あとからくる君たちへ

あとからくる君たちへ(41) リスクある選択、何が自分を支えてくれるか?

投稿日:2020年12月4日 更新日:

はやぶさ2が地球に戻ってくる! 

地球に向かうはやぶさ2

地球へ向かうはやぶさ2のイメージ画像(池下章裕氏提供、出典:JAXA)

 今日は2020年12月4日。あのはやぶさ2が地球から約3億km離れた小惑星「リュウグウ」の探査を終え、6年ぶりに私たちのもとに戻ってきつつあります。

 はやぶさ2は、明日12月5日午後2時30分頃、地球までおよそ22万キロまで迫ったところで「リュウグウ」の岩石の破片が入ったと思われるカプセルを切り離します。

 その後、日本時間の12月6日未明、カプセルをオーストラリアの砂漠に落下させるそうです。

はやぶさ2地球帰還スケジュール出典:NHK「はやぶさ2特設サイト」

 宇宙科学や天文学には全く素人の私ですが、はやぶさ2の1回目のタッチダウン(接地・サンプル採取)に全力で取り組むJAXA(宇宙航空研究開発機構)担当チームの熱意に胸を打たれ、その様子を紹介したことがあります(2019年2月、その時の記事はこちら)。

 その4ヶ月後に行われた2回目のタッチダウンは、さらに困難を極めたと知り、皆さんにぜひ紹介したいと思いました。

 

1回目のタッチダウン、許される着陸誤差は3m

惑星「リュウグウ」

「リュウグウ」(提供:JAXA、東京大、高知大、立教大、名古屋大、千葉工大、明治大、会津大、産総研)

 はやぶさ2のミッションの目的は、地球から約3億km離れた小惑星「リュウグウ」の地下サンプルを採取して帰還すること。そのためにはどうしても「リュウグウ」に着陸(正確には接地)する必要がありました。

 実際に「リュウグウ」に着いてみると、ゴツゴツの岩だらけで、津田プロジェクトマネージャーが「牙を剥(む)いてきた」と表現するほどの厳しい世界でした。直径100mの平らな場所にタッチダウンする予定が、実際に探すことができたのは直径6mほどのスペースだけ。

 少しでも着地がずれると、探査機本体や太陽電池パドルが岩にぶつかってしまい、損傷する恐れがあります。誤差3m以内の精度が要求されるとてつもなく難しいチャレンジでした。

 結果的にはタッチダウンは見事に成功し、地表のサンプルも回収できたと考えられています。着陸誤差はわずか1mだったとか。

惑星「リュウグウ」

ローバー「ミネルバ2」が撮影したリュウグウ表面。どこも大きな岩だらけだ 出典:JAXA

 

2回目のタッチダウン、50年に一度のチャンスをつかみ取れ!

はやぶさ2 第2回タッチダウンのイメージ図

第2回タッチダウンのイメージ図(池下章裕氏提供、出典:JAXA)

 第1回タッチダウン成功後、JAXA内部では難易度の高い2回目のチャレンジを諦め、後は上空からの観測にとどめて地球に帰還してはどうか、という意見が出始めたそうです。2回目のタッチダウンはさらに困難な課題を克服する必要があり、万一周囲の岩石に衝突すれば機体が損傷し、全てを失うリスクがあるからです。

 これに対し、津田プロマネをはじめプロジェクトチームは「決して諦めたくない、未知への挑戦をやりとげるのだ」という強い意志で着々と準備を進めていました。

 安全で危険も失敗もない道と、リスクはあるが夢の実現をめざす道‥‥。リスクを承知でタッチダウンに踏み切った決断、それをを支えたものは何だったのでしょうか。

 プロジェクトのサイエンスチームを統括する渡邊誠一教授は、当時の担当チームの様子を次のように語り、第2回タッチダウンを強く後押ししています。

 自ら作ったできたてのクレーターを目の前に着陸地点を吟味するようなことを、人類がこの50年や100年のうちに実現するとは全く思っていませんでした。今私たちはそれをやっているのです。
 この状況を実現した工学メンバーのチーム力、士気の高さは本当に感動的です。そういったものに支えられたディシジョン(「決定」、引用者注)は信頼するし、サイエンスチームは全面的に支持します。

(『はやぶさ2最強ミッションの真実』(津田雄一著、NHK出版)

 

「人事を尽くして天命を待つ」

津田雄一

津田雄一プロジェクトマネージャー(出典:JAXA)

 2回目のタッチダウンは地表に人工クレーターを作り、掘り出した地下のサンプルを採取するというもの。遠く離れた「リュウグウ」は電波の往復に40分近くもかかってしまうため、地球からの遠隔操作では間に合いません。はやぶさ2が自分で判断し制御できるようにするしかないのです。

 難易度は、1回目より数倍アップ。これまで誰もやったことのない未知の世界へのチャレンジです。

 第1回タッチダウンから4ヶ月余りの期間、スタッフは「やれることは全てやる」意気込みで準備に取り組んだといいます。着地地点(周囲)の1万以上の岩の高さを「しつこいくらいに」調査し、「しつこく」訓練を重ねてきたとか。「人事を尽くして天命を待つ」心境だったでしょう。

 こうして2019年7月に決行された2回目のタッチダウンは見事に成功。地球外惑星の地下サンプル採取という、人類初の快挙が達成された可能性が高いのです。着陸精度は誤差60cmというから驚くしかありません。

 リスクをとるというのは、一か八かの賭けではありません。リスクをとる選択を行う時、何が自分を支えてくれるのか。はやぶさ2は、私たちに貴重な示唆を与えてくれています。

 明後日未明に迫ったカプセルの無事帰還を祈りたいと思います。

 

はやぶさ2関係サイト

※ JAXAのはやぶさ2プロジェクトサイトはこちら 

※ はやぶさ2の地球帰還説明CG動画(2分54秒)。
  分かりやすく、迫力ある映像です。

※ 「はやぶさ2」ミッションCG(小惑星リュウグウ到着から出発まで)はこちら  
  4分40秒頃から第2回タッチダウンの様子が描かれています。

本シリーズの次の記事はこちら >あとからくる君たちへ(42) 「人と成る」ための二つの条件とは  

◆本シリーズの他の記事はこちら >シリーズ「あとからくる君たちへ」関連記事へのリンク

-あとからくる君たちへ
-, , , , ,

執筆者:


  1. […] 本シリーズの次の記事はこちら >あとからくる君たちへ(41) リスクある選択、何が自分を支えてくれるか?    […]

  2. […] やはり2回目のタッチダウンを実行するか否かの攻防だが、これについては既に本ブログの別記事で紹介しているので、割愛させていただく。興味がある方はそちらをご覧いただきたい。 […]

関連記事

あとから来る君たちへ(26) 己(おの)が身の誕生の日は、母苦難の日

 2019年7月24日未明、この世に生を受けた君は私にとって三番目の孫になる。「女の子で、母子ともに健康」という一報を受け、ほっと安堵すると同時に、「よくここまで頑張ってくれた」と君のお母さんへの感謝 …

あとからくる君たちへ(16) 最後まで避難を呼びかけた声

 今日は3月11日。あの悪夢のような東日本大震災が起こって8年の月日がたちました。今日は皆さんに、一人の女性のことを思い出してもらいたいと思います。

あとからくる君たちへ(40) あきらめてしまったノミたち

 以前、ノミを「調教」する話を読んだことがあります。こんな内容でした。

あとからくる君たちへ(10) おもしろきこともなき世を

「おもしろき こともなき世を おもしろく」
 この言葉、高杉晋作のものとされています。長州藩に生まれた高杉晋作は、江戸時代末の倒幕運動のリーダーとして大活躍し、明治維新へ続く道を開いた人物として有名です。

あとからくる君たちへ(37) 模範解答のない世界を生きる

 次のグラフを見てください。わが国の交通事故で亡くなった人数の推移を示したものです。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

もっと詳しいことが知りたい方は、こちらをどうぞ。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 132410総閲覧数:
  • 2531月別閲覧数:
  • 86289総訪問者数:
  • 1901月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031