎までやってきた。台風の影響で紅葉は期待を裏切られたが、わく塚の大展望を満喫した山行だった。

福智山

福智山で初山行の思い出がよみがえる

 本日(10月12日)は、トレーニングがてら福智山(ふくちさん・901m)を一人歩きすることにした。明後日に英彦山を歩く予定なので、足慣らしも兼ねてのぶらぶら歩きである。福智山頂直下の「福智平」で、山歩きを始めたばかりの50歳の時(15年前)の記憶がよみがえってきた。

経塚山、大分県で最も早く咲くというミヤマキリシマを下見に

 大分県で最も早くミヤマキリシマが開花する、速見郡日出町の経塚山。所属するアタック山の会の5月例会山行(5/12)の下見に出かけてきた。

くじゅうの冬、霧氷と凍結した御池を味わう

 厳冬期くじゅう山行の二日目は、雪と霧氷、凍結した御池の氷渡りを楽しもうと、牧ノ戸峠~御池(往復)という定番コースを歩くことにした。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫2人

  • 15216総閲覧数:
  • 1565月別閲覧数:
  • 9715総訪問者数:
  • 1037月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031