山行記録

三郡山~宝満山周回、下見山行に出かける

投稿日:2019年2月6日 更新日:

宝満山直下の鎖場

宝満山頂直下の鎖場を登る

※ 本稿は2019年2月2日の山行記録を、2月6日にアップしたものです。

 所属している「アタック山の会」の2月定例山行は、三郡山~宝満山縦走の予定である。今回はその下見を兼ね、未踏の頭巾山(とっきんさん・901m)ルートを登ることにした。

 

今回のお題とコース

今回の山行のお題は

  1. 2月定例山行(三郡山~宝満山縦走)の下見を行う。
  2. 登りは混雑する河原谷(ごうらだに)ルートを避け、未踏の頭巾山(とっきんさん)ルートを歩いてみる。

◆コース及び活動概要
※ 山行軌跡図はYAMAPによるもの。
三郡山~宝満山縦走

08:41 昭和の森駐車場~10:20 頭巾山(とっきんさん・901m)~縦走路出合~10:43-10:31 三郡山(936m) ~11:50-12:00 仏頂山(868m)~12:06-12:53 宝満山(829m)~うさぎ道分岐~(うさぎ道)~河原谷(ごうらだに)分岐~14:43 昭和の森

参加メンバー:4名(S氏、K氏、Y氏、がしん)

活動時間(含む休憩時間) 6時間2分
活動距離 9.74km
高低差 692m
累積標高上り/下り 1,090m/1,110m
カロリー 3,139kcal

 

昭和の森~頭巾山

 糟屋郡宇美町の昭和の森から三郡山へ向かうには、河原谷ルートをたどり難所ヶ滝を経由する、というのが定番のようだ。それゆえ難所ヶ滝の大つららが見られる1~2月の混雑は相当なもので、うんざりさせられることもある。

 今回は、そんな河原谷ルートの混雑を避け、頭巾山ルートを歩いてみようということになり、下見山行となった次第。参加メンバー4名(S氏、K氏、Y氏、がしん)の誰もが未踏のルートだけに、興味津々というところである。

 昭和の森キャンプ場下の駐車場に車を停めると、豊津の信ちゃんご夫妻に遭遇。数年ぶりにお目にかかるが、相変わらず元気なご様子で何よりである。難所ヶ滝から宝満山~三郡山と周回されるようだ。

 8時41分、バンガロー横の舗装路を頭巾山登山口に向かう。

三郡山~宝満山縦走

 しばらく進むと、登山口の標識が設置されているので迷うことはない。

頭巾山

 さっそく登山道に取りつくと、のっけから結構な登りが待っていた。

頭巾山

 昭文社の地図では、頭巾山から西北西に延びる尾根を約700m(標高)登るルートで、7合目あたりに「急登」という嫌な文字が記されている。登山道は自然林の中をぬって登る、よく踏み込まれた道。

 30分、60分と登り続けるうちに、少しばかり嫌気がさしてくる。このルート、ひたすら自然林の中を登り続けるばかりで、展望が開けた場所も、一汗ぬぐえるような平地もほとんど見られない。気分転換ができず、同じ風景の中をひたすら登るしかないのだ。

 「脚力と忍耐力を鍛えるのに、最適の登りですね」と軽口をたたきながら、登る。

頭巾山 最後の急登と岩場を越え、10時20分、やっと山頂である。ゆっくり登って約100分、いやぁ~、長かった。

頭巾山 山頂の温度計をのぞくと、マイナス1度であった。

頭巾山

 ここから、三郡山頂までは気持ちのよい縦走路を歩く。雪はなかったが、冬枯れの三郡縦走路は快適だった。

三郡山~宝満山縦走

 10時43分、三郡山頂に着。風が強くて、寒い、寒い‥‥。震え上がってしまうほどだ。航空自衛隊のレーダー施設、ドームの横に不思議な形のアンテナが新設されていた。緊迫する東アジア情勢が脳裏をかすめる。

三郡山~宝満山縦走

 

三郡山~宝満山の縦走路

 三郡山で小休止の後、宝満山へ向け折り返す。三郡山から宝満山へ至る縦走路は、小生の大好きな道である。四季折々の景観を楽しみながら、のんびり歩きを満喫できる道。この日も4人であれこれ雑談を楽しみながら、歩を進めていった。

三郡山~宝満山縦走
 小生らと逆方向に進む登山者が次第に多くなる。恐らく難所ヶ滝を見物し終えた登山者たちであろう。

 ここで豊津の信ちゃんらと再び遭遇。難所ヶ滝の様子をうかがうと、暖冬のため、溶けかかっていて期待したほどではなかった、とのこと。先ほど信ちゃんのブログを拝見すると、既に大つららの写真がアップされていた。

※ 当日の難所ヶ滝の様子はこちら >「三郡山~宝満山、今年の大つららは?」/ブログ『信ちゃんの美夜古たより

三郡山~宝満山縦走

 正午が近づくと天候が回復し、温かい陽光が差し始めてきた。お日様大好きのK氏の「最高!」の声が耳に届く。

三郡山~宝満山縦走

 仏頂山頂の祠にまします仏様(地蔵菩薩か?)。あまりにお優しい顔だちだったので、失礼ながら思わずパチリ。お許しあれ。

三郡山~宝満山縦走

 宝満山頂直下の岩場を登り、12時6分に山頂着。

三郡山~宝満山縦走

 九州有数の登山者数を誇る宝満山、いつ来ても登山者の姿が絶えない。 

三郡山~宝満山縦走

 上宮裏の展望のよい露岩に腰をおろし、昼食。小生のメニューは、ミニカップ「どん兵衛」、いなり寿司、カレーパンという珍妙な取り合わせ。

 

下山は、うさぎ道経由で河原谷ルートへ

 宝満山頂から縦走路へは、鎖場を迂回して戻ることにする。こうしてみると、山頂の岩壁の大きさがよく分かる。

三郡山~宝満山縦走

 仏頂山の手前の案内板の所で「うさぎ道」(かまど神社方面)に入り、しばらく進む。

三郡山~宝満山縦走

三郡山~宝満山縦走

 下り続けると、「昭和の森」を示す標識で右折し、河原谷ルートをめざす。

三郡山~宝満山縦走

うさぎ道から河原谷ルートへの分岐の案内板

 河原谷ルートに入れば、後は道なりに下ってゆくのみ。

三郡山~宝満山縦走

 河原谷ルートの下山口から駐車場に至る道が閉鎖され、かなり迂回しなければならなかった。山行当日は2ヶ所に配車しておく必要があるかもしれない。

 帰りの車内、ポカポカと差し込む陽光と暖房があまりに心地よく、悪いとは思いつつ、後部座席で眠りこけてしまった。運転していただいたY氏に感謝。

 

「山行記録」の関連記事はこちら カテゴリー「山行記録」関連記事へのリンク

-山行記録
-, , , ,

執筆者:

関連記事

鞍岳・ツームシ山、阿蘇五岳の雄姿を楽しむ縦走路

 7月28日は所属する「アタック山の会」の定例山行日である。本来は阿蘇に登る予定だったが、噴火レベル2で火口から半径1kmは立入禁止と聞き、急きょ阿蘇外輪山の鞍岳・ツームシ山に変更となった。

由布岳の紅葉を静かに味わう

 グループ山行が続くと、ぶらぶら一人歩きがしたくなる。由布岳の山ろくあたりはまだ紅葉が残っているはずだ。紅葉シーズンさなかの賑わいの中、静かな山行を楽しむための作戦を立てることにした。

扇ヶ鼻・久住山、赤川登山口から周回山行 (2)

 扇ヶ鼻山頂には数名の登山者が腰を下ろし、思い思いに展望を楽しんでいる。ここは360度の大パノラマが楽しめるビューポイント。我々もザックを下ろし、ランチを楽しむことにした。

春爛漫の平尾台をぶらりと散策

 急に思い立った山歩きなので、本日はお題なしである。春爛漫の平尾台で、陽光を浴びながらのんびり歩きを楽しむことに決めた。

四国遠征山行レポート(1) 10連休にどこに出かけるか?

 「10連休、どこか遠出したいですね。ふだん行けない山がいいっすね。」山友のB氏のこの一言が、今回の四国遠征のきっかけである。


管理人の “がしん” です。
2018年3月にリタイヤしました。
このサイトは、シニアライフを楽しく生きるためのあれこれと、子や孫に語り伝えておきたい「人、もの、コト」の保管庫です。

【好きなこと】旅行、山歩き、映画鑑賞、読書、酒…
【好きな言葉】「着眼大局、着手小局」
【家族】妻と二人暮らし。子2人、孫3人

  • 34567総閲覧数:
  • 1365月別閲覧数:
  • 23828総訪問者数:
  • 1052月別訪問者数:
  • 2019年1月24日カウント開始日:
2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031