山行記録

弥山(宮島)、2千段の石段と山頂の巨石群

投稿日:2023年3月23日 更新日:

弥山山頂の巨石群(画像出典:JTBサイト 

 所属するアタック山の会の3月例会山行は、弥山(宮島)。久しぶりのバスハイクで、山とビール&焼き牡蠣を楽しもうという、欲張りなプランである。

※ 本稿は2023年3月19日の山行記録を、3月23日にアップしたものです。

コースと活動概要

◆コース及び活動概要
※ 山行地図はYAMAPによるもの山行軌跡図(弥山)

1020 宮島港 ~ 1045 大聖院登山口 ~ (大聖院コース)~ 1128 大聖院分岐 ~ 1223-1255 弥山(535m)~ 1316 紅葉谷分岐~(紅葉谷コース)~ 1418 紅葉谷公園

※ 参加メンバー:19名(アタック山の会メンバー、ゲスト、がしん)

活動時間(休憩時間) 3時間54分(49分)
活動距離 5.7km
累積標高上り/下り 589m/580m
 カロリー 1,123kcal

 

写真中心の山行メモ

 JR小倉駅を午前7時に出発したバスは、山陽自動車道をひた走る。午前9時40分頃に宮島港に到着し、JR西日本が運行するフェリーに乗り込む。

弥山(宮島)

 観光シーズンとあってか、厳島神社の大鳥居に接近する「大鳥居便」フェリーが運航されており、海上からこんな絶景を眺めることができる。

弥山(宮島)

 宮島港が近づくにつれ、弥山の山容が大きくなってくる。海上から見る宮島は、観音様の横顔のように見えるのだとか。弥山が額に相当するらしい。

弥山(宮島)

 大勢の観光客の中、ザックを背負った集団はかなり浮いて見える。

弥山(宮島)

 厳島神社の拝観受付は、すでに長蛇の列。今日はこの光景が終日続くのだろう。

弥山(宮島)

 観光客の間を縫い、大聖院(だいしょういん)コース登山口へ向かう。午前10時45分、大聖院登山口着。さすがにここまで来ると、観光客の姿はほとんどない。

弥山(宮島)

 この大聖院コースはほぼ全てが石段ばかりの道で、山頂まで2000段の石段が続くとか。当初は紅葉谷コースを登る計画だったが、膝に不安を抱えるメンバーを考慮し、こちらを登路に使うことにしたらしい。

 さぁ、石段登りのスタートだ。

弥山(宮島)

 19人の参加者を最後尾から追っていく。さすがに多いなぁ。

弥山(宮島)

 整然と並んだ石段を淡々と登り続ける。

弥山(宮島)

 時折原生林の間からかいま見える眺望が、なかなかのもの。

弥山(宮島)

 登っても登っても石段は続く。標高500mちょいの山と、なめていたことを後悔し始める。

弥山(宮島)

 12時ちょうどに山門に到着。阿吽(あうん)の仁王像がこちらを睨みすえている。

弥山(宮島)

 「ももがパンパンになってきた」という声が聞こえる。容赦なく続く石段に嫌気が差しはじめるが、ついていくしかない。

弥山(宮島)

 最後に山頂直下の巨石の間をよじると、一気に視界が開け、山頂広場着。

弥山(宮島) 12時23分、山頂着。登山口から1時間38分、本当に石段だらけの登山道であった。

弥山(宮島)

 山頂の巨石群からの展望は、まさに絶景。眼下には瀬戸内海が広がり、行き交う船の白い航跡が鮮やかだ。

弥山(宮島)

 広場の向こうには立派な展望台があるが、余りに人が多く立ち寄るのはパス。ロープウェイで登ってきた観光客であふれていた。

弥山(宮島)

 できるだけ人が少なく展望の良い場所を探すが、無理のようだ。展望は諦め、手近な場所で弁当を広げる。

 下山は紅葉谷コース。歩きやすい穏やかな登山道だが、他の登山客が多いため、離合や追い越しに留意が必要。

弥山(宮島)

 世界遺産ということもあり、外国人の登山者が多いのに驚かされた。

弥山(宮島)

 下山後は紅葉谷公園でいったん解散。15時45分まで約90分の自由時間である。

弥山(宮島)

 この頃になると<紅葉谷公園~厳島神社~宮島港>一帯は観光客で埋め尽くされ、焼き牡蠣を売る店はどこも長蛇の列。

 裏通りにある目立たない店を見つけ出し、まずは生ビールを調達。1杯目を一気に飲み干し、2杯目は海辺のベンチでゆっくりと味わうことにする。

 ちょうど潮が引いた頃で、大鳥居の周辺は凄い人出である。30代の頃に初めて宮島を訪れた時、この鳥居は埋められているのではなく、砂に打ち込まれた千本杭の上に置かれているだけと聞き、たいそう驚いた記憶がある。

弥山(宮島)

 厳島神社の公式サイトによれば、鳥居(高さ16m)上部の笠木島木が箱形となっており、この中に玉石が約7トン詰められているそうだ。

 うららかな春の日差しを受け、下山後のビールの酔いに身を任すひとときは、実にぜいたくな時間であった。

弥山(宮島)

 帰路のバス車内は盛り上げ上手な某ゲストの活躍(?)もあり、いつの間にか高歌放吟の宴会モードに突入。40本準備していたビール、ハイボール、日本酒等はほぼ完売。ゲームあり、宴会芸ありの実に楽しい3時間であった。

 企画してくださったSリーダーや関係者の方々に心から感謝である。

よろしければ他の山行記事もどうぞ。50歳から山歩きを始めたシニアの山歩きレポートです。お役に立つ情報があれば幸いです。

◆ 過去の山行レポートは、こちら 
  >カテゴリー「山行記録」関連記事へのリンク

-山行記録
-,

執筆者:

関連記事

福智山、鈴ヶ岩屋の山ツツジを偵察に出かける

 梅雨空の合間をぬっての福智山。鈴ヶ岩屋の山ツツジが咲き始めたのではと思い立ち、3週間ぶりの山歩きに出かけてきた。

天山、新緑の登山道と開放的な稜線歩きを楽しむ

 所属している「アタック山の会」の4月定例山行は、佐賀の天山(てんざん・1046m)。昨日の経塚山(大分県)に続き、本日は佐賀県の山歩きである。

犬ヶ岳、新緑に染まる登山道をたっぷりと歩く

 好天に誘われ、新緑に染まった山をたっぷりと歩きたくなった。山友のB氏から「現地集合、現地解散で『密接』を避けて歩きませんか」、とのお誘いがかかる。

岩井川岳、咲き初(そ)めたミヤマキリシマを愛でる

 5月22日は、所属するアタック山の会の月例山行日。今月はくじゅう連山の岩井川岳。あわよくば、開花し始めのミヤマキリシマが拝めるかもと期待して瀬の本登山口に向かった。

三俣山南峰直下降ルートの容赦のなさ

三俣山、南峰直登ルートの容赦のなさ

 くじゅう連山三俣山のリンドウの花を見たくなった。ついでに、南峰から坊がつるへと至る直登ルートを下ってみることにした。結果は‥‥、へろへろ状態である。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

もっと詳しいことが知りたい方は、こちらをどうぞ。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 316123総閲覧数:
  • 1849月別閲覧数:
  • 219912総訪問者数:
  • 1448月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031