山行記録

仰烏帽子山、春を告げる福寿草に会う (2)

投稿日:2019年2月13日 更新日:

福寿草 仰烏帽子山

陽光を浴び、黄金色に輝く福寿草

※ 前回の記事はこちら >仰烏帽子山、春を告げる福寿草に会う (1)

※ 本稿は2019年2月9日~10日の山行記録を、2月13日にアップしたものです。

 

兎群石山でランチ後、福寿草の群生地へ

 混雑する仰烏帽子山頂でつかの間の展望を楽しんだ後は、徒歩10分余りの「兎群石(とぐんせき)山」に向かう。ここは山頂が広々として、ランチにもってこいの場所と聞いていたが、その通りである。数組のグループがそこここで、昼食を楽しんでいる。

 小生らもそれぞれ適当な場所に腰をおろし、陽だまりの中でランチとしゃれ込む。小生のメニューは、天ぷら蕎麦とかしわ飯のおにぎり。たっぷり汗をかいた後なので、天ぷら蕎麦のスープを最後の一滴まで飲み干してしまう。「空腹は最上のソース」とは、よく言ったものだ。

兎群石山

 下山は、風穴を経由する一般的な登山道を選ぶ。自然林に覆われた気持ちのいい道をのんびり歩いていると、幸せな気分になる。

仰烏帽子山

 

咲き誇る福寿草に酔う

 さて、山行最後の締めは福寿草である。群生地に続く岩場を下っていくと、人だかりが見える。どうも福寿草を撮影している登山者たちのようだ。目をこらしてよく見ると、あちらにもこちらにも黄金色の福寿草がそろい咲きである。

福寿草 仰烏帽子山

 午前中に見つけることができなかった小さなつぼみが、あたたかな陽光を浴び、花びらを広げている。これだけ多くの福寿草が咲き乱れるさまは、圧巻の一言である。

福寿草 仰烏帽子山 実は小生、自宅にデジカメを忘れてしまい、今回の山行写真は全てスマホによる撮影なのだ。スマホ・カメラの写真で恐縮なのだが、雰囲気だけでも感じ取っていただけたら、と披露させていただく。 

福寿草 仰烏帽子山

けなげに咲く姿を見ると、いとおしくなってくる。

福寿草 仰烏帽子山

陽光を受けると、まるでシルクのような光沢が輝く

福寿草 仰烏帽子山

 「可愛いねぇ」という女性の声。「来た甲斐があったな」とうなづき合うご夫婦の笑顔。恐らく小生の顔もほころんでいるのだろう。

福寿草 仰烏帽子山

よく見ると花にも個性があるようだ。

福寿草 仰烏帽子山

たまらん!

 年に3度は福寿草を見に来るという男性、「(あなたも)来年から毎年来るようになりますよ」とおっしゃる。そうかもしれない。

 福寿草を堪能し、第2登山口に下山したのが14時42分。休憩も含めて6時間22分の山行であった。

 五木温泉「夢唄」で汗を流し、道の駅「子守唄の里五木」で名物の豆腐の味噌漬けを購入。後は、交代で運転しながら北九州に帰るのみ。

 青空の下、念願の福寿草に会えて大いに満足した山行であった。有り難い、有り難い。

※ 参考情報
仰烏帽子山の情報源として、「仰烏帽子山 元井谷からフクジュソウ群生地を目指して」(季刊誌『のぼろ』2017年第15号所収、西日本新聞社)の記事が役に立った。この場を借りて、お礼申し上げる。

 

「山行記録」の関連記事はこちら カテゴリー「山行記録」関連記事へのリンク

-山行記録
-, ,

執筆者:


関連記事

右田ヶ岳、花崗岩をまとった低山を歩く

 新年度がスタートして早や2週間余り。人事異動に伴う新しい職場環境や、年度当初の業務立ち上げ等でお疲れのことだろうと、お察しする次第。こんな時は外に出かけて汗をかき、展望のよい場所でまったりするに限る。久しぶりに山口県防府市の右田ヶ岳(426m)で気分転換とストレス解消に出かけることにした。

福智山

福智山で初山行の思い出がよみがえる

 本日(10月12日)は、トレーニングがてら福智山(ふくちさん・901m)を一人歩きすることにした。明後日に英彦山を歩く予定なので、足慣らしも兼ねてのぶらぶら歩きである。福智山頂直下の「福智平」で、山歩きを始めたばかりの50歳の時(15年前)の記憶がよみがえってきた。

くじゅうの黒岳で「陽だまりハイク」を楽しむ

 山友のS氏から「どこか行きませんか」とのリクエストを受けていた。今年は紅葉の時期が早く、すでにピークは1,000m以下の山に移っている。くじゅう黒岳山ろくの男池周辺ならまだ紅葉が残っているだろうと考え、出かけることにした。

くじゅう連山 御池と久住山

中岳&星生山、久しぶりにくじゅうの秋を満喫

 緊急事態宣言がやっと解除された。「待ってました」とばかり、大分県のくじゅう連山に出かけてきた。

北大船山、咲き誇るミヤマキリシマを堪能!

 尺取り虫がミヤマキリシマの花芽や葉を食い荒らし、あちこちから登山者の失望の声が聞こえる今年のくじゅう連山。せめて一度は美しく咲き誇るミヤマが見たいと、山開き翌日の6月5日(月)に北大船山に出かけてきた。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

もっと詳しいことが知りたい方は、こちらをどうぞ。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 310625総閲覧数:
  • 1471月別閲覧数:
  • 217268総訪問者数:
  • 1037月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930