山歩き 読書

『福智山系 徹底踏査!』、福智山マイスターからの招待状

投稿日:

福智山系 徹底踏査!

平積みにされた『福智山系 徹底踏査!』

 書店のアウトドアコーナーで平積みされていた大型本が目にとまった。「福智山」という文字と、見慣れた福智山頂の写真に目を引かれたのだ。

 書名は『福智山系徹底踏査!』、手にとって著者名を見ると挾間照生(はざま・てるお)と記されている。あの挾間さんだ! まだお元気で山歩きを続けていらっしゃったのか、と嬉しくなってきた。

挾間照生さん、驚くべき81歳!

鈴ヶ岩屋から望む福智山

鈴ヶ岩屋から望む福智山

 北九州や筑豊地区の山愛好家の方で、挟間さんをご存じの方も多いと思う。すらりとした痩身、頭にまいたバンダナ、眼鏡の奥の優しい目‥‥、ストックを突いた立ち姿が実に絵になる方である。

 数年に一度、山で遭遇した折に言葉を交わし、年賀状のやりとりをするぐらいのお付き合いだが、(小生が勝手に)敬愛してやまない山の大ベテランである。

 小生が山歩きを始めた頃、未踏の山域について質問すると、後日ていねいなルート案内のお手紙と自作の概念図を郵送いただき、いたく恐縮したことがある。

ルート概念図

挟間さんからいただいたルート概念図。全てペイントソフトで作成されている

 失礼ながらもう結構なお年のはずだが、と本書の奥付ページを開いて驚いた。

■挟間 照生(はざま・てるお)

 1939年、福岡県北九州市生まれ。高校、大学生時代がちょうど第一次登山ブームに当たり、父親の影響もあってそのころから山に親しみ、主に九州、山口の山を駆け回る。
 その後、伯耆大山、石鎚山、北アルプスなどの遠征を経験。17歳のときに初めて登った福智山に魅了され、60年以上にわたって足繁く通い続けている。自他ともに認める福智山マイスターである。

 「1939年、福岡県北九州市生まれ」ということは、現在81歳! 山でお会いした時の軽やかな身のこなしからはとても想像ができない。

 さらに驚いたのは、本書の書名が『福智山系徹底踏査!』だったこと。「踏査」とは実際に出かけて行って調べること。本書で紹介された全28ルート(福智山系25ルート、皿倉山3ルート)を改めて歩き直されたのだろうか? 

 あとがきには「私にとっては既知のルートながらすべて再踏査いたしました」とある(歩行時間7時間超のロングルートも2つある)。う~ん、と絶句するばかり。

 老いてなおますます盛ん! 体力、気力だけでなく、ガイドブック1冊を書き下ろす知力には敬服するしかない。

 

福智山系25ルートを分かりやすく紹介

福智山系徹底踏査!

 本書の最大の特長は、南北30kmに及ぶ福智山系のうち、尺岳以南のエリアから25ルートを選び、著者自ら「できる限り最新の情報を盛り込むため」に全て踏査して書かれていること。 

 これまでのガイドブックや雑誌で紹介されるのはメインルートのみか、一つか二つのサブルートを付加したものばかり。福智山系のほぼ全ルートを網羅した類書は、これまでなかったと記憶する。

 1ルートが4ページの構成で統一されており、各ルートの特徴、留意すべきポイント、アドバイス等が分かりやすくていねいに紹介されている。

『福智山系徹底踏査!』

1ルートを4ページで紹介する統一されたレイアウトが分かりやすい。

筆者が実際に歩いたGPSデータを元に、地図の登山ルートが書き込まれている。

 小生がよく利用するルートの幾つかを拝読した。文章は簡潔明瞭、親切ていねいで分かりやすい。登山道の様子がありありと再現されており、何度も通い慣れた者だけが知る福智山の魅力や、初心者が見落としがちな留意点も書き込まれている。

 私事で恐縮だが、福智山は小生が山歩きを始めた原点の山であり、最も多く訪れ(記録では170回)、鍛えてもらった山でもある。山歩きを始めた頃にもしこの本が手元にあれば‥‥、という思いさえ湧いてくる。

 本書は福智山系を「安全に楽しく」歩くためのバイブルであり、福智山をこよなく愛したレジェンドからの招待状でもある。北九州や筑豊地域で山歩きを始めたばかりの方、福智山をもっと知りたい方にぜひ手にとっていただきたいと思う。

 挾間さんの今後のご健勝とご活躍を心から祈念したい。挾間さん、どこかの山でまたお会いできることを楽しみにしています。

-山歩き, 読書
-, , ,

執筆者:

関連記事

あとからくる君たちへ(11) 『オール1の落ちこぼれ、教師になる』

 ……23年前のある夜のことです。仕事を終えた一人の若者が、小学3年生の算数ドリルを1ページ、1ページめくりながら問題を解き始めました。昼間は建設会社で働き、疲れ切って帰宅してからの学習です。

尾畠春夫さん

『尾畠春夫 魂の生き方』(2) 存分に人生を謳歌する80歳

 昨年3月でリタイヤした小生が本書(『尾畠春夫 魂の生き方』)で最も興味を引かれたのが、尾畠さんのセカンドライフ。「やりたいことをやろう」と、65歳の誕生日に魚屋を閉店した尾畠さん。いきなりボランティア活動に専念というわけではなかったようだ。

死の淵を見た男

門田隆将『死の淵を見た男』……日本を崩壊から救った男たち (1)

台風7号が九州に接近中のため、昨日は雨と強風で外出もままならぬ一日であった。 そこで予定を変更し、終日読書にいそしむことに。仕事に従事されている方々には誠に申し訳ないのだが、まぁ、これもシニアの特権( …

『ドラマへの遺言』、倉本聰(84歳)のプロ意識とTV界の裏話が満載の一冊

 新聞の書評欄で紹介されていた『ドラマへの遺言』(倉本聰、碓井広義、新潮社)。本年4月8日スタートの連続ドラマ「やすらぎの刻(とき)~道」(倉本聰脚本、テレビ朝日系列)を楽しみに視聴していることもあり、さっそく読んでみた。

あとからくる君たちへ(28) 人を幸せにする二つの脳内物質

 長く苦しいトレーニングを積み重ねて臨んだ大会。ライバルに競り勝って優勝しただけでなく、新記録を樹立。最高の瞬間です。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 70314総閲覧数:
  • 3644月別閲覧数:
  • 49449総訪問者数:
  • 2750月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031