山行記録

くじゅうの冬、霧氷と凍結した御池を味わう

投稿日:2019年1月18日 更新日:

くじゅう 凍結した御池

凍結した御池で遊ぶ登山者たち

※ 本稿は2019年1月13日の山行記録を、1月18日にアップしたものです。

 厳冬期くじゅう山行の二日目は、雪と霧氷、凍結した御池の氷渡りを楽しもうと、牧ノ戸峠~御池(往復)という定番コースを歩くことにした。

 

コース及び活動概要

 ※ 山行軌跡図はYAMAPによるもの。

牧ノ戸峠登山口~沓掛山~久住分かれ~御池<往復>

活動時間(含む休憩時間) 5時間3分
活動距離 9.87km
高低差 397m
累積標高上り/下り 758m/760m
カロリー 2,561kcal

 

ガスの中、雪と霧氷を求めて歩く

 牧ノ戸峠登山口発が9時前。雪山に来たはずなのに、周囲に雪は全く見えない。1月の牧ノ戸峠(1333m)で、こんな光景を見た記憶はあまりない。ご覧のように沓掛山への登路も、とても冬とは思えない景観である。

くじゅう 牧ノ戸峠
 沓掛山をめざし、ゆっくりと高度を上げていくと、ガスが発生してきた。周囲の眺望が閉ざされ、真っ白に覆いつくされてしまう。昨日に続きガスの中を歩くのかと思うと、少々気が重い。

くじゅう 牧ノ戸峠

 「こんなの初めて見たよ!」という元気な声に振り向く。親子で登ってきた5~6歳くらいの男の子である。どうやら初めてガスが立ちこめる風景を見た驚きが、思わず声に出たようだ。小生にとって気が重くなる光景でも、この子には初めての感動的な体験になるわけだ。

くじゅう

 私たちは、雨が降ると、「今日はお天気が悪いわ」などと言う。けれど、本当は「悪い天気」なんて存在しない。
 雨の日をこんなふうに味わえるなら、どんな日も「いい日」になるのだ。毎日がいい日に‥‥。

(『日日是好日(にちにちこれこうじつ)』森下典子、新潮社)

 先日読み終えた本の一節が浮かんできた。「人間はどんな日だって楽しむことができる」と書いてあったなぁ‥‥。五感を使ってあるがままをの自然を楽しむのが山歩きなのだと、小さな子どもに教えられたようだ。

 出発から約1時間、扇ヶ鼻分岐の辺りから、周囲の木々の霧氷が目につき始める。枝を見上げながら、カメラを向ける。おきまりの霧氷のトンネルもくぐる。冬のくじゅうはこうでなくちゃぁ。

 雪はなかったが、それも一興。当日の霧氷のスナップをご覧いただきたい。

くじゅう 霧氷

くじゅう 霧氷

くじゅう 霧氷

くじゅう 霧氷

 西千里浜、星生崎、久住分かれとガスの中を進んでいく。

くじゅう

 

凍結した御池の氷渡り

 標高約1700mの御池に着くと池は凍結しており、霧で視界は利かないが、氷上を歩いている人もちらほら‥‥。

くじゅう 御池

 岩に氷結した氷を割り、手に取ってみるとかなりの厚さだ。

くじゅう 御池

 池に立ち周囲を見回すと、氷の世界が広がっている。

くじゅう 御池

 風が強まってきたので、早目に池ノ小屋で昼食としよう。石組みの小屋内はほぼ満員だったが、親切なご夫婦が腰をおろすスペ-スを空けてくださる。テルモスのお湯でオニオン・スープを作り、眼鏡を曇らせながら、味わう。温かいスープを飲むと生き返るようである。

くじゅう 池ノ小屋

 昼食を終え、再び御池の近くまで近づいていくと、「見て見て、すご~い!」という女性たちの歓声が。池を覆っていたガスが一気に晴れ、池が全容を現したのだ。白一色の湖面に登山者のカラーウェアがよく映える。

くじゅう 御池
 急いで池に戻ると、童心に返って戯れる登山者たちの声があちこちから聞こえてくる。

くじゅう 御池

 ひとしきり御池で楽しんだ後は、往路をもどるのみ。霧氷で白く染まった景観を楽しみながら、のんびりと歩いていく。

くじゅう 霧氷

 星生崎を見上げると、岩峰がモノトーンの世界にぼんやり浮かんで見える。

くじゅう ガスに覆われた星生崎

 怖いほどに澄んだ蒼穹と純白の雪原は、次回の楽しみとしておこう。

くじゅう 星生崎

2011年1月22日、くじゅう星生崎

 牧ノ戸登山口着が14時前。下山後の温泉は筋湯温泉。今日は「打たせ湯」の混雑を避け、「岩ん湯」へ。誰もいない露天風呂を独り占めし、少し熱めのお湯で汗を流した。
 筋湯温泉 岩ん湯

 今日も楽しい山歩きができた。「日日是好日」、有り難い。有り難い。

 

「山行記録」の関連記事はこちら カテゴリー「山行記録」関連記事へのリンク

-山行記録
-, ,

執筆者:

関連記事

初冠雪の英彦山、今季初の霧氷に出合う

 雑事に追われ、この3週間ほど山にはご無沙汰である。少し長めの山歩きで体に活を入れる必要があろうと、「裏英彦山ルート+三峰縦走」という老人には自虐的な(?)山行に出かけることにした。

立中山で草を背にする

坊がつるでテント泊‥‥酷暑の中、三俣山南峰直登ルートに挑む (3)

※ 本稿は2018年7月16日の山行記録を、8月2日にアップしたものです。 立中山(たっちゅうさん)へ朝駆け、高校生に元気をもらう この写真、立中山頂で、草を背にまどろむ同行者2名である。 くじゅうテ …

天山、新緑の登山道と開放的な稜線歩きを楽しむ

 所属している「アタック山の会」の4月定例山行は、佐賀の天山(てんざん・1046m)。昨日の経塚山(大分県)に続き、本日は佐賀県の山歩きである。

四国遠征レポート(5) 霊峰石鎚山、西日本最高地点に立つ

 四国遠征4日目、絶好の晴天に恵まれ石鎚山の天狗岳をめざす。西日本最高地点に立った達成感は、なかなかのものだった。

冠ヶ岳、「阿蘇南外輪山縦走ルート」の一部をミニ縦走

 11月2日からの3連休にどこに出かけるか。紅葉の名所はどの山も混雑するだろう。山歩き、温泉、飲み会の全てが楽しめそうな場所を思案していると、「南阿蘇の展望が雄大で良かったですよ」とのB氏の言葉を思い出した。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 41240総閲覧数:
  • 3403月別閲覧数:
  • 29248総訪問者数:
  • 2860月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031